歯科医院のTwitter運用はどうやれば良いのか?コツや注意点・運用例を紹介

「歯科医院でTwitterを導入した方が良いのか分からない」

「歯科医院でTwitterを運用するには、どのようにすれば良いのか分からない」

このようなお悩みを抱えていませんか?

Twitterはきちんと運用できれば、効果のある集患メディアとして使えます。

そこで、今回は歯科医院でのTwitter運用に関して、以下の内容を解説します。

  • 歯科医院でTwitter運用をすべき理由
  • 歯科医院でTwitter運用をするコツ
  • 歯科医院のTwitterを運用する際の注意点
  • 歯科医院のTwitter運用例

最後までお読みいただき、歯科医院でのTwitterを活用できるようにしていきましょう。

歯科医院でTwitter運用をすべき!その理由は?

歯科医院では、是非ともTwitterを運用すべきだと考えられます。

その理由は、主に以下の3つです。

  • 無料で利用できる
  • SNSの中で拡散力が高い
  • スタッフ採用にも使える

1つずつ解説します。

無料で利用できる

1つ目は、無料で利用できることです。

認知度拡大のために広告を利用すると、広告費をかけなければなりません。

予算が限られていると効果の高い広告出稿ができないため、費用対効果が悪くなってしまう可能性もあります。

しかし、Twitterは基本的な機能は無料で使えるため、広告費0円で認知度の拡大ができます

SNSの中で拡散力が高い

2つ目は、SNSの中で拡散力が高いことです。

YouTubeやInstagramなどの他のSNSであれば、プラットフォームの性質を理解して、おすすめ欄に載せてもらうのが一般的な拡散方法です。

しかし、Twitterにはリツイート機能が備わっており、誰でも簡単に投稿を拡散できる仕組みになっています。

純粋に「良い投稿」だとフォロワーに判断してもらえれば、拡散してもらえるため、他のSNSに比べて拡散力が高いと言えるでしょう。

スタッフ採用にも使える

3つ目は、スタッフ採用にも使えることです。

Twitterで、歯科医院の雰囲気や様子を写真・動画付きで投稿できます。

それをフォロワーに見てもらうことで「自分もこんな職場で働いてみたい!」と思ってもらえる可能性があるでしょう。

自分から「働かせてください!」と連絡をくれる場合もあれば、スタッフ採用のお知らせを投稿したときに反応してもらえるようになります。

そうすると、雰囲気を理解し、歯科医院の価値観にあったスタッフの採用がしやすくなるでしょう。

歯科医院でTwitter運用をする際のコツは?

ここでは、歯科医院でTwitterを運用する際のコツを5つ紹介します。

  • 堅すぎないように
  • ツイートは1日1回以上
  • 夜にツイートする
  • 分析ツールを使う
  • Twitter広告を使う

1つずつ解説します。

堅すぎないように

1つ目は、投稿内容を堅すぎないようにすることです。

「公式Twitterを運用しよう!」と考えると、どうしても堅い内容を投稿してしまう可能性が高まります。

しかし、Twitterは娯楽の面が強いため、堅い内容の投稿は好まれない傾向にあります

個人的なアカウントを運用するような気持ちで、接しやすくフレンドリーなアカウントにするように心がけましょう。

ツイートは1日1回以上

2つ目は、ツイートは1日1回以上することです。

FacebookやYouTubeでは、毎日投稿する必要はありませんが、Twitterは1日1回以上更新することが大切です。

1ツイート140字以内なので、お手軽に投稿できるため、なるべく毎日欠かさず投稿しましょう。

毎日投稿していると、露出度が高まりユーザーの目に入りやすくなるため、認知度拡大に繋げやすくなります

もちろん、無理のない範囲で運用することが大切ですが、可能な限り1日1回以上の投稿を心がけましょう。

夜にツイートする

3つ目は、夜にツイートすることです。

ツイートは、一般的に夜に見られやすい傾向にあります。

一般的には、朝は通勤・通学の準備で忙しく、昼は学校や職場にいるため、ツイートは見られにくいのです。

しかし、夜はゆっくりくつろいでいる方が多いため、多くの人に投稿を見てもらえる可能性が高くなります

そのため、1日1回投稿する場合は、夜に投稿するのがおすすめです。

なお、1日に複数回投稿する場合は、朝・昼・夜に分けて投稿するのが良いでしょう。

分析ツールを使う

4つ目は、分析ツールを使うことです。

Twitterでは、Twitterアナリティクスという分析ツールを用意しています。

Twitterアナリティクスを使うことで、ツイートが見られた回数やフォロワーの増加数などを見られるのです。

無料で使えるツールなので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

Twitter広告を使う

5つ目は、Twitter広告を使うことです。

Twitterにも広告を出稿できます。

Twitter広告を使うと、閲覧数が増え、より多くの人にリーチできるようになります。

しかし、こちらは当然ながら費用がかかってしまうので、いきなり導入するのはおすすめしません。

まずは無料で、リツイートしてもらえるコツやフォロワーを増やすコツを会得してから利用することをおすすめします。

歯科医院のTwitterを運用する際の注意点

ここでは、歯科医院でTwitterを運用する際の注意点を2つ紹介します。

  • 効果が出るまで長い時間がかかる
  • 炎上しないように

1つずつ解説します。

効果が出るまで長い時間がかかる

1つ目は、効果が出るまで長い時間がかかることです。

Twitterでは、大量にリツイートされ何十万人、何百万人の人に見られるバズという状態にならない限り、瞬時に認知度が広まることは考えにくいです。

そのため、時間をかけてコツコツ認知度を拡大することが大切です。

すぐに効果が出ると思ってしまうと、挫折をしてしまう確率が高くなるので、焦らずゆっくりとアカウントを育てていきましょう。

炎上しないように

2つ目は、炎上しないようにすることです。

炎上をすると、歯科医院へのイメージが悪くなり、来院を控えてしまう可能性が高くなるのです。

特にTwitterは拡散力が高いため、炎上してしまうと一気に拡散されてしまいます。

主張の強い意見や政治的な内容などは炎上のきっかけになってしまう可能性が高いため、投稿を控えることをおすすめします。

歯科医院のTwitter運用例5選

ここでは、歯科医院のTwitter運用例を5つ紹介します。

  • 西荻窪 木下歯科医院
  • 足立区 石谷歯科医院 公式ツイッター
  • いちは*一瀬歯科医院《熊本の歯医者さん》
  • 埼玉インプラントセンター 加藤歯科医院
  • 西永福 うえたに歯科医院

1つずつ紹介します。

西荻窪 木下歯科医院

1つ目は、西荻窪 木下歯科医院です。

2010年からTwitterを利用しており、10年以上も運用しています。

フォロワーは5,000人ほどおり、影響力の高いアカウントであるといえます。

投稿内容は、歯科医院のことではなく、中の人の個人的な内容がメインとなっています。

アカウントを見てみる

足立区 石谷歯科医院 公式ツイッター

2つ目は、足立区 石谷歯科医院 公式ツイッターです。

投稿内容は、主に診療開始の挨拶と診療終了の挨拶となっています。

院長先生の素敵な笑顔がアイコンになっているのも注目すべきポイントです。

アカウントを見てみる

いちは*一瀬歯科医院《熊本の歯医者さん》

3つ目は、いちは*一瀬歯科医院《熊本の歯医者さん》です。

定期的に朝の挨拶を繰り返すことで、多くのフォロワーを集めています。

プロフィール文にも書いてある通り、リプには必ず返事をし、フォロワーとの交流を繰り返すことで認知度を拡大しています。

アカウントを見てみる

埼玉インプラントセンター 加藤歯科医院

4つ目は、埼玉インプラントセンター 加藤歯科医院です。

埼玉インプラントセンター 加藤歯科医院では、歯科関係のツイートはあまりありません。

どのアカウントでも同じですが、URLには自身の歯科医院のリンクを貼ることで、集患につなげています。

アカウントを見てみる

西永福 うえたに歯科医院

5つ目は、西永福 うえたに歯科医院です。

質問箱を用いることで、匿名で質問できる環境が用意されています。

投稿自体はあまり多くありませんが、十分集患につながっているといえるでしょう。

アカウントを見てみる

まとめ:Twitterを効率的に活用しよう

今回は、歯科医院でのTwitter運用を解説しました。

無料で利用でき、集患数増加やスタッフ採用にも利用できるので、ぜひTwitter運用を始めてみてください。

その際は、今回解説した内容を参考に、焦らずじっくりとアカウントを育ててみてください。