クリニックでTwitterを運用すべき?効率の良い運用法や参考となるアカウントを紹介

「クリニックでTwitterはどう運用すれば良いの?」

「クリニックでTwitter運用をするためのポイントを知りたい」

このような考えをお持ちではありませんか?

そこで、今回はクリニックでTwitter運用をするために、以下の内容を解説します。

  • Twitterを運用すべき理由
  • Twitterを運用するコツ
  • クリニックのTwitter運用例

最後までお読みいただき、Twitter運用の仕方を理解しましょう。

クリニックでTwitter運用をすべき!その理由は?

クリニックではTwitter運用をすべきです。

ここでは、その理由を3つ解説します。

  • 無料で認知度を拡大できる
  • 拡散力が他のSNSに比べて高い
  • スタッフ採用にも活用できる

1つずつ解説します。

無料で認知度を拡大できる

1つ目は無料で認知度を拡大できることです。

多くの方が活用してきたホームページやWeb広告では無料で運用することはできません

当然広告を出すにはお金がかかりますし、ホームページを運用するのにもサーバー代などの費用がかかります。

その一方で、Twitterは完全無料で利用できます。

Twitter広告を使う場合は別途費用が必要ですが、広告を使わなくても認知度を拡大することは可能です。

そのため、費用がかからずに認知度を拡大できる点はメリットだといえます。

拡散力が他のSNSに比べて高い

2つ目は拡散力が他のSNSに比べて高いことです。

LINEを除くと、SNSの中で1番利用者数が多いのがTwitterです。

また、リツイートという機能がついており、非常に拡散されやすい設計になっています。

多くの方が使っており、なおかつ拡散されやすい設計になっていることから、他のSNSに比べて拡散力が高いといえるでしょう。

スタッフ採用にも活用できる

3つ目はスタッフ採用にも活用できることです。

Twitterはお客さんの集患だけでなく、スタッフの採用にも使えます。

いつものスタッフの様子をアップすると、「私にも働かせてください!」という連絡が来ることがあります。

また、普段の面接では、その人の性格などを見極めるのは難しいですが、Twitterであれば過去のツイートを何個か見る中で、性格もある程度把握できるので、適切な人材を採用できる確率が上がるでしょう。

クリニックでTwitter運用をする際のコツは?

では、クリニックでTwitter運用をする際のコツは何があるのでしょうか?

ここでは5つのコツを紹介します。

  • 堅すぎる内容は控える
  • 1日1回以上投稿する
  • 投稿時間は夜がおすすめ
  • 分析ツールを使う
  • 場合によってはTwitter広告を使う

1つずつ解説します。

堅すぎる内容は控える

1つ目は堅すぎる内容は控えることです。

Twitterを始めとして、SNSは娯楽で見ている方が多い媒体です。

そのため、堅すぎる内容を投稿してしまうと嫌悪感を抱かれてしまう可能性があります。

せっかくTwitterで発信している意味がなくなってしまうので、堅すぎる内容はなるべく避けましょう。

1日1回以上投稿する

2つ目は1日1回以上投稿することです。

Twitterでは、毎日何かしらの投稿をすることが大切です。

毎日登校というと、かなり大変なように感じられますが、最大でも1ツイート140字なので、あまり負担とはならないでしょう。

投稿時間は夜がおすすめ

3つ目は投稿時間は夜がおすすめです。

朝は忙しい方が多いですし、昼間は仕事をしている方が多いため、投稿する時間としては適していません。

一方、夜は仕事を終え、ゆっくりしている方が多いため、ツイートは多く見られるでしょう。

1日2、3回投稿する場合は、朝・昼・夜に1回ずつ投稿することがおすすめです。

分析ツールを使う

4つ目は分析ツールを使うことです。

Twitterには無料で使える分析ツールが多くあります。

Twitter自体もTwitterアナリティクスという分析ツールを用意していて、投稿の反応率や伸び率を分析できます。

場合によってはTwitter広告を使う

5つ目は場合によってはTwitter広告を使うことです。

やはり無料でアカウントを伸ばすには多くの時間がかかります。

もっと早くアカウントを伸ばしたいためには、Twitter広告を使うことで多くの方にリーチできるでしょう。

クリニックのTwitter運用例5選

ここでは、クリニックのTwitter運用例を5つ紹介します。

  • 西真岡こどもクリニック
  • かまやち正@かまやち内科クリニック
  • やまもと歯科クリニック
  • 山林歯科
  • 笠間歯科クリニック

1つずつ解説します。

西真岡こどもクリニック

1つ目は西真岡こどもクリニックです。

フォロワーが1.7万人もいるアカウントであり、非常に参考になるアカウントだといえるでしょう。

小児科のため、小さなお子様に役立つための情報だけでなく、社会的な情勢に関する投稿も見られます。

毎日投稿をしているため、とても有益なアカウントとなっています。

アカウントを見てみる

かまやち正@かまやち内科クリニック

2つ目はかまやち正@かまやち内科クリニックです。

クリニック自体のPRよりもかまやち院長の個人的な投稿が多めです。

4.2万人フォロー、3.5万フォロワーからわかるように、積極的にさまざまな方をフォローすることで、フォロワーを伸ばす方法もあることがわかるでしょう。

アカウントを見てみる

やまもと歯科クリニック

3つ目はやまもと歯科クリニックです。

かまやち正@かまやち内科クリニックと同じく、日常的なツイートが多めです。

しかし、歯科医院ならではの投稿内容も見受けられるため、1400名を超えるフォロワーを獲得できています。

アカウントを見てみる

山林歯科

4つ目は山林歯科です。

以前はブログの告知をしたりお知らせを投稿したりしてフォロワーを獲得していました。

最近は投稿数が激減してしまっているのですが、以前の投稿内容は参考になる部分があるため、おすすめアカウントに選ばせていただきました。

アカウントを見てみる

かさま歯科クリニック

5つ目はかさま歯科クリニックです。

8000フォロワーを超えているため、影響力の高いアカウントだといえます。

日常がわかるツイートが多くなされているため、親しみを持てるアカウントとなっています。

ぜひ参考にしてみましょう。

アカウントを見てみる

まとめ:効率的にTwitterを運用し集患につなげよう

今回は、クリニックでのTwitter運用について解説しました。

Twitterは効率的に運用することで、認知度の拡大に大きく寄与できます。

しかも無料で利用でき、140字の手軽な投稿で十分なので、参入しやすい媒体だといえるでしょう。

ぜひ今回の内容を参考にして、Twitterを使ってみましょう。