東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

相馬 基逸 院長/相馬歯科室(大井町駅・歯科)の院長紹介ページ

相馬 基逸 院長

KEATS SOMA

患者様の年齢や生活スタイルを尊重。
自分が受けたい治療を施す。

日本大学卒業後、口腔外科に進み研鑽を積む。その後、八重洲と赤坂の歯科医院に勤務し、2005年、大井町駅近くに開業。

相馬 基逸 院長

相馬 基逸 院長

相馬歯科室

品川区/大井/大井町駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

これまでに培ってきた技術を、地域医療に生かす。

相馬 基逸 院長

父は大学に勤務する歯科医師でした。その父の影響を受け、医療という世界に興味を持ち、歯学部へと進んだのです。私は父とは異なり、当初から街の歯医者さんを志望していました。ですから、開業してからはあまり経験できないような勉強をしようと日本大学の口腔外科に進んだのです。口腔外科では悪性腫瘍のグループに所属しました。2年という限られた期間でしたが、非常に濃密な2年間でした。それこそ、365日休みがないような(笑)。しかし、そこで培われた技術と知識は、今になって大きな財産になっています。
その後、八重洲で2年間勤務医を務め、今度は赤坂に場所を移し、院長職を4年間勤め上げました。この間、都心の一等地だからこそ得られる技量を積みあげることができたと思っています。
『相馬歯科室』は2005年に開院いたしました。結婚後、私は大井町に居を定めていたものですから、これまでに培ってきた技術を、地元の方々に提供していきたいと考えたのです(JR京浜東北線/東急大井町線/りんかい線・大井町駅より徒歩13分、JR横須賀線/湘南新宿ライン・西大井駅より徒歩12分)。
開院当初は、八重洲や赤坂で診ていた方々がいらしてくださり、そこからの紹介という形が多くを占めました。もちろん今もその方達は変わらず通ってきてくれていますが、年数が経過するにしたがい、地元の人達が増えてきました。
最近では、訪問診療を始めています。開業して11年が経ち、当初は“普通に”歩いてこられた人達が、だんだんと通えなくなってくるケースが見られるようになりました。その人達を最後まで診ていくのも、私の仕事ではないかと思うのです。私も年をとっていくのと並行して、診療の内容にも良い変化が出てきているように思っているところです。

人生の時間軸に合った、その人にとって最良の医療を提供。

相馬 基逸 院長

学問的に、技術的に良いとされる治療であっても、必ずしもその方にとって良い治療とは限りません。たとえば、90歳の方に歯石がついていたとしても、その歯石が健康の妨げになっていなければ、無理にとる必要はないわけです。当院では、人生の時間軸に合った、その人にとって最良の医療を提供していきたいと考えています。
それを踏まえた上で、私には1つポリシーがあります。それは、お口の中の感染源をとること。どんな治療をしても治らず、それが感染源となっているケースでは、抜歯も必要な処置だと私は思います。いわゆる、抜かない歯医者はいい歯医者に思われるかもしれません。しかし、それが元で全身疾患を起こしては元も子もないのです。治療で残せる歯は残して、治療しても治る見込みのない歯はすみやかに抜歯する。治療を無為に長引かせないためには、これも重要なポイントだと考えます。

あえて治療をせず「ナチュラルな状態」を保つという選択肢。

相馬 基逸 院長

感染源を取り除いて、欠損部に歯を入れるか入れないか。これについては患者さんとの相談が大切です。歯がなくなった箇所にブリッジや、インプラント、入れ歯を入れることが、半ばルーティンとなっていることも多いように思われます。しかし、たとえ歯が一部失われていたとしても、咀嚼に問題がなく、その人が不自由を感じていないのであれば、あえて治療をする必要がない場合も多いと思います。
私は、ナチュラルな状態が1番良いと考えています。そのナチュラルには、歯が抜けている状態も含まれます。公平に考えれば、人工物を入れることのメリット、手を加えることのデメリットも合わせて考えるべきであり、充分な診査・診断を経て、ご本人の希望と合わせて決めるべきことだと私は思っています。

3人の歯科技工士が得意分野の技術を発揮。

なるべく手を加えるべきではないというのが私の考えですが、その場所が機能的、審美的に重要で、なおかつ患者さんの訴えがあれば、その限りではありません。それが例えば、前歯であれば、その人の人生を考えても、できるだけのことをして差し上げるべきでしょう。
当院では開業時より主に3人のパートナーと言える存在の歯科技工士と提携しています。彼らには、それぞれ得意な分野が存在します。たとえば、金属を扱うならこの人、ジルコニア(固い白い歯)を任せるならこの人、といった具合ですね。こちらでは前歯にはe-max(オールセラミック)を材料に用いることが多いのですが、これもやはり専門におこなう技工士がいます。
審美性と耐久性にも優れた技工物をつくるには、歯科技工士の技量に任せる部分が大きいのです。当院では患者さんにできる限りよいものを提供していきたいと考え、こだわりをもって治療をおこなっています。

これから受診される患者さんへ。

当院では医院の清潔及び使用する機器の滅菌(消毒よりレベルの高い全く微生物が存在しない状態)に力を入れています。使用する器具は、ディスポーザブルにできるものはほぼ、ディスポーザブル(使い捨て)にしています。PMTC(私たちプロが専用の機器を使って行うクリーニング)をご存知でしょうか? PMTCで用いるブラシは、減菌処置ができないものですから、当院ではこれもすべてディスポーザブルとしています。
いついかなる時でも、自分や自分の身内を治療する気持ちで接すること。これは、実際に患者さんを前にしても常に肝に銘じておくべきことです。その気持ちをずっと失わず、誠実に真摯に治療をおこなっていきたいと思っています。

※上記記事は2015年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

相馬 基逸 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:テニス、ピアノ、ギター、写真、ダイエット
  • 好きな本:自己啓発本
  • 好きな映画:恋愛もの
  • 好きな言葉:プラス思考
  • 好きな音楽:80年代洋楽、ジャズ、クラシック
  • 好きな観光地:アジアンリゾート、軽井沢

グラフで見る『相馬 基逸 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION