東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

水川 悟 院長/北綾瀬歯科クリニック(北綾瀬駅・歯科)の院長紹介ページ

水川 悟 院長

SATORU MIZUKAWA

全ての治療にマイクロスコープを使用。正確な診断で原因を解明し、解消へ導く。

日本歯科大学卒業後、補綴学教室第一講座に入局し研鑽を積む。2001年、北綾瀬駅近くに開業。

水川 悟 院長

水川 悟 院長

北綾瀬歯科クリニック

足立区/東和/北綾瀬駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

地域の皆様のお口の健康に寄与していきたい。

水川 悟 院長

父が歯科医師で、祖父が小児科医だったものですから、物心つくころには、医療系に進むことを考えていました。私が小さい頃は、実家の右と左、隣り合わせに歯科と小児科があったのです。今はそちらは歯科のみ(『水川歯科医院』)となっていて、私もクリニックの休診日に出向き、診療をおこなっています。
大学を卒業した私は、日本歯科大学補綴学教室第一講座に入局しました。補てつとは、すべてを扱う分野であり、歯科で言えば内科のようなもの。内科は一通りすべてを診て、その上で必要があれば専門科に廻していきますよね。歯科における補てつもそのような意味合いがあり、今に続く、診療の質と幅の根本をそちらで学ぶことができました。
『北綾瀬歯科クリニック』は、2001年に開院いたしました。これまで培ってきた経験と知識を駆使し、地域の皆様のお口の健康に寄与していければと思っています(東京メトロ千代田線・北綾瀬駅より徒歩7分)。

マイクロスコープに特化したクリニック。

水川 悟 院長

足立区で最初にマイクロスコープを導入したクリニックとして、いわゆる顕微鏡歯科治療を軸に診療をおこなっています。
マイクロスコープは根の治療にも用いますが、当クリニックではすべての治療に使用しています。かぶせ物を削るときも、コンポジットレジンを詰めるときも、仮歯の調整もそう。すべて、マイクロスコープを見ながら診療を進めていくのです。
マイクロスコープの利点は、まず、「見えないものが見える」ことにあります。千円札を例にしましょう。お札の裏側、右上に桜の花びらが3つ描かれていますが、そこに非常に小さな文字で、「ニ」「ホ」「ン」と順に書かれています。人間の目はあやふやなもので、認識できないものは、点や模様としか捉えることができません。マイクロスコープは、肉眼で、あるいは拡大鏡でも識別できないものを“見る”ことができるわけです。
当然、見えるということは細かい作業を可能にします。無論、対象が小さくなればなるほど難易度は増しますので相応の訓練が必要になりますが、見えるからこそ、精密で繊細な治療が可能になるのです。
もう1つ、マイクロスコープの優れた点は、そのプレゼンテーション力にあります。患者さんは、私がマイクロスコープで見ている画像とほぼ同じものを実際にご覧いただけます。これまでの歯科治療は、「何をされているのかわからない」といったイメージが強かったのではないでしょうか。「虫歯だから削りますよ」と言われ、「本当なの?」という思いを抱かれた方も少なくないと思われます。患部を拡大し、かつ明るくしてご覧いただくことで、そうした疑問は氷解します。当クリニックでは、“されるがまま”の治療から、患者さんに心から納得していただける治療を提供していきます。

保険診療と自費診療、その方に一番適した治療法を。

水川 悟 院長

おそらくほとんどの方は、保険治療で「良い治療」が受けられるとお考えなのではないでしょうか。しかし、保険治療は時間的な制約もあり、できることは限られてしまうというのが実情です。たとえば根っこの治療の場合、日本の保険治療に比べて海外では、数倍から十数倍の費用が掛かります。これは単にシステムの問題ではなく、しっかりとした治療をするには、相応のコストが掛かるということなのです。
もちろん、当院は保険治療が中心であり、その範囲の中でできる限りのことをさせていただいています。その上で、より良い治療を求める方の声に応えるべく、自由診療を提供しています。

地域密着型のホームドクターを目指して。

地域に密着したクリニックを目指してきたこともあり、ほとんどの方がご家族でお見えになっています。昼間におばあちゃんがいらして、午後にはお子さんが、そして土曜日にはお父さんが、といった光景は珍しくありません。中でも、子供の患者さんは非常に多いですね。
ここでは、泣いてしまう子はほとんどいません。知らない方が見るとびっくりされるのですけども、子供が自分からユニットに座り、口を開けて私を待ってくれています(笑)。特にノウハウがあるわけではないのですが、心掛けていることしては、痛いことをしないこと、そして、正直であることです。
子供ってわからないものは怖がりますが、経験したこと、すでにわかっていることには恐怖感を抱かないものです。痛いことはされないと理解できていれば、泣いてしまうようなことはまずありません。
それから、子供は大人が思う以上にすごく周りを見ています。「この先生は甘えれる」と思えば、急に泣き出すこともあったり、逆に、「この先生には通用しない」と感じると、おとなしく椅子に座ってたりする(笑)。ほほえましくもあり、面白い部分でもあり、だからこそ、子供の治療は良い意味であきることがありませんね。

これから受診される患者さんへ。

当クリニックでは、歯科衛生士がマイクロスコープを用いたクリーニングをスタートさせました。歯科医師のみならず、すべてのスタッフが進化し続け、患者さんにきちんとした、より良い治療を提供し続けていきたいと考えています。
歯医者さんに通い続けているけども、一向に良くならない。ずっとしみ止めを塗ってもらっているけども、まったく治らない。マイクロスコープによる診断で、その原因を解明し、解消するお手伝いが可能かもしれません。まずは1度ご相談ください。あなたのお悩みを解決すべく、全力を尽くしていきます。

※上記記事は2016年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

水川 悟 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ドライブ
  • 好きな作家:村上春樹、宮本輝
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:世の中の大事なことは、全て面倒な事です。
  • 好きなアーティスト:ビートルズ、Misia
  • 好きな観光地:伊勢、イギリス

グラフで見る『水川 悟 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION