東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

佐野 徳太郎 院長/三茶歯科(三軒茶屋駅・歯科)の院長紹介ページ

佐野 徳太郎 院長

TOKUTARO SANO

こだわりの設備と高度な治療技術
治療も患者さんへの対応も常に「プラスワン」がモットー

鶴見大学歯学部卒業後、愛知学院大学で研修。大阪、渋谷のクリニックでの勤務を経て、2018年、三軒茶屋に三茶歯科を開院(東急田園都市線・東急世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩2分)。

佐野 徳太郎 院長

佐野 徳太郎 院長

三茶歯科

世田谷区/三軒茶屋/三軒茶屋駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

子どもの頃から祖父や父の背中を見て歯科医師の世界へ

佐野 徳太郎 院長

私の家は祖父も父も歯科医師として開業しており、私も物ごころがつく時にはもう歯科医師になることを考えていました。父や祖父から受けた影響は大きいと思います。鶴見大学歯学部を卒業した後は一旦地元に戻り、愛知学院大学で研修を受けました。その後大阪での勤務を経て、渋谷のクリニックへと移り、2018年、世田谷区三軒茶屋で三茶歯科を開院致しました(東急田園都市線・東急世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩2分)。横浜、名古屋と来て、どうせなら大阪にも(笑)と色々なクリニックで臨床経験を積みましたが、違った地域で診療できたこともいい経験になっていると思います。開院の場所に三軒茶屋を選んだのは、5~6年前から住んでおりなじみがあるためです。都心に近いのだけど下町風情が残っている街が好きです。渋谷のクリニックでは、主に若い方や働いている世代の患者さんが中心でしたが、この辺りは住宅街が多いこともあり、幅広い世代の方がいらっしゃいます。

こだわりの設備で義歯やインプラントなど高度な医療を提供

佐野 徳太郎 院長

勤務医時代には虫歯、歯周病はもちろん、補綴からインプラント治療まで幅広く臨床経験を積みました。特に渋谷のクリニックでは、総義歯学では知らない人がいないと言われる先生から、10年間、高度な義歯治療を学びました。お子さんの虫歯治療から親知らずの抜歯、難易度の高いインプラント治療まで、ほとんどの歯のトラブルには対処できます。歯が無くなってしまった方に対しては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどその方に最適な方法をご提案が可能です。骨がないからインプラント治療ができないと断られた方でも、人工骨やご自身の骨を使用して問題なく治療する事ができますよ。昔作った被せ物の作り直しや、セカンドオピニオンもお受けしています。内装・外装とも一からデザインしたんですが、院内でイメージしたのは西海岸のテイストです。歯科医院であることを感じさせないインテリアにしました。バリアフリーエレベーターも完備していますので、ベビーカーや車いすでのご来院も可能です。お子さん連れでもご来院いただけるよう、院内にはキッズスペースを用意しています。設備にもこだわり、正確な診断が可能なデジタルレントゲンを完備、画像を大型モニターに映してどなたにも分かりやすく丁寧なご説明を心がけています。安心して治療を受けていただけるよう、個室や半個室の治療室をご用意しているほか、器具は患者さんごとに滅菌したものを使用しています。また、口臭を気になさる方が多いと考え、クリニックでは珍しい口臭測定器を導入しています。開院前の内覧会で、サービスの一環として口臭測定とホワイトニングの体験をおこなったんですが、とてもご好評をいただいたんですよ。
治療全般で心がけているのは「なるべく歯を残す治療」「極力痛みの少ない治療」「歯を守る予防とブラッシングの指導」です。歯科医師、衛生士、技工士、院内スタッフががそれぞれの専門性を活かし、より安全で確実な医療をご提供したいと考えています。

常に「プラスワン」の理念に基づいて

佐野 徳太郎 院長

来院される方の気持ちや要望に応えたい、そのために当院が掲げている理念が「プラスワン」。現状に満足せず常により良い「もの」や「こと」を作り続け提供していこう、というのが当院の治療に対する姿勢です。歯科治療は次々と新しいものが生み出されています。治療内容も必要に応じて新しいものを取り入れ、従来の治療法とは違う何かを加えていきたいなと考えています。私が新しいものが好きという性格もあるのかもしれませんね。施設や設備、患者さんへの接客・接遇などもよりプラスワンを追い求め、レベルの高いものにしていきたいです。
例えば、痛みの軽減に関しては麻酔液の温度に気を付け電動麻酔を使用するほか表面麻酔もおこない、それでも恐怖心のある方には静脈内鎮静法をご用意しています。インプラント関係では、治療後の傷の治りや痛みを更に軽減する方法はないかと考え、血液分離器を導入しています。これは患者さんご自身の血液から成長因子というものを取りだし、傷口に使うことで治癒を効果的に促進する方法です。従来の方法だけにこだわらず、常にプラスワンで患者さんにできることを考えていきたいと思います。

「見る」ことにこだわった診療

開院まで勤務医として各地で治療していて感じたのは、残念ながら今までの治療がしっかりできていないケースがあるということです。たとえば、詰め物や被せ物が上手く合ってないものも非常に多く、結果としてむし歯や歯周病になってしまうんです。それは結局、肉眼だけでやっていて見えていないことが原因です。歯の世界はミクロですから、見えないと違いに気付かないんですね。
そのために当院では「見る」ということにこだわって、さまざまな機器を導入しています。お口の骨をさまざまな角度から検証する歯科用CT。歯周病菌などお口の中の細菌を検査する位相差顕微鏡そして治療ではルーペを装着し、根管の深い所まで見ることができるマイクロスコープを使用しています。機器精密な検査・治療をおこないますが、同時に撮影した画像は大型モニターに映し、患者さんとも共有しながらご説明に活かします。ご自分のお口を実際に見ることで安心して治療を受けていただきたいですね。

これから受診される患者さんへ

なるべくリラックスしていただけるよう院内の内装にはこだわりましたが、患者さんとの接し方にも日々工夫をしています。例えばお子さんであれば白衣を怖がることが多いので治療の前にはスクラブに着替え、なるべく歯医者らしくない接し方をするようにしています。2018年に開院したばかりですが、この地域の方は歯に対する意識が高いのか、歯の衛生状態も良い方が多いです。お子さんの虫歯も少ないですね。より多くの患者さんに来ていただけるよう、医師スタッフ一同高いレベルでのチーム医療を提供していこうと思います。できれば痛みが出る前、悪化する前に定期検診で早期発見、早期治療をしていただきたいですね。当院は三軒茶屋駅から徒歩2分。土日も診療しています。どんな治療にも対応致しますので、お口や歯のことでお困りのことがあればご相談ください。

※上記記事は2018年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐野 徳太郎 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味:バイク
  • 好きな本:歯科専門書
  • 好きな映画:オーシャンズ
  • 座右の銘:プラスワン
  • 好きな音楽:HIP-HOP
  • 好きな場所:海

グラフで見る『佐野 徳太郎 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION