医療クラーク(医師事務作業補助者)とは?仕事内容や配置するメリットを解説

「医療クラークとはどのような役割を果たすのか?」

「医療クラークを配置することにメリットはあるの?」

医療クラークに対して、このような疑問をお持ちではありませんか?

医療クラークを導入したことがなければ、実態がどのようなものか分かりづらいですよね。

そこで、今回の記事では医療クラークとは何か仕事内容や導入するメリットについて解説します。

記事の後半では、医療クラークを導入する際、どのような点に注意すべきかについても解説しているので、ぜひ最後まで確認してみてください。

医療クラーク(医師事務作業補助者)とは?

医療クラークとは、医師事務作業補助者の別称のことです。

医師事務作業補助者とは、医師の負担軽減を目的に配置される職員です。

2008年に医師の負担を軽減するために導入された「医師事務作業補助体制加算」のなかに規定されています。

本来、医師が行う業務である文書の作成代行や電子カルテの入力代行などを行うのが医師事務作業補助者の仕事です。

なお、あくまでも”医師”事務作業補助者なので、看護師や受付スタッフなどの仕事の代行はできないとされています。

医療クラークの仕事内容とは?

ここでは、医療クラークの仕事内容を解説します。

  • 文書作成補助
  • データ入力補助
  • オーダー補助
  • 行政への報告業務
  • その他

1つずつ確認してみましょう。

文書作成補助

1つ目は、文書作成補助です。

医師は診療をするだけでなく、診療のためにさまざまな書類を作成することになります。

  • 診断書
  • 処方箋
  • 患者とその家族への説明文書
  • 紹介状
  • 退院サマリー

これらの作成に多くの時間を費やしてしまうと、本来やるべき診療に時間を割けなくなるため、医療クラークが文書の作成を補助するのです。

なお、作成された文書の責任は医師が取ることになっているので注意してください。

データ入力補助

2つ目は、データ入力補助です。

主に電子カルテの入力が挙げられます。

カルテは医師が入力する必要がありますが、医療クラークがカルテ入力を代行することで、診療に集中できます

なお、文書作成補助と同様、カルテの内容に関する責任は医師にあるので注意が必要です。

オーダー補助

3つ目は、オーダー補助です。

オーダーとは、処方・注射・検査・処置などの指示です。

オーダーも医師の仕事であるため、医療クラークが代行して行うこともあります。

しかし、オーダーは患者さんの療養へ直接影響を与える業務であるため、初めから任せるのではなく経験に応じて割り振るのが好ましいでしょう。

行政上必要な業務

4つ目は、行政上必要な業務です。

医療機関では、以下の2つのように行政上必要な業務があります。

  • 救急医療情報システムの入力業務
  • 感染症サーベイランスに関する入力業務

これらの内容は、医師が行う必然性が高いとはいえないため、医療クラークが代行して行います。

その他

他にも、資料の作成や院内電話の対応、器材の整理なども行うことがあります。

いずれも「医師」の仕事の範囲内である点に注意してください。

この後、詳しく解説しますが、医師の仕事の範囲外の業務は医療クラークが担当できないことになっています。

医療クラークだからと言って、なんでも対応して良いわけではないので、必ず確認するようにしましょう。

医療クラークが禁止されている仕事内容とは?

一方、医療クラークには禁止されている仕事があります。

  • 医師以外から指示された業務
  • 受付・窓口業務
  • レセプト業務
  • 医療機関の運営
  • 医療機関運営のためのデータ収集
  • 看護業務の補助
  • 指示のない物品の運搬

それぞれの内容を以下で確認しましょう。

医師以外の指示による業務

1つ目は、医師以外の指示による業務です。

本来、医師以外から指示された仕事は医師の仕事ではありません。

医療クラークはあくまでも医師の仕事を代行するため、医師以外から指示された業務はできないことになっています。

医療クラークの存在が規定されている「医師事務作業補助体制加算」にも、「医師以外の指示は受けないように」と定められているため、医師以外から指示された業務は行わないようにしてください。

受付・窓口業務

2つ目は、受付・窓口業務です。

医療機関における受付・窓口業務は医療事務が担当するケースが一般的でしょう。

そのため、医師が受付・窓口業務を行うことは考えにくいです。

このことから、受付・窓口業務は医療クラークの仕事内容としては認められていません。

レセプト業務

3つ目は、レセプト業務です。

レセプト業務とは診療報酬の請求の事務などのことです。

これも医師の仕事ではなく医事課の担当でしょう。

したがって、医療クラークの仕事内容として認められません。

医療機関の運営

4つ目は、医療機関の運営です。

院長を除いた医師は、医療機関の運営に携わることはないでしょう。

そのため、医療機関の運営も医療クラークの業務範囲からは外れます。

医療機関運営に必要なデータの収集

5つ目は、医療機関運営に必要なデータの収集です。

医療機関運営が医師の仕事でなければ、運営に必要なデータ収集も医師の仕事ではありません

医師ではなく診療情報管理士により行われる業務であるため、医療クラークの業務範囲ではないとされます。

看護業務の補助

6つ目は、看護業務の補助です。

看護業務の補助とは、文字通り看護師の補助にあたります。

医療クラークは医師の補助にあたる仕事しかできないため、看護業務の補助は認められていません。

指示のない物品の運搬

7つ目は、指示のない物品の運搬です。

物品の運搬も通常は医師の仕事ではありません。主に看護業務として行われる場合が多いでしょう。

しかし、場合によっては医師が物品の運搬を指示する場合もあります。

この場合は、医師の指示による仕事であるため、物品の運搬も許可されます。

医療クラークを導入するメリットは?

医療クラークを導入する1番のメリットは、医師の業務の手間が省けることです。

そのため、医師が本来行うべきである診療に多くの時間を費やせるため、患者さんへの対応が改善する可能性もあります。

また、医療クラークを導入して時間が経つと、業務内容のみならず全体の流れを把握するようになるため、先回りして作業してくれたり他の従業員への司令塔としての役割を果たしてくれたりします。

業務の効率化だけでなく、より大きな効果が望めるでしょう。

医療クラークを配置する際のポイント

医療クラーク(医師事務作業補助者)を配置する際には、3つのポイントを解説します。

  • スタッフへの理解を得る
  • 教育の充実・マニュアルを整備
  • モチベーション管理

それぞれ見ていきましょう。

スタッフへの理解を得る

1つ目は、スタッフへの理解を得ることです。

医療クラークは医師の代わりを務めるため、医師以外のスタッフともやりとりをする機会があります。

この際、スタッフから理解が得られていない状態だと、医療クラークとスタッフとのやりとりがスムーズにいかず、業務の遂行に影響が出てしまう可能性があるのです。

そのため、医療クラークを導入する前に、スタッフに医療クラークを導入することへの理解を得ることが大切になります。

教育の充実・マニュアルの整備

2つ目は、教育の充実・マニュアルの整備です。

医療クラークは非常に多くの業務内容に対応する必要があるため、いきなり全てを理解するのは難しいといえます。

そのため、1つずつ理解できるための教育制度を充実させたり業務を行いやすくするためにマニュアルを整備したりすると良いでしょう。

医療クラークが業務を遂行しやすい環境を作ることが大切です。

モチベーション管理

3つ目は、モチベーション管理です。

医療クラークが対応する業務は専門性が高い内容が多く、初めからうまくいくわけではありません。

そのため自信を失ったりやる気をなくしたりしてしまう可能性があります。

焦らないで良いことを徹底して伝え、たとえ失敗しても認めてあげることが大切です。

まとめ

今回は、医療クラークについて解説しました。

医療クラークは医師事務作業補助者の別称であり、医師の仕事を手伝う職員として配置されます。

文書の作成やカルテの入力など、医師の仕事内容の中でも必ずしも医師が行わなければならないほど専門性の高い業務を担当します。

医療クラークにはやってはいけない業務内容もあるため、必ず確認するようにしてください。