東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

さとう埼玉リウマチクリニック大宮院 佐藤 理仁 院長に聞いた
関節リウマチ カンセツリウマチ

佐藤 理仁 院長

指の変形などを避けるため、何よりも早期発見・早期治療が大切

関節リウマチはさまざまな要因が重なりあって発症すると考えられています。特定の遺伝子を持つ人、喫煙習慣や歯周病のある人がかかりやすいことが分かっているほか、けがやストレスなどをきっかけに発症するケースも報告されています。つまり、もともと関節リウマチになりやすい体質の人が、何らかの…

高梨医院 吉岡 容子 院長に聞いた
にきび ニキビ

吉岡 容子 院長

思春期ニキビと大人ニキビ。原因によって異なるアプローチが必要

一口にニキビといっても、その原因やできやすい場所などは年齢によって異なります。たとえば中学生や高校生など思春期の頃にできるニキビは、おでこや鼻筋などの“Tゾーン”にできやすいのが特徴です。思春期ニキビの原因としては、皮脂分泌が過剰になること、スナック菓子や糖分の多い飲料など脂質…

小江戸眼科内科 白内障・緑内障・糖尿病クリニック 庄司 拓平 院長に聞いた
緑内障 リョクナイショウ

庄司 拓平 院長

期にならないと症状に気付きにくい緑内障は、早期発見が重要

緑内障は、目に入った信号を脳に伝えるケーブルの役割をする細胞が、知らないうちにどんどん減ってしまう病気です。その細胞が減るにしたがって、視野が欠けていき失明に至ってしまいます。現在、この細胞を増やす技術はありません。現在日本における中途失明患者さんの3分の1は緑内障であり、圧倒…

ねりま西クリニック 大城 堅一 院長に聞いた
廃用症候群 ハイヨウショウコウグン

大城 堅一 院長

バランスのよい食事と適度な運動に加えて、心が躍る「生きがい」を見つけてほしい

廃用症候群とは、筋力が衰えるのにしたがって全身の機能が低下した状態のことをいいます。何らかの病気によって長期にわたり安静状態にあった場合に筋肉量や体の機能が低下して生じるもので、高齢の方に多くみられるのが特徴です。人間の筋肉量は20歳頃をピークに徐々に低下するとされ、70歳では…

ルナレディースクリニック川崎駅前院 川原 正行 院長に聞いた
月経困難症 ゲッケイコンナンショウ

川原 正行 院長

つらい痛みは低用量ピルでコントロール可能。我慢せずに早めの受診を

月経困難症とはいわゆる「生理痛」のことです。生理痛が俗称で病気と認識されないことが多いですが、月経困難症という立派な立派な病気です。とするなら、月経困難症は立派な病名です。日本の女性は生理前後に現れる不快な症状を「仕方がないこと」と我慢しがちですが、日常生活に支障をきたすほどの…

錦糸町皮膚科内科クリニック 田尻 友恵 院長に聞いた
帯状疱疹 タイジョウホウシン

田尻 友恵 院長

免疫力を低下させない生活習慣で帯状疱疹の発症を予防

帯状疱疹は、人がもともと持っている水痘ウイルスが原因で発症します。小さい頃は、水疱瘡として発症する方が多いでしょう。この水痘ウイルスは、身体のどこに潜んでいるか分かりません。帯状疱疹は、ご高齢の方が罹る病気だと思われがちですが、若い方でもよく発症します。発症のきっかけとなるのは…

MORE

歯科医師から聞いた
『歯や口の病気』

ワールドシティデンタルクリニック 津田 忠政 理事長に聞いた
顎関節症 ガクカンセツショウ

津田 忠政 理事長

精神的ストレスを和らげ、気持ちの良い咀嚼を。

顎関節症は、テレビや新聞などでも紹介されていることが多く、その名前を耳にした方も多いかと思います。症状としては、あごを開け閉めすると音がしたり(関節雑音)、痛みが走ったり、ひどくなると口が開かなくなったりが代表的でしょうか。原因は沢山ありますが、最近言われているものとして精神的…

ドゥ・トゥール津田デンタルクリニック 清水 正明 院長に聞いた
義歯 ギシ

清水 正明 院長

作成後に噛み合わせが改善されることがゴール

義歯とは、歯が欠損しているところを補う人口の歯です。義歯を必要とするケースは様々で、主観的に見るとその人の噛み癖もありますが、歯の欠損があったり、虫歯の治療が多い方に見られます。口の中のバランスが悪くなると、噛み合わせがずれてきて、そのストレスが肩凝りや腰痛などになって体や精神…

南浦和歯科 宮崎 啓 院長に聞いた
むし歯[う蝕・カリエス] ムシバ

宮崎 啓 院長

虫歯の原因は体質だった!適切な治療で削らない虫歯治療を目指す

「歯磨きしないと虫歯になるよ」子供の頃、言われたことがあるかも知れません。日本では幼い頃から歯磨きを習慣づけるためによく言われることですね。「歯磨きで虫歯予防できる」というのは日本では昔から言われていることです。ですが、最近わかっていることとして、虫歯になりやすいorなりにくい…

ゆうき総合歯科蕨クリニック 山本 太郎 院長に聞いた
歯周病 シシュウビョウ

山本 太郎 院長

歯周病検査や症状の悪化を抑えるための定期的な通院が大切

歯周病は、歯茎の部分に汚れが溜まっていることが一番の原因です。プラークや歯石が溜まり、歯茎に炎症を起こします。その炎症によって、歯の骨にまで影響が出てしまうことが歯周病です。症状として、最初に出血が見られます。細菌が入りこむと出血が起こり、その後痛みや腫れが出てくることが特徴的…

Ayaデンタルオフィス 中川 潔 院長に聞いた
顎関節症 ガクカンセツショウ

中川 潔 院長

顎関節症を引き起こす原因を改善させることが治療法の1つ

顎関節症には、様々な原因があります。現代は、固いものを食べなくなってきたことで、顎がシャープになりましたね。このような顎の形では、顎関節症になりやすいと考えられています。顎関節症の症状は、痛み、口が開かない、音が鳴るといった3つの症状がメインです。顎関節症になった原因を診て、改…

シティタワーズ豊洲津田デンタルクリニック 岡田 豊 院長に聞いた
埋伏歯 マイフクシ

岡田 豊  院長

親知らずは抜くのが基本。炎症の可能性や歯並びへの影響もあり

埋伏歯とは、歯の全てもしくは一部があごの骨や歯茎の中に埋もれている状態の歯のことを指します。最も多いのは親知らずですね。傾斜していることが多く、手前の歯との間に食片が入り込んで虫歯や歯周炎になり、手前の歯(第二大臼歯)も抜歯しなくてはならなくなる可能性があります。また歯列不正の…

MORE

獣医師から聞いた
『動物の病気』

ムスビ動物病院 野村 徹 院長に聞いた
猫の心筋症 ネコノシンキンショウ

野村 徹 院長

肺水腫や突然死、実は原因は心筋症!? 定期検診を行って早期発見を心がけて

心筋症は猫で最も好発する心疾患であり、心筋症の中でも最も発生頻度が高いのが肥大型心筋症といわれています。肥大型心筋症は遺伝と言われていますが、原因はまだ特定されていません。そのため、遺伝子検査もありますが陰性でも発症しないとは言えず、検診による早期発見が重要です。肥大型心筋症は…

南小岩ペットクリニック医療サポートセンター 杉本 恵子 院長 & 国貴 副院長に聞いた
犬の外耳炎 イヌノガイジエン

杉本 恵子 院長 & 国貴 副院長

犬の『外耳炎』原因や症状は多岐に及びます

【杉本 恵子 院長】 症状は耳の中が赤くなり雑菌でちょっと汚れるというグレードから、そこに細菌感染を起こしてアレルギーが重なって、搔きまくって症状がさらに悪化して、精神的にもイライラして食欲もなくなるという外耳炎もあります。原因や症状はいくつかあり、遺伝子にかかわるところから、…

せじま動物病院 瀬島 孟 院長 & 瀬島 志乃 副院長に聞いた
頸椎椎間板ヘルニア ケイツイツイカンバンヘルニア

瀬島 孟 院長 & 瀬島 志乃 副院長

鍼灸・漢方で切らない治療を。摘出の手術よりも効果が高く再発時の治りも早い

椎間板ヘルニアは、椎間板が変形して脊髄を圧迫することで傷みや麻痺が出る症状です。犬はもともと狼の先天性異常みたいなところがあり、骨の関節部分は遺伝的にちょっと弱く、ミニチュアダックスなどは特に椎間板ヘルニアになりやすいんです。東洋医学的には椎間板が飛び出したとか、骨がずれている…

MORE