東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

網膜中心静脈閉塞症の解説

網膜中心静脈閉塞症

原因
網膜に酸素や栄養を補給した血液は網膜中心静脈から眼球の外に出ていくが、この静脈の内腔が閉塞し、網膜の血管から血液があふれるもの。動脈硬化や糖尿病、静脈の炎症などで血管の中に血栓ができておこる。
症状
視力は少しずつ低下していき、視野に黒い固まりが現われたりする。
治療
まず血栓を溶解する薬を用いる。障害された部分が広範に渡る場合は、レーザー光線を照射したり、硝子体の切除手術をおこなうこともある。
受診科目
眼科

『網膜中心静脈閉塞症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

網膜静脈に血栓ができて、血液の流れが悪くなる病気です。血液が血管外にあふれ出して、網膜に出血やむくみを起こします。

出典:網膜静脈閉塞症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

症状は、中心静脈閉塞症と分枝静脈閉塞症では違いますし、同じ分枝静脈閉塞症といっても詰まる部位によってずいぶん違います。まったく自覚症状がないこともめずらしくありません。出血や浮腫(ふしゅ)が網膜の中心に及んだ場合、視力が低下してきますが、症状の現れ方はゆっくりです。

出典:網膜静脈閉塞症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

治療の方法はおおまかに、経過観察、薬物治療、レーザー網膜光凝固術(もうまくひかりぎょうこじゅつ)(コラム)、硝子体手術があります。静脈閉塞症は、詰まる部位、出血の範囲・程度、経過など、人によって千差万別です。軽症であれば、経過をみているだけで自然に治ってしまうこともあります。 薬物治療では血管を拡張させる薬、血管を強くする薬、出血やむくみの吸収を促進する薬などが内服で使われます。 レーザーによる網膜光凝固の目的は2つあります。ひとつは急性期での出血、浮腫の吸収を促進することで、網膜中心部にむくみがある場合によく行われます。もうひとつは、硝子体出血を予防することで、静脈閉塞の程度が強く、かつ範囲が広い場合に行われます。 硝子体手術は、硝子体出血を起こした場合の治療として以前より行われていましたが、最近は網膜中心部のむくみを取るためにも行われるようになりました。詰まっている部位で血管の鞘(さや)を切り開く手術(血管鞘切開術(けっかんしょうせっかいじゅつ))もありますが、今のところ一般的ではありません。

出典:網膜静脈閉塞症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

1117件中1~20件を表示

富永クリニック眼科

港区/西新橋/内幸町駅新橋駅

●眼科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/56 56
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート