東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

中田 亮 院長/とねり内科(舎人駅・内科)の院長紹介ページ

中田 亮 院長

RYO NAKATA

専門性を活かし地域のお困りの方に寄り添う診療を提供したい

千葉大学医学部卒業後、日本赤十字社医療センター循環器内科、東京大学医学部附属病院循環器内科、日本橋かきがら町クリニックでの診療経験を経て、2018年、舎人駅近くのクリニックステーション舎人内にとねり内科を開院。

中田 亮 院長

中田 亮 院長

とねり内科

足立区/舎人/舎人駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●糖尿病内科

医師になる夢を叶え、循環器内科医として身近な存在でありたい

中田 亮 院長

整形外科医の父が愛読していたニュートンという科学雑誌に影響をうけて、小さい頃から生命科学や物理科学に興味を抱いていました。大学へ進学する時期になり、科学者として世の中に役立つ研究をして欲しいという父の期待もあり、工学部に進み物理工学の勉強をしていましたが、医師としての仕事・人体の仕組みや医学への興味が募り、消化器内科医の叔父の出身校である千葉大学医学部に再入学しました。専攻科目について、「治療する」ことを主体とする外科に進むべきか最後まで悩みましたが、総合診療科の生坂教授の指導を受け、内科の「病名を探り診断をする」という難しい作業にやりがいを感じ自分の性格に合っていると思いました。大学卒業後、渋谷の日本赤十字社医療センターで内科研修医として2年間経験を積む中で、外科的な要素と内科的な要素を含む、循環器内科医としての道を歩む決意をしました。その後同病院で3年間循環器の専門研修を行い、大学時代にお世話になった小室教授がいらっしゃる東京大学医学部附属病院へ移り、循環器内科で臨床と研究を続けました。一方、日本橋かきがら町クリニックなどで内科の一般外来や訪問診療にあたりました。それらの経験の中で、より患者さんにとって身近な存在で何でも相談できる医師である方が自分らしく仕事を続けられると感じ、専門の知識を活かし地域の患者さんのお役に立ちたいと思い、2018年9月に舎人駅近くにとねり内科を開院しました。足立区は糖尿病・高血圧などの心臓病の元になる動脈硬化性疾患や生活習慣病の方が多い地域でありながら専門の医師が少ないというデータがあり、心臓病予防の医療提供がしたいと思ったことと、日暮里・舎人ライナーが開通し利便性も良く、緑も多く落ち着いた環境がとても気に入り、クリニックステーション舎人での開院に至りました。

生活習慣病の疑いのある症状は放置せずに早めの受診を

中田 亮 院長

当院では、内科をはじめ、生活習慣病で来られる方が多く、糖尿病・高血圧・高脂血症・心臓病など循環器系の疾患をお持ちの方にお越し頂いています。生活習慣病だけでなく、心臓の専門医療を必要としている方が予想以上に多く、循環器系の疾患は今後も増加すると思われるので、自分の専門性を活かした診療ができると感じています。心臓病は意外と身近な病気で、心筋梗塞・弁膜症・心不全で亡くなる方が多くいらっしゃいます。当院では最新の超音波機器や24時間データをとることが可能なホルター心電図などの機器を導入しており、年齢に関わらず胸が痛い・動悸がする・足がむくむなど症状がある方は循環器の専門医が診察致しますので気軽にお越し頂きたいと思います。その他には、健康診断や予防接種、禁煙外来、睡眠時無呼吸外来、小学生以上のお子様への小児診療もおこなっております。

地域の「かかりつけ医」として医療貢献したい

中田 亮 院長

当院があるクリニックステーション舎人には、内科の他に眼科・整形外科があり、医療モール内で素早く連携がとれる為、様々な病気をお持ちの方でもモール内で医療が完結するのが特徴です。ご年配の方だけでなく、お子様の急な体調の変化や、季節的な疾患にも対応しておりますので、幅広い年齢層の方の「かかりつけ医」としてありたいと思います。お一人お一人に対して、丁寧に真心をこめて診察をすることで、地域の方が健康で安心できる生活を長く維持できるようにすることが、自分の役割だと思っております。そのような気持ちで患者さんと向き合うことで、より多くの方にご支持頂けることを願っています。患者さんから勉強させてもらうことも多く、これからも真摯に受け止めて励みたいと思います。

小さな可能性を見極め、病気を見逃さないこと

以前、動脈硬化の検査でお越し頂いた患者さんと世間話をする中で、「朝だけ咳が出るので数か月風邪薬を飲んでいるが一向に良くならない」という症状を伺い、肺がんの症状の疑いがあるのではと感じ、すぐに診察と検査を進めたところ、早期の肺がんにかかっていたことが分かったという事がありました。このように、患者さんとの何気ない会話の中にも病気が隠されている場合があります。症状を軽視せず、的確な判断をし、早期発見につなげることができ、患者さんにも喜んで頂きとても嬉しく感じました。患者さんの話をよく聞くことが、患者さんと向き合う中で最も大切なことだと思います。例えば狭心症といった心臓病の疾患は、患者さんの訴えを聞くことで、診断ができてしまうことがよくあります。検査の精度が上がり便利になっていますが、患者さんが訴えることに必ず病気のヒントが隠されているので、どんな訴えにも耳を傾け、小さな症状も見逃さないように心がけています。

これから受診される患者さんへ

遠くの病院へ通うことを負担に感じ、心臓の疾患をお持ちで、遠くの病院に通院され、長い診察の待ち時間を負担に感じていらっしゃる方にも気軽にお越し頂きやすいと思います。また、今まで病院やクリニックにかかられていて、相性の合うドクターがいない方、現在の治療に疑問を持っている方、病気に不安を抱えている方など、懇切丁寧に診察致しますので、是非一度お越し下さい。当院が地域の皆様にとって身近な存在に感じて頂けるよう努めてまいりたいと思います。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中田 亮 院長 MEMO

  • 出身地:鹿児島県
  • 趣味:登山、サーフィン
  • 好きな本:夏目漱石、ドストエフスキー
  • 好きな映画:『ニューシネマパラダイス』
  • 好きな言葉:泰然自若
  • 好きなミュージシャン:レディオヘッド、ケミカルブラザーズ、ボブ・マーリー、アルトン・エリス
  • 好きな場所:九十九里浜、上高地

グラフで見る『中田 亮 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION