東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

子宮膣部びらんの解説

子宮膣部びらん

原因
成熟期に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発になると、子宮膣部の扁平上皮がめくれ、薄い頸管上皮がむき出しになることがある(仮性びらん)。これに対し、扁平上皮が傷ついたり、すりむけたりして赤く炎症をおこしているものを真性びらんという。
症状
おりものが多量に出る、性交時の出血など。炎症が慢性化すると腰痛や排尿障害、性交時の痛みなどがみられるようになる。
治療
仮性びらんも真性びらんも治療の必要はない。ただし、性交時に出血したり、おりものが増えて不快な場合は、レーザーや薬物治療をおこなうことがある。
受診科目
婦人科

『子宮膣部びらん』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

子宮腟部とは,子宮の下端である頸部が腟内に突出した部分をいいます。びらんとは,表皮が欠損した状態で、ただれていることをいいます。すなわち、真の子宮腟部びらんとは子宮腟部表皮が欠損し、ただれた状態のことをいいます。しかし、このような子宮腟部の真のびらんは、外傷や炎症などによって一時的に生じることはありますが極めてまれです。

出典:子宮腟部びらんの症状・原因・治療法 [子宮の病気] All About

びらんを持っていてもほとんどの女性が無症状で過ごします。しかし分泌物の多いびらん面が大きいと、それだけでおりものが増えます。また、びらんの部分は感染に対しても抵抗力が弱くなるため炎症を起こしやすく、子宮頸管炎などの感染症が起こりやすくなり、黄色の帯下が著しく増えて不快なものになります。そして、びらんは刺激に対する抵抗力が弱く、タンポンの使用や性交時の接触による刺激で出血しやすいのも特徴のひとつです。

出典:子宮腟部びらんの症状・原因・治療法 [子宮の病気] All About

治療する場合には二段階で考えす。まずびらんがあると炎症が強くなり、おりものが多くなったりしますので、びらんそのものの治療するのではなく、腟の洗浄や、抗生物質の腟錠を使うことによって炎症をとると、症状は軽くなります。この治療によっても症状がよくならない場合は、びらんそのものを治療する方法として、冷凍療法、レーザー療法、電気凝固法などによりびらんを取りさり、そのあとに健康な上皮が形成されるのを待つ方法もあります。いずれも治るまでには1~2カ月を要し、完全治癒のためには治療を繰り返し行う場合があります。

出典:子宮腟部びらんの症状・原因・治療法 [子宮の病気] All About

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

楠原ウィメンズクリニック

中央区/銀座/銀座駅

●婦人科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート