東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

胸・腹

胸痛[23]

締めつけられるような痛みや圧迫感、焼けつくような痛みなど、鋭い痛みと鈍い痛みとがある。胸痛の原因によっては、吐き気や咳、呼吸困難などの症状がともなうことがある。

狭心症

キョウシンショウ

胸や下あご、左肩、みぞおちなどが締めつけられるような痛みをおぼえる。発作は数分から10分程度でおさまる。
  • 心臓血管外科
  • 循環器内科

この病気について1人の医師の見解があります。

心筋梗塞

シンキンコウソク

締めつけられるような、押しつぶされるような激しい胸の痛みが30分以上続くのが特徴。冷や汗や呼吸困難、吐き気などをともなうこともある。
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
  • 内科

この病気について4人の医師の見解があります。

自然気胸

シゼンキキョウ

突然息切れをともなう刺すような胸痛がおこる。呼吸困難、動悸などをともなう。
  • 呼吸器内科
  • 外科
  • 内科

肋間神経痛

ロッカンシンケイツウ

肋骨に沿って電気が走るような痛みが走る。痛みは深呼吸や咳などによって誘発される。
  • 整形外科
  • 内科

肺血栓塞栓症

ハイケッセンソクセンショウ

突然息切れがして呼吸が速くなる。胸痛、咳、発熱などの症状がみられる。
  • 呼吸器内科
  • 内科
  • 血液内科

胸膜炎[肋膜炎]

キョウマクエン

胸痛、咳、発熱、胸部圧迫感などの症状がみられる。進行すると呼吸困難をおこすことがある。
  • 内科
  • 呼吸器内科

肺化膿症[肺膿瘍]

ハイカノウショウ

悪寒や発熱、痰や咳など。痰は膿性で悪臭を帯び、血が混じることがある。重度の細菌性肺炎。
  • 呼吸器内科
  • 内科

肺炎

ハイエン

38~39度のの発熱、悪寒、咳、痰、胸痛、動悸などがみられる。高齢者は症状が現われにくく、発熱しないこともある。
  • 内科
  • 呼吸器内科

縦隔腫瘍

ジュウカクシュヨウ

縦隔(左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分)に発生した腫瘍が大きくなって心臓などを圧迫し始めると、胸や背中の痛みが現われ呼吸困難になる。顔や首が腫れることもある。
  • 呼吸器内科
  • 内科

心筋炎

シンキンエン

発熱や頭痛、倦怠感などかぜに似た症状が現われ、数日後に動悸や息切れ、むくみ、脈のみだれなどがおこる。
  • 循環器内科
  • 内科

食道炎

ショクドウエン

食道に炎症がおこる疾患で、胸やけや腹部の不快感に痛み、吐き気や吐血、ものが飲み込みにくいといった症状をともなう。
  • 内科
  • 消化器内科
  • 外科

急性心膜炎

キュウセイシンマクエン

深呼吸をしたりあおむけになったりすると胸痛が強くなり、動悸、呼吸困難をともなうこともある。
  • 循環器内科
  • 内科

急性気管支炎

キュウセイキカンシエン

38度前後の発熱と乾いた咳が出る。強い咳のため胸痛をともなうこともある。
  • 内科
  • 呼吸器内科
  • 気管食道内科
  • 外科

膿胸

ノウキョウ

胸痛や発熱、咳などの症状がみられる。寒気やふるえ、呼吸困難などがみられることもある。
  • 呼吸器内科
  • 外科
  • 内科

インフルエンザ

インフルエンザ

39度前後の急な高熱と悪寒から発病。頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が2~3日続き、その後、鼻水、鼻づまり、のどの痛みなどがおこる。
  • 内科
  • 呼吸器内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 小児科

心臓神経症

シンゾウシンケイショウ

心臓に特に異常が認められないにもかかわらず、動悸・息切れや立ちくらみ、安静時に胸がチクチクするなどの症状が現われる。
  • 精神科
  • 心療内科
  • 循環器内科

肋骨骨折

ロッコツコッセツ

胸を強打するなど外傷性の要因のほかに、疲労性腫瘍、炎症、骨粗鬆症なども要因となる。肋骨が折れると、咳払いもつらく感じるほどの局所的な痛みがおこる。
  • 整形外科
  • 外科

逆流性食道炎

ギャクリュウセイショクドウエン

内視鏡検査で上部食道粘膜に潰瘍やただれが認められるものを言う。胸やけや胸痛などの症状を呈し、悪化すると食道狭窄などが起こる。長期化した食道炎は食道腺がんの主要原因になると見られている。
  • 消化器内科

この病気について1人の医師の見解があります。

胸部打撲

キョウブダボク

胸を打ち付けた部位に痛みを伴うほか、あざや腫れが生じる場合がある。また骨や心臓に損傷が及んだ場合は、肋骨骨折・気胸・心停止などを引き起こすこともある。
  • 整形外科
  • 救急科

この病気について1人の医師の見解があります。

多疾患併存

タシッカンヘイゾン

一人の患者が複数の慢性疾患を持っている状態を指し、高齢者の増加に伴って患者数が増える傾向にある。疾患・病態には内科的な慢性疾患のほかに精神疾患なども含まれる。 心身に複数の疾患があるため不調の原因を特定しにくく、処方された薬が新たな不調を生む可能性がある。また、複数の薬剤を併用することは認知機能の低下を招く恐れがあるため、高齢患者に対しては慎重な投与が求められ、投与量を控えることも検討される。
  • 内科

この病気について1人の医師の見解があります。

安定狭心症

アンテイキョウシンショウ

  • 循環器内科

この病気について1人の医師の見解があります。

虚血性心疾患

キョケツセイシンシッカン

  • 循環器内科
  • 心臓血管外科

この病気について1人の医師の見解があります。

急性大動脈解離

キュウセイダイドウミャクカイリ

大動脈は外膜、中膜、内膜の3層に分かれており、大動脈解離はこのうちの中膜が何らかの原因によって裂けていく(解離)疾患。突然、胸や背中に激痛が生じる、などの症状が見られる。血液循環に問題が生じ、突然死の要因になることも。
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科

この病気について1人の医師の見解があります。