東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

鈴木 健太郎 院長/すずき歯科診療所(西馬込駅・歯科)の院長紹介ページ

鈴木 健太郎 院長

KENTARO SUZUKI

お子さんからお年寄りまで診療できるオールマイティーなホームドクターを目指す。

日本歯科大学を卒業後、三鷹と横浜の2ヶ所に医院を持つ医療法人に勤務し経験を積む。その後、西馬込駅そばに開業。

鈴木 健太郎 院長

鈴木 健太郎 院長

すずき歯科診療所

大田区/南馬込/西馬込駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

下町の雰囲気が残る西馬込に、開業を決意。

鈴木 健太郎 院長

私は曾祖父から数えて4代目の歯科医師ということになります。開業していた父の病院に遊びに行くことの多かった幼少期。患者さんに頼られている父の姿を間近で見て育った私は、物心がつくころには、尊敬する父のような歯科医師を目指していきたいと思うようになっていました。
日本歯科大学を卒業後は都内2軒の歯科医院を間にはさみ、三鷹と横浜の2ヶ所に医院を持つ医療法人に勤務しました。同じ法人でありながら、その2つは両極端な性格を持っていました。かたや、三鷹の住宅街に位置し、地域の人々を診る歯科医院。もう1つは、横浜のランドマークタワーの中にある、オフィスで働く人達を中心に診ていくクリニック。当然、患者さんの求めるものは違ってくるわけですが、両方を比べたとき、私は、小さな子供から、おじいちゃん、おばあちゃんまでを診ていくほうが好きだと感じました。
『すずき歯科診療所』をこの地に構えたのは、そうした体験があってのことなのです。また、この辺りは下町の雰囲気が残っていて、その点にも好感を抱きました(都営地下鉄浅草線・西馬込駅より徒歩2分)。
院内は白を基調とし、そこにダークブラウンを加え、落ち着いた雰囲気になるようデザインしています。白にこだわったのは、ずばり清潔感です。白ですと、汚れがついたとしても、すぐに気づきますからね。少し旧い考え方かもしれませんが(笑)、医療機関として求められることを第一に考えた結果になります。

この地域を愛する院長が掲げる診療方針とは?

鈴木 健太郎 院長

患者さんとともに年齢を重ねていけるような歯医者さん、です。そのためにも、お子さんの治療から、若い世代の親知らずの抜歯や予防歯科、親御さん世代の審美や歯周病治療、おじいさん、おばあさんの入れ歯治療まで、何か1つに特化するのではなく、オールマイティーな診療に対応しています。
私がオールマイティーな治療を志向するのは、患者さん1人ひとりをとことんまで診ていきたいという想いもあるからです。いくら専門的な治療を受けられるとはいえ、症状ごとに歯科医院が変わってしまうのでは困りもの。その度に最初から信頼関係を築いていくのは負担でもあり、不安も大きなものなります。私が患者さんの立場になったと考えても、できるだけ、1つところで診てもらいたいと思うのです。
当院では、歯科用CTを導入しています。やはり、レントゲンの2次元画像と、3次元の画像では状況の確認に大きな差異が生まれます。たとえば、親知らずの抜歯がそうです。神経に近い場所はレントゲンではどうしてもわかりづらいケースが出てきますが、CTならば、より安全に、そして確実に処置をおこなうことが可能になります。
より広範なオールマイティーな歯科治療を実現すべく、技術も知識も、そして設備も万全な体制を整えていきたいと考えています。

全ての診療を院長が担当。治療のクオリティを守る。

鈴木 健太郎 院長

当院では、1人ひとりの患者さんに誠実に向き合い、責任を持って治療をしていきたいという想いから、すべての診療を私が担当しています。技術力や考え方の異なる歯科医師が代わる代わる治療をするのでは、患者さんとの意思疎通も不十分なものとなり、結果としてご満足いただける治療を提供するのは非常に難しいことだと思われます。カルテはあるにしても、より細かなところ、その人を理解して治療をおこなえるのは、継続あってこそだと思うのです。
今後、診療所が大きくなっていけば、私以外の複数の歯科医師が治療を担当することもあるやもしれません。しかし、仮にそうなった場合においても、1人の歯科医師が主治医としてきちんと診ていくというスタイルを継続していき、患者さんとの信頼関係を大切にしていきたいと思っています。

患者様のニーズにお応えできる歯科医でありたい。

金属を使わない、いわゆるメタルフリー治療を望まれる方が増えてきてるように思います。金属を用いないことのメリットの第一は、審美面にあります。そして、可能性としてあるのが、金属アレルギーの懸念です。女性の場合、ネックレスをつけられた際にアレルギーが出る方もいらっしゃいますので、そうしたケースでは、オールセラミックスの治療をご提案しています。
人により、求めるものは様々です。そのニーズに応えられるよう。研鑽を続け、より良い治療を患者さんに還元していければと思っています。

これから受診される患者さんへ。

どうぞ定期検診を受ける習慣を身に付けてください。当院では、3ヶ月か4ヶ月に1度という頻度で来院されている方がずいぶん増えてきました。仮に虫歯が見つかったとしても、早い段階であれば治療は小規模で済み、治療期間も短いものになります。
どんなに治療が進化しようとも、自分の歯に勝るものはありません。そのためにも、定期的に検診を受けて、少しでも長く、自分の歯で美味しい食事を楽しんでいただきたいというのが、私の希望になります。そのお役に少しでも立つべく、地域に根差した、安心して頼っていただける歯科医院でありたいと思っています。

※上記記事は2015年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

鈴木 健太郎 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ダーツ&ビリヤード
  • 好きな本:ジョン・グリシャムの作品
  • 好きな映画:評決のとき
  • 好きな言葉:ありがとう
  • 好きな音楽:R&B
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:静岡/ハワイ

グラフで見る『鈴木 健太郎 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION