東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長/目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科(目白駅・歯科)の院長紹介ページ

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長

KOUZABUROU FUJISAWA & MASATO FUJISAWA

エビデンスのしっかりとした
ワールドスタンダードな予防歯科に取り組む

『目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科』は、2012年に開院。

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長

目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科

新宿区/下落合/目白駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

【藤澤 將人 副院長】世襲制のようなイメージと矯正治療を施してもらった経験から歯科医に

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長

【藤澤 將人 副院長】
そもそものこととして、私の家は父が院長(藤澤幸三郎 院長)なものですから、言ってみれば世襲制のようなイメージを小さい頃より持っていたような気がしています。それに加えて、私は中学から高校に掛けて、院長に矯正治療を施してもらった経験がありました。当時は単純に歯並びが良くなることの喜びというものがあったものですから、自分自身がこれを多くの人に為していきたいと思ったのも事実ですね。
日本歯科大学を卒業後、同付属病院の矯正歯科へと入局しました。父は昔から矯正治療と一般歯科診療を並行しておこなっていました。私としても、両方が満足におこなえてこその歯医者、という意識があったからこそ、最初に矯正の門を叩いたのです。その流れを受けてのことになりますが、大学病院勤務時代は、先輩の歯科医院で一般歯科の治療もおこなっていました。この時期にはありとあらゆる勉強会に参加していて、自分のスタイルを確固たるものとするに非常に重要な時であったと思っています。
【藤澤 幸三郎院長】
『目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科』は、2012年にこの地(JR山手線・目白駅から徒歩6分)で開院を迎えました。こちらは、もともと文京区白山で36年間診療をおこなってきたものを移転した形です。歯科大学で研究、臨床をしていた歯科医師の息子と2人体制でのスタートを、長く生活している地元できることが出来ました。幸いにも以前の患者様も多くの方が変わらずいらしてくれています。
予防歯科を中心とし、住まう方の健康を底上げしていけたらと考えています。

まず検査をしっかりとし、ご自分のリスクをしっかりと認識することから

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長

【藤澤 將人 副院長】
エビデンスのしっかりとした、ワールドスタンダードな予防歯科に取り組んでいきたいです。まず来院いただくと、口腔内の写真とレントゲン写真を決められたスケールで撮影していきます。その次に、歯肉の腫れや歯周病の進行度を測る歯周検査。それから今度は、虫歯の菌が唾液の中にどれくらい入っているのかを検査していく。急性症状がある場合には応急処置をおこなうことになりますが、基本的には検査がまずあり、クリーニングをおこなった上で初めて具体的な治療に取りかかるということになってきます。
なぜ虫歯になってしまったのかというと、そこには必ずリスクファクターが存在するわけです。そのリスクを除去しない限り、虫歯治療をおこなったところでまた繰り返しになってしまう。だらこそ、患者さんに自分のリスクをしっかり認識していただくところからスタートするのです。
そもそも、虫歯になりにくい歯とは、何も治療を施されてない歯です。1回でも治療がおこなわれ、たとえば詰め物があると、そこには段差=マイクロギャップが必ず生じてきます。そのギャップは、歯ぎしりや食いしばりによってさらに助長され、そこに細菌が感染して虫歯はおこるのです。
治療をおこなえばおこなうほど、虫歯になりやすく、その進行も早くなる。患者さんの側でその認識を持っていただくことが、治療の第一歩という位置づけになるのです。

共通の規格を用いて必要最低限の検査をおこなう

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長

【藤澤 將人 副院長】
とにかく、検査をしさえすれば良いというものではありません。クリニックでは共通の規格を用いて資料を残し、その結果として必要最低限の検査をおこなうこととしています。規格が決まっているということは、後になって比較が容易だということを意味します。つまりは、目で見て、はっきりとわかるということ。紙にいくら書いたところで、写真には敵いません(笑)。どの部分が、どのくらいの深さで、どういう色をしていたのか。同じスケールで比較が可能だからそ、なし得ることなのです。
目で見てわかることが、患者さんの理解を深めることにつながってきます。そして、患者さんご自身の歯を守ることにつながっていくのです。

選択肢の多様さを生む矯正治療

【藤澤 將人 副院長】
治療の選択肢の1つとして、そして、健康増進のために。やはり歯並びが整っておらず、磨きにくければ虫歯になる可能性は高いわけですし、矯正治療はそのために存在すると言っていいでしょう。もちろん、若い女性で歯並びが極端に良くないケースでは、そのことがコンプレックスになることもあるので、心の健康のために歯並びを改善して差し上げることも重要です。つまりは、決して見た目を優先した、審美目的の矯正ではないということですね。
もう1つ、一般歯科治療と組み合せることで、矯正治療が大きな役割を果たすことがあります。歯並びを整えることで被せ物等をより精緻なものとしたり、あるいは、手の施しようのない歯を抜歯し、健康な歯だけで歯並びを整えるといったことも可能となります。選択肢の多様さを生むのが、矯正治療ということですね。

これから受診される患者さんへ

【藤澤 幸三郎 院長】
1984年にワシントン大学のセミナーに参加した際、欧米では虫歯も歯周病も稀な病気であるということを知りました。以来、日本における現状を変えたいと願い、これまで努力を重ねてきたということになります。
息子と2人体制となり、予防歯科を含めた知識や意識を共有し、また継承してもらうことが可能となりました。息子ともども、末永く患者さんのお口の健康に役立つ診療を手掛けていければと思っています。
【藤澤 將人 副院長】
虫歯は、”治せない”のです。治療はおこないますが、それで元の通りになるわけではありません。入れ歯やインプラントにしても、あくまでもなくなってしまった歯の補填でしかないのです。歯医者は、悪くなってしまった歯を治療することに存在意義があるのではありません。悪くならないよう、きれいな状態を保つために歯医者が存在することを、皆さんにもご認識いただきたいと思います。
そのためにも、エビデンスに基づいた検査・分析を受け、自分に合ったメンテナンスを学ぶ機会をお持ちください。その後は、定期的な検診が不可欠となります。これは美容室に行かれるのと一緒で、良い状態を維持するために通うものとお考えいただければと思います。
歯を失ってしまってからでは遅い。後悔されることがないように人生を過ごしていただきたいと思いますし、私どもはその一助となり得るべく、サポートをしていきたいと思っています。

※上記記事は2015.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長 MEMO

  • 趣味:[院長]岩手県盛岡市  [副院長]東京都
  • 趣味・特技:[院長]スキー・水上スキー・アイスホッケー  [副院長]ボルダリング、サックス演奏、トライアスロン、少林寺拳法
  • 愛読書:[院長]浅田次郎「壬生義士伝」  [副院長]Tarzan
  • 好きな映画:[院長]「スラップショット」  [副院長]バック・トゥー・ザ・フューチャー、ターミネーター2、ジャッキー・チェン主演作品
  • 好きな言葉:[院長]無事これ名馬  [副院長]やらなきゃいけないことは絶対やる。やらなくていいことは、やらない。でもやらなきゃいけないことは、常に変わる。
  • 好きな音楽:[院長]JAZZ  [副院長]ジャズ、ハードロック、ヘビーメタル
  • 好きな場所:[院長]温泉  [副院長]ディズニーシー

グラフで見る『藤澤 幸三郎 院長 & 藤澤 將人 副院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION