東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

膣がんの解説

膣がん

原因
膣の上部3分の1に多く発生する癌で、卵管がんと同様に女性の癌のなかではきわめて発生率の低いもの。
症状
早期は無症状。進行すると不性器出血が現われたり、排尿痛、性交痛などをともなうこともある。
治療
癌の出来た場所によって治療法は異なる。子宮頸部に近いところに発生したものには、摘出手術と抗がん剤が用いられ、外陰部に近いものは、腫瘍は周囲のリンパ節を広範囲に摘出する。
受診科目
婦人科

『膣がん』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

腟がんは女性のがんのうちでも大変まれな疾患で、その頻度は女性生殖器がんの約1%を占めるにすぎません。腟がんの主な組織型としては、扁平(へんぺい)上皮がんと腺がんの2種類があります。この他まれではありますが、原発性腟がんとして悪性黒色腫、肉腫、小細胞がんの報告もあります。

出典:腟がん 基礎知識:[がん情報サービス]

腟がんの兆候として最も多い症状は、月経周期とは無関係の、または閉経後の出血やおりもの(帯下)ですが、他にも性交中の痛み、下腹部(骨盤領域)の痛み、排尿時の痛み、腟内のしこり、便秘などがあります。しかし、腟がんでは、初期症状がみられないことが多く、子宮頸がんの検診や他の理由で行われる内診や細胞診(パパニコロウ試験)で異常な細胞やがん化した細胞が発見されることがあります。また、上記の症状は、腟がんに特有なものではなく、別の疾患が原因となっている場合も多くあります。上記のような症状がある場合には、早めに婦人科を受診してください。

出典:腟がん 基礎知識:[がん情報サービス]

腟がんの治療には、手術(外科治療)、放射線治療、抗がん剤による化学療法があります。治療方法は、がんの病期(ステージ)や組織型、年齢、全身状態など、患者さんのそれぞれの病状に応じて選択されます。

出典:腟がん 基礎知識:[がん情報サービス]

対応可能クリニック

581件中1~20件を表示

楠原ウィメンズクリニック

中央区/銀座/銀座駅

●婦人科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/30 30
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート