東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

子宮内膜症の解説

子宮内膜症

原因
子宮内膜が、本来あるべきところではない子宮の筋層内、膣や外陰部、膀胱、腹膜など、子宮以外の臓器にでき、月経周期に合わせて増殖・出血をくりかえすもの。諸説あるが、原因はまだわかっていない。
症状
月経開始の数日前から月経2日目にわたって続く重い月経痛。過多月経の症状をともなうこともある。
治療
低用量ピル(経口避妊薬)やプロゲステロン、ダナゾールなどを使って偽閉経状態を作り出し、症状をコントロールするホルモン療法がおこなわれる。ホルモン療法で効果がみられない場合には、手術がおこなわれる。漢方薬や鎮痛薬が用いられることも。
受診科目
婦人科

『子宮内膜症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

子宮内膜症とは、本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、子宮以外の場所(卵巣・ダクラス窩・S状結腸・直腸・仙骨子宮靱帯・腟・外陰部・膀胱・腹壁・へそなど)にできる病気です。

出典:医療と健康[日本医師会ホームページ]

子宮内膜は、子宮の内側にあるビロードのように軟らかい組織です。子宮内膜症では、この子宮内膜とよく似た組織が、卵巣やおなかの中など子宮以外のあちこちの場所で、エストロゲンの作用によって増殖と剥離を繰り返します。ふつう、はがれ落ちた内膜や血液は月経となって腟から排泄されます。しかし、子宮の外で増殖し、はがれ落ちた内膜や血液には出口がありません。そのために、小さな血液の固まりとなり、やがて大きく成長したり、周囲と癒着してさまざまな障害を起こすようになるのです。

出典:子宮内膜症

薬物療法と手術療法がありますが、いずれを選択するかは、症状の種類、程度、進行度、年齢、子どもをつくる希望の有無などを総合的に考慮して決めます。 薬物療法としては、月経時だけ鎮痛薬を服用する対症療法があります。また中長期的には経口避妊薬による偽(ぎ)妊娠療法(擬似的(ぎじてき)に妊娠したような状態にする)、ダナゾールやGnRHアゴニストによる偽閉経療法(擬似的に閉経したような状態にする)があります。最近、ジエノゲストという黄体ホルモン製剤によるホルモン療法が導入されました。 いずれにしても薬物療法は根治的なものではないため、治療終了後は再発・再燃をみることが多くなっています。そこで手術療法と組み合わせたり、副作用の違いを考慮しながら交互に用いているのが現状です。 手術療法は、病巣だけを摘出して子宮や卵巣を温存する保存療法と、子宮・卵巣を摘出する根治手術があります。後者は、子どもを希望しない患者さんに限られます。最近は、腹式手術以外に腹腔鏡下手術が行われるようになりました。

出典:子宮内膜症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート