東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

佐久間 暁美 院長/佐久間歯科医院 (護国寺駅・歯科)の院長紹介ページ

佐久間 暁美 院長

AKEMI SAKUMA

大病院との連携体制も万全に
オールマイティに診療

佐久間 暁美 院長

佐久間 暁美 院長

佐久間歯科医院 

文京区/音羽/護国寺駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

父、兄、姉の背中を見て育ち、何の迷いもなくこの世界に

佐久間 暁美 院長

子どもの頃から両親には「女性でも自立できるようになりなさい」と言われ育てられました。又、私には少し年の離れた兄と姉がいるのですが、私が小学生のときにはもう、二人とも医療の道を目指して邁進していましたので、その影響も大きかったように思います。ちなみに父も歯科医でしたので、結果的に父、兄、姉の背中を見て育つことになり、私自身この道に進むことに対して何の迷いもありませんでしたね。
大学卒業後は、約10年ほど、勤務医として経験を積みました。最初にお世話になったのは、同窓の先輩が開業されていた歯科医院で、住宅街という場所柄、主にファミリー層の患者様を診させていただきました。次に勤務したのは大手町にある歯科医院で、今度は一転、ビジネスパーソンの方が中心でした。勤務医時代に、こうしたタイプの異なる患者様の診療に携わることができたのは、私にとって大変貴重な経験となりました。
なお、大手町の歯科医院に勤務していた頃は、17時に診療が終わると、夜間は有楽町線の護国寺駅からすぐの場所にある歯科・小児歯科・歯科口腔外科・訪問歯科診療の佐久間歯科医院へ、父の手伝いに来るという「二足のわらじ」の生活を送っていました。一緒に働く中で、父からは色々なことを学びましたね。そんな父も18年ほど前に他界しまして、以来、私が院長職を引き継いで現在に至っています。

大病院との連携体制も万全に、オールマイティに何でも一通り診させいただく

佐久間 暁美 院長

最近は歯科の世界でも専門医の先生が増えていますが、私は当初から父の跡を継ぐことを考えていましたので、幅広い症状の患者様を診られるように、学生時代からオールマイティな歯科医を志向してまいりました。ですので当院におきましても、診療科を限定することなく、一般歯科、小児歯科、審美歯科、義歯、インプラントなど、何でも一通り診させていただいています。
また、幸いなことに良き先輩方にも恵まれて、今は大きな病院で高い役職に就いておられる方も多いので、たとえば当院では対応することの難しい症状等につきましては、その症状に相応しい先生や病院をご紹介させていただくといった連携体制も万全です。
その一方で私は、とある小学校で校医も務めているのですが、そこは私の母校であり、かつては同じく父も校医を務めていたという浅からぬ縁があります。そうしたこともあって、「その小学校の子ども(後輩)たちの歯の健康は、先輩である私が守る!」くらいの心意気で、校医としてのお仕事をさせていただいているんですよ(笑)。少なくとも彼ら彼女らが成人するまでは、歯の健康を守り続けてあげたいですね。

介護支援専門員の資格があり、訪問診療サービスも行っている

佐久間 暁美 院長

当院は、父の代から続く町の歯科医院。そのため、古くからお付き合いをさせていただいている患者様も大勢いらっしゃるわけですが、年齢を重ねますと、寝たきりや歩行困難のために通院ができなくなってしまうケースも珍しくありません。
「たかが歯の治療」と思われるかもしれませんが、体力が衰弱している方の場合、口の中の病原菌が肺に侵入して肺炎を引き起こしてしまう危険性もありますし、また歯周病は糖尿病を悪化させる原因にもなります。歯そのものの治療ももちろんなのですが、そうした歯の病気が体全体に悪影響を及ぼすといった事態をできる限り防ぎたく、通院が難しい患者様に対しましては「訪問診療」という形で診療をさせていただいています。
「訪問診療」というと、患者様の立場からしますと、ご自宅に医師を招くことに対して少なからず抵抗もあるかもしれませんが、幸い私の場合には、先ほども申しました通り、患者様とは長いお付き合いであること、そして私自身が介護支援専門員の資格も持っているということで、皆様には安心・信頼して訪問診療サービスをご利用いただいています。

説明を可視化し、理解度・納得度を高めた上で治療にとりかかる

どんなに慌ただしくても、患者様おひとりにつき最低でも30分は時間を割いて、丁寧に診療をさせていただくことを心がけています。「丁寧に」というのは、治療の場面だけでなく説明の場面でも同様で、たとえば治療に伴う長所はもとより短所につきましてもしっかりとご説明することで、患者様にご理解・ご納得いただいた上で治療に取りかかれるように努めています。
さらにリラックスした状態で受診していただく為の心づかいもいたしております。痛みが少ない様に電動麻酔器を使用したり、レーザーを使用して処置後の回復が速まる配慮なども事欠きません。
また最近では、予防の観点から歯をよく磨く人が増えていますが、しかし「歯を磨くこと」と「歯が磨けていること」はまったくの別物。そうした患者様に対して単純に「歯をきちんと磨きましょう!」と言っても、御本人は磨いていらっしゃるので、なかなか理解・納得していただくことはできません。そこで、測定の結果を数値(データ)で示したり、顕微鏡を使って実際に細菌を確認していただいたりと、説明を可視化することで、患者様の理解度・納得度を高めるような工夫もしています。

これから受診される患者さんへ

長くご無沙汰していた患者様が久しぶりにお見えになられて、「ずっと歯の調子が良かった」とお話されることがよくあるのですが、そう言っていただけると、「今までの治療が間違っていなかった」と、私自身もとても嬉しく、また励みにもなります。
ただし理想を言えば、どんなに調子が良くても、長期間空けることなく最低でも1年に1回は歯科医院に足を運んでいただきたいと思っています。「予防歯科」の考え方は、若い方にはだいぶ浸透してきていますが、その一方で古くからの年配の患者様の場合、調子が悪くなってから歯科医院に行くという考え方がまだまだ根強いのも事実。一口に「予防」と言っても、ご自宅でできるものから、歯科医院でないとできないものまで色々な「予防」がありますので、そのあたりの啓発にも今後努めていきたいと考えています。
また当院には、私が女医ということもあって女性の患者様が多く来院されるのですが、とりわけ更年期の方の場合、ご自身の体調不良にご両親の介護の問題なども加わって御負担の多い方が少なくありません。歯科治療を通じて、そうした患者様を直接的・間接的に支え、笑顔をとりもどすお手伝いができればと思っております。
文京区の歯周疾患検診および妊婦歯周疾患検診指定医療機関でもありますので、何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。地域の皆様とはこれからも、末長くお付き合いをさせていただけましたら幸いです。

※上記記事は2014.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

佐久間 暁美 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ドイツ語、ドイツ旅行、いけばな、スイーツ食べ比べ
  • 愛読書・本:推理小説(松本清張)、社会派小説(池井戸潤)、ビジネス書、啓発本
  • 好きな言葉・座右の銘:誠実、なせばなる、職業人の前に人であれ
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな場所・観光地:温泉(露天風呂)、中世の街並み(ドイツ)

グラフで見る『佐久間 暁美 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION