東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

子宮体がんの解説

子宮体がん

原因
子宮上部の子宮体部に出来る癌で、50~60歳代に多い。女性ホルモンのエストロゲンに長期にさらされると発症しやすいといわれる。現在、子宮体がんの前がん症状として、子宮内膜異型増殖症が注目されている。
症状
子宮内膜に発生するがん。血液の混じったおりものをともない、進行すると悪臭がするようになる。ほかに下腹部痛、貧血、排尿痛など。
治療
病期によって異なるが、子宮とリンパ節を摘出する手術が中心となり、これに、化学療法、ホルモン療法などが加わる。
受診科目
産科
婦人科

『子宮体がん』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

子宮は妊娠した時に胎児を育てる部分と分娩の時に産道の一部となる部分に分けることができ、それぞれを子宮体部、子宮頸部といいます。子宮体部に発生するがんが子宮体がんで、最近我が国の成人女性に増えてきているがんのひとつです。そのほとんどは、子宮体部の内側にあり卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす子宮内膜という組織から発生し、子宮内膜がんとも呼ばれています。

出典:子宮体がん(子宮内膜がん):病気を知ろう:日本産科婦人科学会

一番多い自覚症状は不正出血です。子宮頸がんに比べ、子宮体がんになる年代は比較的高齢ですから、閉経後あるいは更年期での不正出血がある時には特に注意が必要です。閉経前であっても、月経不順、乳がんを患ったことがあるなどということがあればやはり注意が必要です。

出典:子宮体がん(子宮内膜がん):病気を知ろう:日本産科婦人科学会

治療の主体は手術です。病気の進み具合にもよりますが基本的には子宮、卵巣・卵管、リンパ節を摘出するのが一般的です。現在は子宮体がんの腹腔鏡下手術が保険適応となっており、施設によっては条件が満たせばより低侵襲な手術も可能となっています。腹腔鏡による子宮体がん手術の保険が手術により再発危険因子がみつかったり、あるいは診断した時点で手術による病巣の完全摘出が困難な場合には、抗がん剤治療(化学療法)や放射線治療などが行われます。若年婦人で子宮を温存し妊孕能を維持して治療することを希望される方には、ホルモン剤を使って治療することも可能です。ただし、ホルモン治療の適応となるのは、初期の子宮体がんで、しかも一部のタイプのものに限られるので注意が必要です。

出典:子宮体がん(子宮内膜がん):病気を知ろう:日本産科婦人科学会

対応可能クリニック

589件中1~20件を表示

楠原ウィメンズクリニック

中央区/銀座/銀座駅

●婦人科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/30 30
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート