開業のための
Web集患戦略

インターネットを活用した
クリニック・開業医の集患戦略サイト

  • られる
    集患

    東京ドクターズ運営の
    歯科・クリニック集患情報サイト

業務用EMSのおすすめ5選!家庭用EMSとの違いや選び方も解説

ダイエットに有効な機器として注目を集めているEMS。

家庭用と業務用の2種類があり、とくに業務用EMSは非常に高い効果をもたらしてくれることで人気を博しています。

しかし、販売されている業務用EMSはどれも質が高いため、どれを選べば良いのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで、本記事ではおすすめの業務用EMSを5つ紹介します。

家庭用EMSとの違い業務用EMSを選ぶ際のポイントも解説しているので、ぜひお読みください。

業務用EMSとは?家庭用EMSとの違い

EMSは「Electrical Muscle Simulation」の略称であり、電気で筋肉を動かしてくれるマシンのことを指します。

EMSには家庭用EMSと業務用EMSの2種類がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは「周波数」「鍛える筋肉」「パッドの形」の3つに絞って、違いを見ていきます。

周波数

1つ目の違いは周波数です。

周波数が高ければ高いほど電気が身体の内部まで入りやすいという特徴があります。

なお、高周波のEMSは専門の知識・技量を持った人でないと扱うのが難しいです。

そのため、家庭用EMSは低周波のものが多く、業務用EMSは高周波のものが多くなっています。

鍛える筋肉

2つ目の違いは鍛える筋肉です。

先ほど、家庭用EMSは低周波、業務用EMSは高周波のものが多く、高周波のほうが電気が身体の内部まで入りやすいことを解説しました。

高周波により、電気が身体の内部まで入ると、自分の意志で鍛えるのが難しいインナーマッスルを鍛えることができ、体幹が強くなります。

低周波の家庭用EMSでは、インナーマッスルまで到達することが難しいため、より表層に近い部分の筋肉を鍛えることになるでしょう。

パッドの形

3つ目の違いはパッドの形です。

家庭用EMSはパッドの形が固定されているものが多い一方、業務用EMSはパッドを自由に扱えるため、好きな部位を鍛えられます。

家庭用EMSでは、腹部なら腹部、全身なら全身と、鍛える部位によってEMSを選ぶ必要があるものの、業務用EMSではその心配は必要ありません。

業務用EMSの選び方

業務用EMSを選ぶ際には、以下の4つの観点から判断するのがおすすめです。

  • 搭載機能
  • 操作性
  • 価格
  • サポート体制

1つずつ見ていきましょう。

搭載機能

業務用EMSの搭載機能は必ず確認しておきましょう。

例えば、EMS機能のみがついているのか、多機能なEMSかによって、使い勝手は大きく異なるでしょう。

キャビテーションやラジオ波、超音波など、EMS以外の機能を搭載しているため、価格が高騰してしまうこともあります。

ただし、1つずつ機器を導入するよりも安く抑えられる可能性が高いため、使用する機能や機器などの状況を踏まえて考えてみましょう。

操作性

操作性も確認しておくべき事項の1つです。

操作方法が難しかったり重くて使いづらかったりすると、たとえ高性能であっても、スムーズに使うのが難しいです。

スムーズに使えないと、従業員の満足度が下がったり、サービスの質が悪化することでお客様からの満足度が下がったりする可能性があります。

お試し期間などがある場合は積極的に利用し、操作性の高さも確認しておきましょう。

価格

また、価格も注意して確認しておくべき事項です。

一括で支払うと「高いなぁ」と躊躇してしまう場合もあるかもしれませんが、製品によっては分割払いレンタルリースに対応している場合もあります。

最終的に支払う金額は変わらないかやや増える可能性がありますが、初期費用を抑えられる点は大いにメリットとなるでしょう。

初期費用を抑えたい場合は、料金プランをよく確認することが大切です。

サポート体制

最後に確認しておくべきなのがサポート体制です。

故障した時やわからないことがあった時に、迅速かつ的確なサポートをしてもらえるのかが大切です。

「価格が安い!」と飛びついた製品にサポート体制が付帯しておらず、困った時の対処法がわからない、という状況にならないように注意しましょう。

おすすめの業務用EMS5選

ここでは、おすすめの業務用EMSを5つ紹介します。

  • クワトロバーストキャビプレミア
  • ハイパー EMSプロIB-9116
  • パイラソード
  • フィジオEMS8
  • スリムマスター

それぞれの特徴を見ていきましょう。

クワトロバーストキャビプレミア

項目 内容
製品名 クワトロバーストキャビプレミア
特徴 5つの機能を1台にまとめたフェイス&ボディケア機器
機能 キャビテーション
ラジオ波
EMS
超音波
ハイパーパルス
こだわりのFace・Body用のプローブ
価格 368,500円(税込)
製造会社 株式会社ビューティガレージ
製品HP https://www.beautygarage.jp/p/ES-2584P

クワトロバーストキャビプレミアは、EMSだけでなく、キャビテーション・ラジオ波・超音波・ハイパーパルスの機能も搭載した多機能型のボディケア機器です。

10日間の無料お試し体験をやっているので、使い心地を試してみたい場合はぜひ利用しましょう。(2022年10月時点)

公式HPはこちら

パイラソード

項目 内容
製品名 パイラソード
特徴 全く新しい斬新な痩身方法
機能 パラボラメルト(高密度球体式連続超音波)
パラボラパルス(脂肪層自動測定連動中周波)
コンプレッションドレナージュ(加圧&軽擦ドレナージュ)
接触式ヒーター
コードレス充電
価格 1,650,000円(税込)
製造会社 株式会社リンクス
製品HP https://webcatalog.links-links.jp/#sword

パイラソードは、特許を取得した全く新しい方法での痩身ができる機器です。

ソード、すなわち剣のような形をした機器で、余分な脂肪を削ぎ落とすことができます。

公式HPはこちら

フィジオEMS8

項目 内容
製品名 フィジオEMS8
特徴 慣れさせない高周波EMS
機能 リモコン標準搭載
リスタート機能
ワンタッチ切り替え。シングル・デュアルモード
繋げたいチャンネルをタッチしてリンク
上肢・下肢に同時使用
張って寝るだけでボディシェイプ
価格 要問い合わせ
製造会社 株式会社ホンダメディカル
製品HP https://hondamedical.com/job/ems8/

フィジオEMS8には、高周波EMSなだけでなく、身体を高周波に慣れさせない機能が搭載されています。

たとえ高周波であっても、毎度、同じようなタイミングで鍛えると、身体が慣れてしまうので、効果が薄くなる可能性があるのです。

そこで、出力が時間差で訪れるプログラムを組むことで慣れさせないEMSを実現しています。

公式HPはこちら

フォースカッター

項目 内容
製品名 フォースカッター
特徴 テクノロジーを結集した進化型ボディマシン
機能 ラジオ波
EMS+吸引
ポレーション
LED
価格 2,530,000円(税込)
製造会社 株式会社プロラボ ソリューション
製品HP https://forcecutter.jp/

フォースカッターは、4つのテクノロジーを1つに結集したボディマシンで、ラジオ波・EMS+吸引・ポレーション・LEDが1台でできます。

その反面、価格は他のEMSに比べ、高くなっていますが、分割での支払いにも対応しているため、初期費用を抑えることは可能です。

公式HPはこちら

ハイパー EMSプロIB-9116

項目 内容
製品名 ハイパー EMSプロIB-9116
特徴 最大10chの個別出力ができるEMS機器
機能 10chの個別出力
タイマー機能
9種類のプログラム
4種類の出力波形
価格 83,050円(税込)
製造会社 株式会社ビューティガレージ
製品HP https://www.beautygarage.jp/p/ES-1373P

ハイパー EMSプロIB-9116は、最大10chの個別出力ができるEMS機器です。

9種類のプログラムと4種類の出力波形により、さまざまな種類の施術ができます。

公式HPはこちら

まとめ

業務用EMSは、それぞれに特徴があるため、何を重視するのかによって、選ぶEMSが変わってくるでしょう。

EMS機能単体で高性能なもの、EMSだけでなく他の機能も搭載されているものなど、さまざまな種類があります。

それぞれの特徴を比較しながら、自身の運営する治療院・サロンの方針に適した業務用EMSを選んでみてください。