東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

女性

下腹部の痛み[8]

下腹部の痛みは、痛みが生じる場所によって、あるいは性別によっても原因が異なる場合がある。例えば、左下腹部がグルグルと音を立てていると感じられる場合には大腸の病気、下腹部全体に鈍痛があり、なおかつ女性の場合、卵巣や子宮の異常が考えられる。

月経困難症

ゲッケイコンナンショウ

下腹部の痛みや頭痛、腰痛、吐き気など月経の症状が日常生活に支障をきたすほど強くなる。
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。

卵巣嚢腫

ランソウノウシュ

腹部にふくらみができ、おなかが張る。腰痛、便秘、頻尿、残尿感などの症状をともなう。
  • 婦人科

子宮付属器炎[卵巣炎・卵管炎]

シキュウフゾクキエン

おりものが増えたり、左右どちらかの下腹部が激しく痛む。発熱や吐き気をともなうこともある。
  • 婦人科

子宮内膜症

シキュウナイマクショウ

月経開始の数日前から月経2日目にわたって続く重い月経痛。過多月経の症状をともなうこともある。
  • 婦人科

子宮内膜炎

シキュウナイマクエン

不性器出血がみられ、子宮のあたりに圧痛を感じる。膿状または血性のおりものが増える。発熱をともなうことがある。
  • 婦人科

子宮筋腫

シキュウキンシュ

過多月経や不正出血、貧血やめまい、便秘などの症状がみられる。下腹部にしこりを感じる。
  • 婦人科

骨盤腹膜炎

コツバンフクマクエン

急性期には悪寒とともに発熱し、下腹部の激痛、吐き気、嘔吐などの症状がみられる。慢性期では下腹部の鈍痛、腰痛、月経異常、性交時の痛みなどの症状をともなう。
  • 婦人科

チョコレート嚢胞

チョコレートノウホウ

子宮内膜症の一種。子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある子宮内膜が子宮内面以外に発生するもの。その一種であるチョコレート嚢胞は、子宮内膜症が卵巣内部に発生することで起こる。月経痛や骨盤痛などの症状が見られ、不妊の原因になることも指摘されている。
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。