東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

全身症状

動悸・息切れ[30]

動悸とは、心臓が強く脈打ったり、激しく鼓動したり、脈が飛んだように感じられるもの。息切れ(呼吸困難)とは、息がしにくくなる不快な感覚のことを指し、息が止まりそうな苦しさを感じるもの。
狭心症
胸や下あご、左肩、みぞおちなどが締めつけられるような痛みをおぼえる。発作は数分から10分程度でおさまる。
  • 心臓血管外科
  • 循環器内科
不整脈
動悸、息苦しさ、胸の不快感、めまいなどの症状がおこるが、無症状のことも少なくない。
  • 心臓血管外科
  • 循環器内科
自律神経失調症
不定愁訴(全身のあちこちに様々な自覚症状が出たり消えたりする状態)が特徴で、症状の現われ方や程度には個人差がある。主なものとして、だるさや体のふらつき、ほてり、動悸・息切れ、耳鳴り、頭痛、めまい、便秘、多汗、手足の冷感・熱感がある。
  • 内科
  • 婦人科
  • 心療内科
  • 脳神経内科
貧血
女性に多い傾向があり、全身の倦怠感、動悸・息切れ、めまい、冷えなどの症状がある。長引くと爪がさじ状に変形したり、下まぶたの粘膜が白っぽくなるなどの症状が現われることもある。
  • 内科
  • 婦人科
  • 産婦人科
  • 血液内科
低血糖症
フラフラするような脱力感を感じるめまいがおこり、手足のふるえや動悸・息切れをともなう。
  • 内分泌内科
  • 代謝内科
  • 内科
高血圧症
頭重感や肩こり、めまいやだるさ、動悸・息切れ、不眠などを感じることがある。症状が現われるのは血圧がかなり上昇してから。
  • 循環器内科
  • 内科
低血圧症
めまい、立ちくらみ、冷え、動悸、耳鳴り、食欲不振などがみられる。午前中に特に強い倦怠感が生じる。
  • 循環器内科
  • 内科
心不全
運動時に動悸や息切れがあり、だるさ、むくみ、疲労感をともなう。進行すると就寝後まもなく呼吸困難がおこることもある。
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
心臓弁膜症
脈が速くなって動悸を感じる。息切れやめまい、胸痛、呼吸困難などをともなうことがある。
  • 心臓血管外科
  • 循環器内科
  • 内科
甲状腺機能亢進症
甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になる病気の総称。甲状腺が腫れて大きくなり、安静にしていても動悸を感じる。眼球の突出、手足のふるえ、脱力感、食欲が増進するにもかかわらず食べてもやせる、などの症状が現われる。
  • 内分泌内科
  • 代謝内科
  • 内科
不安神経症[パニック障害]
理由もなく漠然とした不安や死の恐怖が続く。と同時に、動悸や手足のしびれ、発汗・冷や汗、めまいなどの自律神経症状をおこす。
  • 精神科
心臓神経症
心臓に特に異常が認められないにもかかわらず、動悸・息切れや立ちくらみ、安静時に胸がチクチクするなどの症状が現われる。
  • 精神科
  • 心療内科
  • 循環器内科
更年期障害
疲労感、めまい、ほてり、冷え、不眠、頭痛、腰痛、肩こり、集中力の低下、漠然とした不安など。閉経前後にホルモンの分泌が減少、または消失することで様々な症状が現われる。
  • 婦人科
月経前症候群
月経の始まる数日前からイライラなど情緒が不安定となり、頭痛、乳房の張り、下腹部の不快感などがおこる。
  • 婦人科
月経困難症
下腹部の痛みや頭痛、腰痛、吐き気など月経の症状が日常生活に支障をきたすほど強くなる。
  • 婦人科
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
痰をともなう咳、のどがゼーゼー鳴る、動悸など。喫煙者に多く、起床時や午前中に咳や痰が多くなる。
  • 呼吸器内科
  • 気管食道内科
  • 内科
  • 外科
ビタミン欠乏症
ビタミンの不足による様々な症状を表す。だるさや足のむくみ、気力の低下などのほかに、皮膚の乾燥、脚気、口内炎などがおこりやすい。
  • 内分泌内科
  • 代謝内科
  • 内科
肺血栓塞栓症
突然息切れがして呼吸が速くなる。胸痛、咳、発熱などの症状がみられる。
  • 呼吸器内科
  • 内科
  • 血液内科
肺結核
初期はほとんど無症状。咳、痰、胸痛、息切れ、微熱などかぜに似た症状が続き、血痰や体重減少、呼吸困難などが起こることもある。
  • 内科
  • 呼吸器内科
肝炎
発熱、倦怠感、食欲不振などかぜに似た症状がおこり、数日中に黄疸が現われる。場合によっては無症状のまま進行することもある。
  • 消化器内科
  • 内科
妊娠
ほてり、吐き気、嘔吐、動悸・息切れ、胸やけ、便秘等。妊娠そのものは病気ではない。
  • 産婦人科
洞不全症候群
脈が飛んだり、目の前が暗くなったりする。不整脈の一種。
  • 循環器内科
先天性心疾患
心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、動脈管開存症など、生まれつき心臓に疾患があるもの。動悸や息切れがみられる。
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 循環器内科
塵肺
様々な粉塵が肺に蓄積されて発症する疾患。初期は自覚症状がなく、やがて、咳や痰がみられるようになる。息切れや呼吸困難がみられるようになると、症状はかなり進んだ段階といえる。
  • 呼吸器内科
  • 内科
心筋炎
発熱や頭痛、倦怠感などかぜに似た症状が現われ、数日後に動悸や息切れ、むくみ、脈のみだれなどがおこる。
  • 循環器内科
  • 内科
起立性低血圧症
急に立ち上がったときなどに、めまいや、立ちくらみ、気が遠くなるなどの症状が現われる。
  • 内科
  • 循環器内科
急性心膜炎
深呼吸をしたりあおむけになったりすると胸痛が強くなり、動悸、呼吸困難をともなうこともある。
  • 循環器内科
  • 内科
期外収縮
脈が飛んで動悸を感じたりする。頻脈型の不整脈の一種。
  • 循環器内科
褐色細胞腫
ズキズキする頭痛にともなって血圧が高くなり、脈が速くなって乱れ、動悸や発汗、指先のふるえがみられる。
  • 内分泌内科
  • 代謝内科
WPW症候群
急な動悸、失神がある。発作は突然のもので、発作がおきる時以外は健康体。
  • 心臓血管外科
  • 循環器内科