東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

月経困難症の解説

月経困難症

原因
子宮な卵巣など、内性器になんら異常がみられない機能性月経困難症と、内性器に異常がみられる器質性月経困難症とに分類される。機能性月経困難症は、月経時につくられるプロスタグランジンが子宮筋を刺激することによって起こる。これに対し器質性月経困難症は、子宮内膜症、子宮筋腫、などの性器の炎症が原因となって引き起こされる。
症状
下腹部の痛みや頭痛、腰痛、吐き気など月経の症状が日常生活に支障をきたすほど強くなる。
治療
器質性月経困難症の場合は、原因となる病気を治療する。機能性月経困難症は、過労や精神的ストレスによるところも多いため、漢方薬や向精神薬などを用い、痛みがあるなら鎮痛薬を使用する。
受診科目
婦人科

『月経困難症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

月経困難症とは、いわゆる生理痛のことです。月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛を訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になることもあります。器質的な異常を伴わない機能性月経困難症(原発性(げんぱつせい)月経困難症)と器質的疾患を伴う器質性月経困難症(続発性(ぞくはつせい)月経困難症)とに分類されます。

出典:月経困難症とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

症状は月経に伴う下腹部痛、腰痛、頭痛、下痢、発熱、悪心(おしん)、嘔吐などです。

出典:月経困難症とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

器質的疾患が原因の場合は、その疾患の治療を行います。機能性月経困難症では、軽度であれば鎮痛薬の投与による経過観察でよいでしょう。 鎮痛薬としては主としてプロスタグランジンの合成阻害作用をもつポンタール、ロキソニン、ボルタレンなどの非ステロイド性鎮痛薬(NSAID)を月経前から投与します。漢方薬が有効な場合もあります。 さらに、程度の強いものに対しては、低用量ピルの投与により、月経量が減るのと同時に症状が改善することが多いようです。低用量ピルは器質的疾患を伴う場合にも有効なことが多いようです。 手術療法としては、腹腔鏡を使った仙骨子宮靭帯(せんこつしきゅうじんたい)切断により靭帯内の求心性(きゅうしんせい)神経を切断する方法や、仙骨前面の神経叢(そう)を切断する方法もあります。子宮全摘術や卵巣摘除術が必要になることもあります。

出典:月経困難症とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート