東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

老人性膣炎の解説

老人性膣炎

原因
更年期に入ると女性ホルモンの分泌が減ってくるが、それにともない、膣の自浄作用が低下し、細菌が感染しやすくなっておこる。
症状
血液の混じった膿を含んだおりものが増加する。外陰部が赤くただれることもある。
治療
癌でないことを確かめたのち、女性ホルモンや抗菌薬をで治療をおこなう。
受診科目
婦人科

『老人性膣炎』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

閉経期にエストロゲンが減少すると、腟内のグリコーゲン産生の低下に伴い、デーデルライン桿菌が減少して自浄作用が低下し、細菌感染が起こりやすくなります。このようにエストロゲンの欠乏に伴う腟炎を、老人性腟炎または萎縮性腟炎(いしゅくせいちつえん)と呼びます。

出典:老人性腟炎とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

細菌感染により、腟分泌物は黄色調でやや膿性で、悪臭を伴うこともあります。腟壁からの微少出血が起こりやすくなり、性器出血を認めることもあります。小陰唇(しょういんしん)や陰核(いんかく)周囲の不快感、排尿困難や尿失禁、尿道カルンケルなどを合併することもあります。 また、腟壁からの潤滑液の減少により、性交痛が起こります。性交痛には身体的、心理的両面の要素がみられ、これらが互いに原因と結果となって、次第に性生活を遠ざけてしまうことがあります。

出典:老人性腟炎とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

原因の根本はエストロゲンの欠乏によるものであり、エストロゲンの補充が治療の第一選択になります。 局所の病変に対しては、エストリオール(エストリール、ホーリンV)腟錠が最もよく使われます。このほか、エストリオールの内服薬もあり、更年期障害、骨量減少なども伴う場合は、結合型エストロゲン(プレマリン)やエストラジオール(エストラーナ)を用いることもあります。性交痛に対しては潤滑ゼリー(リューブゼリー)の併用も効果的です。 細菌感染を合併している場合は抗生剤を併用したり、外陰炎に対して副腎皮質ステロイド薬や抗ヒスタミン薬の軟膏を併用したりすることもあります。

出典:老人性腟炎とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

楠原ウィメンズクリニック

中央区/銀座/銀座駅

●婦人科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート