問診とは?診察との違いや問診の重要性・コツを解説

「問診」をご存知ですか?

「問診」という言葉を目にたことはあるものの、具体的に何を指すのかわからない方も少なくないでしょう。

本記事では問診とは何か、診察との違いや問診の重要性・コツを解説します。

ぜひ最後までお読みいただき、問診の内容を一通り理解しましょう。

問診とは?診察との違いを解説

ここでは、そもそも問診とは何か?について解説します。

問診は、患者さんのアレルギー歴や既往歴を聴くことにより、検査だけでは診断しにくい疾患を見つけることを指します。

アレルギー歴や既往歴を知ることで、患者さんの体質がわかり、そのことにより発見される病気もあるので、非常に重要な役目を果たします。

なお、診察も問診と同じ役目を果たします。

問診と診察の違いは、診断方法にあります。

問診が聴取により診断するのに対し、診察は視診、聴診、打診など、身体に触れて診断します。

どちらも、検査だけでは診断しにくい疾患を見つけるのに役立つため、非常に重要な診断方法だといえるでしょう。

問診の重要性

問診の重要性は、主に以下の2つです。

  • 病気の手がかりが掴める
  • 正確で迅速な診断につながる

1つずつ解説します。

病気の手掛かりが掴める

1つ目は、病気の手がかりが掴めることです。

「問診とは?診察との違いを解説」の項目でも解説した通り、検査だけでは診断しにくい疾患を見つけるのに役立ちます。

具体的には、先ほど紹介したアレルギー歴や既往歴だけでなく、そもそもの病状や症状を聞くことも大切です。

疾患によっては、問診を行うだけで8割ほど特定できる場合もあるため、焦らずじっくり話を聞いてください。

横道にそれても問題ありません。

むしろ、横道にそれたからこそ思わぬ発見がある場合もあります。

時間をかけて、会話の中から何かしらのヒントを掴むことに徹しましょう。

正確で迅速な診断につながる

2つ目は、正確で迅速な診断につながることです。

繰り返しお伝えしている通り、検査だけでは判断しにくい疾患も、患者さんの体質を知ることで、実態が明らかになることが少なくありません。

患者さんが心を開いて、正直に話してくれて、症状を正確に伝えることができれば、正確で迅速な判断につながります。

なるべく患者さんが話しやすい空気を作ることを心がけましょう。

問診の精度を高めるためのコツ

問診の精度を高めるためのコツは以下の6つです。

  • 主訴をまとめられるような質問
  • 既往歴を確認
  • 悩みの深刻さを聞く
  • 部位を正確に把握
  • 症状の詳細を聞く
  • 患者さんの心配や希望を聞く

1つずつ解説します。

主訴をまとめられるような質問

1つ目は、主訴をまとめられるような質問をすることです。

重要な項目は以下の3つです。

  • いつから
  • どこが
  • どんな

これらがどんな症状かを診断するための基礎的な情報になります。

この3つが曖昧だとかなり診断しづらくなるため、明確に把握しておきましょう。

また、発症から今までの経過やその他の症状も聞いておくと、診断しやすくなります。

既往歴を確認

2つ目は、既往歴を確認することです。

既往歴は診断をする上で大事な要素となります。

例えば、高血圧の方が緊急搬送されてきた場合には、高血圧が起因となる脳梗塞などの疾患である可能性があります。

しかし、患者さんは既往歴の重要性を認識していない可能性が高く、問診票に記載していないことがあるので注意が必要です。

もちろん、書いていない場合でも、問診で聞くことは可能ですが、時間がかかってしまうため、なるべく問診票に記入するように促すと良いでしょう。

悩みの深刻さを聞く

3つ目は、悩みの深刻さを聞くことです。

例えば、頭痛で来院した2人の患者を想定しましょう。

1人目は、「頭痛がひどいけど会社は休めない」と言っています。

2人目は、「頭痛がするので明日は会社を休む予定でいます」と言っています。

2人を比べると、明らかに1人目の悩みの方が深刻であることがわかります。

このように、悩みの深刻度が違う場合、処方するお薬を変更することがあるので、必ず確認しておきましょう。

部位を正確に把握

4つ目は、部位を正確に把握することです。

例えば、患者さんが「腹痛がする」と言っている場合、痛いのはお腹の中でもどの部分なのかがわかりません

正確な部位がわからないと、正確な診断ができません。

口で説明してもらったり、指差しで示してもらったりして、症状がある部位を正確に把握しましょう。

症状の詳細を聞く

5つ目は、病状の詳細を聞くことです。

どのような痛みなのか、痛みの程度はどのくらいなのかなどを確認します。

患者さんの表現方法が異なるため、必ずしも正確な判断にはならない可能性がありますが、少なからず診断するためのヒントにはなります。

そのため、病状の詳細も聞いておくようにしましょう。

患者さんの心配や希望を聞く

6つ目は、患者さんの心配や希望を聞くことです。

患者さんは「自分の症状はどの程度ひどいのか?」「いつから会社/学校に行けるようになるのか」「顆粒状のお薬は苦手なので避けてほしい」など、さまざまな心配や希望を抱えています。

診断と直接関係するわけではありませんが、患者さんの心配や希望を解消することで、落ち着いて安心した状態で仕事を受けられることにもつながります。

そのため、患者さんの心配や希望も確認しておきましょう。

まとめ

今回は、問診について解説しました。

問診は、診察と並んで、診断をするために大事な判断材料を見つける工程です。

患者さんに直接質問をしたり会話をしたりすることで、どんな病気かを見定めます。

なるべく患者さんが正しい情報を話せるように、雰囲気づくりに徹することが大切です。