東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

硝子体出血の解説

硝子体出血

原因
目におきた出血が硝子体腔の中にたまり、硝子体が濁るもの。糖尿病網膜症や網膜中心静脈閉塞症などがおこり、新たに生まれた血管が破れることでおこる。
症状
突然視力低下がおこり、墨を流したような影が見えることがある。
治療
硝子体出血の原因を探り、原因となる疾患の治療と並行して硝子体出血の治療をおこなう。網膜剥離の可能性が高い場合は、硝子体切除術を早期におこない、出血を取り除く。
受診科目
眼科

『硝子体出血』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

さまざまな部位からの出血が、硝子体腔のなかにたまった状態を硝子体出血といいます。出血自体は、短期で止まることがほとんどですが、硝子体はゼリー状のどろっとした組織なので、このなかに出血がとどまると、吸収には2〜3カ月かかるのが普通です。

出典:硝子体出血とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

出血が少量の時は、硝子体中の出血が網膜に影を落として、飛蚊症を自覚します。突然、「墨を流したような影」を自覚したとの訴えがよく聞かれます。大量の時は光がさえぎられてしまい、霧視や視力の低下を起こします。

出典:硝子体出血とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

硝子体出血を起こしている原因疾患、その治療状況、網膜剥離の有無などによって、治療方針が変わってきます。 出血の自然吸収を待つ場合もありますが、網膜剥離が疑わしい場合や、糖尿病網膜症でレーザー治療が不十分な場合などは、できるだけ早く硝子体手術を行って、硝子体出血を取り除き、網膜剥離を元の状態にもどす手術を併用したり、糖尿病網膜症に対するレーザー治療などを徹底的に行うことが必要です。原因疾患によっては、治療が遅れると新生血管緑内障などを引き起こして、失明に至る危険性もあります。

出典:硝子体出血とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

1056件中1~20件を表示

中村眼科

葛飾区/新小岩/新小岩駅

●眼科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

モミキクリニック眼科

大田区/西蒲田/蓮沼駅 蒲田駅

●眼科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/53 53
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声