東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

骨盤腹膜炎の解説

骨盤腹膜炎

原因
ブドウ球菌や連鎖球菌、大腸菌などの細菌が感染することでおこる。大半は、子宮内膜症や子宮付属器炎(卵巣炎・卵管炎)などの症状が広がっておこる。
症状
急性期には悪寒とともに発熱し、下腹部の激痛、吐き気、嘔吐などの症状がみられる。慢性期では下腹部の鈍痛、腰痛、月経異常、性交時の痛みなどの症状をともなう。
治療
原因菌に合った抗菌薬によって治療する。
受診科目
婦人科

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート