東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

子宮筋腫の解説

子宮筋腫

原因
子宮筋にできる良性の腫瘍で、40歳代がピークとされる。原因は不明なものの、思春期から次第に大きくなり、閉経期にかけて小さくなることから、女性ホルモンが関係しているとみられている。
症状
過多月経や不正出血、貧血やめまい、便秘などの症状がみられる。下腹部にしこりを感じる。
治療
子宮筋腫は良性腫瘍であり、がん化することはないため、日常生活に差し障りのないようであれば様子を見る。不快な症状が強かったり、不妊の原因とみられる場合には、手術がおこなわれる。手術には、妊娠の可能性を残すために筋腫だけを取り除く子宮筋腫核手術と、子宮全摘手術とがある。
受診科目
婦人科

『子宮筋腫』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、それ自体が生命を脅かすものではありません。しかし放置しておきますと10kgを超えるような大きさまでになることもあります。女性ホルモンによって筋腫が大きくなりますが、逆に閉経後には小さくなります。複数個できることが多く、数や大きさはさまざまです。大きさやできた場所によって症状が違ってきます。できた場所によって、子宮の内側(粘膜下筋腫)、子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)、子宮の外側(漿膜下筋腫)に分けられています。

出典:子宮筋腫:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

代表的な症状は月経量が多くなることと月経痛です。その他の症状としては月経以外の出血、腰痛、頻尿(トイレが近い)等があります。症状は、できた場所によってまちまちですが、子宮の内側にできた筋腫は小さくても症状が強く、月経量が多くなります。逆に子宮の外側にできた筋腫は相当大きくなっても症状がでません。ですから、治療法もできた場所や症状によって異なってきます。若い人では妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりするのも大きな問題です。

出典:子宮筋腫:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

子宮筋腫の治療は、主に薬物療法と手術、超音波療法、子宮動脈塞栓術の4つがあります。

出典:子宮筋腫の治療法 | 子宮筋腫の症状・原因・治療法ガイド

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート