東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

ペット

猫の病気[29]

猫の心筋症
心筋の異常により心機能が低下する心疾患の総称。初期には症状が現れないことが多く、進行していくに従い、元気の喪失、あまり動かない、食欲の減退などの症状が起こる。

この病気について1人の医師の見解があります。

猫のてんかん
突然の全身のけいれん、意識の消失、体を突っ張らせるといった症状が見られる。四肢など、部分的なけいれんを起こすこともある。発作後は正常に戻る。
猫の外耳炎
耳の穴から鼓膜まで続く外耳道(鼓膜は含まれない)に炎症が起こる疾患。大量の耳あかが出るのが特徴。臭い、耳の中や周囲が赤く腫れる、膿が出るなどの症状が認められる。耳のかゆみのため、頭を振ったり傾けたりする仕草が頻繁に見られることも。
猫の関節炎
初期には明確な症状は出にくい。動かなくなった、元気ながないなどの非定型的な症状から始まり、徐々に関節痛や歩行異常などの症状が見られるようになる。
猫の結膜炎
まぶたの裏にある結膜が炎症を起こすもの。結膜が充血して白目が赤くなる、目やにが増える、涙が出る、などの症状が見られる。猫が目を頻繁に掻く仕草も。
猫の口内炎
舌や口腔粘膜に炎症を起こす疾患。赤い腫れが認められ、口臭やよだれを垂らすなどの症状が見られる。痛みを伴う場合、食欲の低下なども。
猫の甲状腺機能亢進症
甲状腺ホルモンの分泌が増加し、代謝が亢進することで多様な症状を引き起こす疾患。落ち着きがない、多飲多尿、脱毛、毛づやが悪くなる、食欲は増加するが痩せてくる、などといった症状が見られる。病気が進行すると、食欲減退、元気の喪失など、状態が変わってくる。
猫の骨折
骨折部位により症状は異なる。四肢の骨折では、足を着けることを嫌がるようになる。骨盤等、腰の骨を骨折した場合には、排尿や排便が難しくなることも。損傷部位は次第に腫れ、熱をもつようになる。
猫の歯周病
歯肉の炎症が歯肉炎、歯を支える歯周組織にまで及んだ炎症を歯周炎と呼ぶ。歯周病とは、これら2つの疾患を合わせた総称。歯肉が赤く腫れ、出血が見られるほか、口臭、血の混じったよだれなどが認められる。症状が進行すると痛みによる食欲減退が見られるようになり、頭を振りながら食べたり、口の片側で食べたりすることも。
猫の真菌症
真菌(カビ)による感染症。呼吸系疾患の症状が見られることが多く、脱毛やフケが増えるなどの症状がある。進行すると様々な神経機能不全を起こすこともある。
猫の腎臓病
急性腎障害と慢性腎臓病とに分かれる。急性腎障害では、乏尿、食欲減退、下痢・嘔吐、脱水などの症状が見られる。進行するとけいれんや体温の低下などが起こり、死に至るケースもある。慢性腎臓病では多飲多尿の状態となり、体重の減少や嘔吐、貧血などの症状が見られる。
猫の腸閉塞
腸の内容物が通過できなくなっている状態。嘔吐や食欲減退などが症状として見られる。腸閉塞によって血液循環が阻害されているケースではショック状態に陥ることも。
猫の糖尿病
初期の症状として、多飲多尿や多食、体重の減少などが見られる。進行すると嘔吐・下痢などの症状が起こる。糖尿病は人と同じく合併症を伴うことが多く、眼の疾患や腎疾患が起こる。
猫の乳腺腫瘍
乳汁を分泌する乳腺組織が腫瘍化するもの。乳頭周辺にしこりが生じ、悪性腫瘍の場合、進行していくに従い、出血等も見られるようになる。
猫の尿毒症
腎機能が十分に働かなくなり、老廃物や毒素が体内に蓄積した状態。食欲減退や嘔吐・下痢、口臭(アンモニア臭)などの症状が現れる。症状が進むと意識障害やけいれんなどの神経症状を引き起こし、死に至ることも。
猫の尿路結石
尿石症とも言われる。腎臓から尿を膀胱へと運ぶ管を尿路といい、この尿路に結石が詰まった状態。頻尿や血尿、発熱、食欲減退、元気消失などの症状が見られる。結石が尿路につまり、尿道閉塞(尿が出ない状態)となることもある。
猫の脳腫瘍
脳にできる腫瘍。ふらつきやてんかん発作、意識障害、行動や性格の変化、麻痺など症状は様々。腫瘍が発生した場所によって症状は異なる。
猫の肺炎
肺に起こる炎症のこと。咳や発熱、食欲減退、元気の衰退などが症状として見られる。重症になると呼吸困難を起こすことも。
猫の肺水腫
肺に水が溜まった状態。湿った咳が見られ、口を開けて呼吸をする仕草が見られる。呼吸困難に陥ることも。
猫の白内障
眼の水晶体が白く濁ってしまう疾患。物にぶつかるようになったり、階段の昇り降りを嫌がったり、視覚障害による行動異常が見られる。進行すると失明に至る疾患。
猫の皮膚病
皮膚に何かしらの病変が起こった状態。症状は疾患によって様々だが、赤みや湿疹、潰瘍や膿疱、脱毛やかゆみ、痛みなどがある。
猫の肥満細胞腫
免疫に関わる細胞の1つである肥満細胞が腫瘍化するもの。肥満細胞腫は「皮膚型」「内蔵型(脾臓型・消化管型)に分かれる。皮膚型は顔や耳、足などに発生することが多く、かゆみや赤みが出たり、脱毛を伴うこともある。内蔵型は嘔吐・下痢、食欲減退などの症状が起こる。
猫の鼻炎
鼻の粘膜に炎症が起こったもの。初期には鼻水やくしゃみが見られ、鼻が詰まったり、進行すると鼻汁に血が混じることがある。食欲減退や口を開けて呼吸をするといった症状も見られる。
猫の貧血
末梢血液の単位容積における赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値が正常よりも低下した状態を貧血という。元気の喪失、食欲減退、動くと息が切れる、などの症状が見られる。溶血性貧血では、黄疸や血色素尿を伴うこともある。
猫の緑内障
白目が赤くなったり、目を細めて閉じ気味になったり、涙が多くなるなどの症状が見られる。また、視覚障害により、ものにぶつかったり、階段の昇り降りを嫌がったりする傾向が見られる。
猫の膀胱炎
膀胱に起こる炎症。頻尿(繰り返しトイレに行くがほとんど排尿しない)や排尿時に時間がかかる、落ち着きがない、食欲減退、元気の喪失、血尿などの症状が見られる。
猫の膵炎
インスリンなどのホルモンを産出する膵臓に炎症が起きるもの。急性膵炎と慢性膵炎とに区別される。急性膵炎では嘔吐・下痢などの症状が見られるが、慢性膵炎では明らかな症状が出にくく、発見や診断は難しいとされる。中高齢の猫に多く見られる疾患。
猫ひっかき病
猫に引っ掻かれたり、噛まれたりすることで感染する疾患。傷口の周辺に膿疱などができ、時間をおいて発熱やリンパ節の腫れ・痛みが伴うことも。稀だが、痙攣などの神経障害を起こすこともある。猫は無症状。
猫の消化器型リンパ腫