東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

松本 匡泰 院長/武蔵関エキナカ歯科(武蔵関駅・歯科)の院長紹介ページ

松本 匡泰 院長

TADAYASU MATSUMOTO

たくさんの人に良い治療を受けてもらいたい。地域が求める歯科医院を目指して

九州歯科大学卒業。同大学臨床研修医(口腔インプラント科)を経て、『医療法人慶愛優若松歯科』副院長を務める。『医療法人きぬた会八王子きぬた歯科』に勤務後、2019年に『武蔵関エキナカ歯科』を開院(西武新宿線「武蔵関駅」改札を出てすぐ)。

松本 匡泰 院長

松本 匡泰 院長

武蔵関エキナカ歯科

練馬区/関町北/武蔵関駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

不思議な縁に導かれ、武蔵関の地に

松本 匡泰 院長

私は高知県の室戸市で生まれました。当時、市内には歯科医院は2つしかなく、そのうちの1つが父の診療所だったのです。生来、細かいことを好んでいたこともあり、誰に勧められるでもなく、小学生の頃には父と同じ職業を目指そうと考えていたように思います。
大学卒業後は、母校の口腔インプラント科の研修医となり、その後、インプラント科のOBの先生のもとで修養を重ねました。東京へ出てきてからは、八王子にある『きぬた歯科』に場所を求めました。ご存知の方も多いかと思いますが、こちらはインプラントの症例数がとても多いクリニックで、そのインプラントを軸に多くの診療を手がけてまいりました。
『武蔵関エキナカ歯科』は2019年に開院いたしました。実は、ちょうど東京に出てきた頃、私はこの土地に降り立ったことがあったのです。開業地を決めてからしばらくしてそのことに気づいたのですが(笑)、今思えば、不思議な縁があったということかもしれませんね。

たくさんの人に「良い治療」を受けていただきたい

松本 匡泰 院長

学生の頃にボランティア活動をしていたことも影響しているかと思いますが、多くの人に「良い治療」を受けてもらいたいということが根本にあります。では、何を持って「良い治療」と言うのでしょう。様々な要素がありますけれど、1つにはレントゲンがあります。レントゲンの精度が高くなければ、虫歯の発見や歯周病の診断にも支障をきたすことがあります。当院では最新の歯科用CTレントゲン装置を導入し、診査・診断に役立てています。また「良い治療」を提供するには、衛生面も大切です。こちらでは、治療機器の滅菌に用いるオートクレーブを3台導入するとともに、歯科ユニット吸水管内の汚染を除去することを目的としたポセイドンシステムを導入しました。それから、細かいところでは、お顔にかぶせるタオルもおひとりおひとり交換しています。患者さんが安心して良い治療を受けるために必要な条件を整えるということ。これは、新しいクリニックだからこそ可能なことでもあります。私たちが率先して準備をしていくことにより、やがてそれが新しい時代の歯科医療の標準になっていけばうれしいですね。

ちょっとした疑問を口に出せる歯科医院に

松本 匡泰 院長

インプラント治療には相応の経験を積んできており、自負も持っておりますが、診療全般においてこだわっていきたいのが、患者さんの細やかなニーズにお応えするということ。例えば、歯の形や色です。歯の形は、お化粧に通じるものがあるんですね。頰にシャドウを入れて細く見えるようにするように、歯の形も見え方に配慮することで、お顔全体の印象が変わってくることがあります。それを可能にするにはセンスも問われますし、何より患者さんの希望をよく聞いていくことが大切です。歯の見栄えや長さには、それぞれ好みがあります。しかし、それが気になっていても言えないという方がほとんどではないでしょうか。それが私の場合、雰囲気からして言いやすいのかもしれませんが(笑)、さほど遠慮されることなく口に出していただけるような気がしています。気になることがあったら、何度でも、どんなことでも仰っていただいて、納得いく形で仕上げていけたらと思っています。

実は、前の勤務先である『きぬた歯科』では、当初、院長先生がどうしたらいいのか、と迷っていた時期もあったそうなんです。というのも、外科系は体育会系の先生が多いところで、私は雰囲気がそれとはちょっと異なると。これまでいなかったタイプの先生なので、未知数な点が多かったそうなんです。しかし、一緒にやっていくうちにそれらは杞憂のものだったことが徐々にわかってきたそうです。私は当時から、患者さんとじっくり何度でも話し合うスタイルの診療をおこなっていました。退職する際には、「私の知らないスタイルがまだあったんだね」というお言葉を頂戴しました。院長先生をはじめとして多くのスタッフの協力があって出来たことと思っていますが、患者さんととことん話し合っていくというスタイルをこれからも大事にしていきたいと思っています。

お口の中をきれいに保つニーズにも応えていきたい

当地で診療を始めてみますと、クリーニングやメンテナンス、ホワイトニングといったところの需要が多いと感じています。それを踏まえ、今後はよりメニューを充実させるとともに、できる限り費用を抑えて提供していきたいと考えています。
クリーニングにしても、昨今は自費診療と保険診療とに分けるところがあるそうです。例えば、当院でも取り入れている、歯の黄ばみや汚れを水の力で取り除くエアフローなどがそうでしょう。しかし、私としては、これを特別なものとする考えはありません。お口をきれいに保つことは、多くの人に共通する思い。その思いを、どなたも気軽にアクセスできるクリニックでありたいと思うのです。

これから受診される患者さんへ

様々な思いを抱かれ、いくつかの医院を転々と回られる方がおられます。しかし、よくよく聞いてみれば、それはちょっとした行き違いから生じていることも多いのです。当院では、じっくりじっくりお話を伺い、そうした方々のニーズにも応えていきたいと考えています。
“エキナカ”の診療所として、お仕事帰りの方やご近所にお住まいの方に便利にご利用いただけるクリニックを目指してまいります。地域の方々に求められる歯医者さんでありたいと思っていますので、お口のことで何か気になることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2019年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

松本 匡泰 院長 MEMO

  • 出身地:高知県
  • 趣味・特技:お菓子作り、ジムワーク、テニス
  • 好きな本:栗原はるみさんの著書
  • 好きな映画:ジブリ作品/『ショコラ』(2000年・米)
  • 座右の銘:「誠心誠意」
  • 好きな観光地:台湾

グラフで見る『松本 匡泰 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION