東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

湯浅 慶一郎 院長/湯浅デンタルクリニック(用賀駅・歯科)の院長紹介ページ

湯浅 慶一郎 院長

KEIICHIRO YUASA

患者様を最優先に考えた空間で細部まで気配り
心から納得していただける治療を心がける

東京歯科大学を卒業後は歯科補綴学第二講座へ入局し、その後、医局OBの先生のお誘いに応じ、今度は勤務医として、主にインプラント治療を勉強させていただきました。『湯浅デンタルクリニック』は、1993年に開院いたしました。

湯浅 慶一郎 院長

湯浅 慶一郎 院長

湯浅デンタルクリニック

世田谷区/用賀/用賀駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

歯科医師の息子として育ち、この道に至る

湯浅 慶一郎 院長

やはり、歯科医師だった父の影響でしょうね。父自身は息子にそう薦めるような人ではなかったのですが、幼い頃から、「慶一郎ちゃんは、将来歯医者さんになるのよね」と言われて育ち、この道に至ったという形です。あとは、手先を動かすことが小さい頃から好きだったことも、この選択を後押ししたのかもしれません。父は喜んでくれたか、ですか? いやいや、父はそういう人ではないのです(笑)。内心はどう思っていたかわかりませんが、後々になっても、「息子に診療とゴルフだけは絶対に負けない」と言い続けていました(笑)。
東京歯科大学を卒業後は歯科補綴学第二講座へ入局し、その後、医局OBの先生のお誘いに応じ、今度は勤務医として、主にインプラント治療を勉強させていただきました。
『湯浅デンタルクリニック』は、1993年に開院いたしました。同じビルの1階には内科医院があります。そこの先生には非常に目をかけていただいていて、医学的な知識を必要とされる場合は、ご教授いただくこともあります。開業当時はそこまで深く考えてはいなかったものの、すぐそばに懇意にさせていただいてる医科の先生がいらっしゃることは非常にありがたいことと思っています(東急田園都市線・用賀駅より徒歩1分)。

患者様を最優先に考えた個室と治療方針

湯浅 慶一郎 院長

今は主流になってきていますが、私が開業した当時は、診察室の完全個室制は珍しかったように思います。ここの特徴は、壁と扉のすべてに鉛が入れてあることです。鉛を入れてあるのは、各部屋でレントゲン撮影ができるようにするため。患者さんに撮影の度に移動していただくのは申し訳ないですからね。各部屋にレントゲンがあることで、必要な場合にその都度レントゲンで確認が行えるのです。
個室としたのは、患者さんのプライバシーを守ることを最優先に考えてのことでした。オープンですと、周囲の声がどうしても気になりますよね。治療の内容や費用のことについて、他の方に聞かれたくないことはありますから、やるならば徹底してやりたかったというのが当時の心境です。
私は患者さんとお話をするとき、絶対に上から目線にならないよう気をつけています。患者さんはユニットに座ってしまえば、これはもう、まな板の上の鯉のような状態です。だからこそ、上から意見を押し付けることがあってはならないと思うのです。上からではなく、対等ないしは下から、その人が納得行くまでとことん説明をするのが私の流儀です。患者さんが治療に臨むその空間が、「あなただけの特別な空間」となるよう、細部にまで気を配って行きたいと考えています。

診療の流れについて

湯浅 慶一郎 院長

初診でいらした患者さんで、全顎治療が必要だと判断した場合、検査を行なって行きます。レントゲン、歯周組織検査、咬み合わせ、さらには細菌検査まで項目は多岐にわたります。このデータを元に治療計画を立案し、患者さんの同意を得てから実際の治療に入ります。急性症状がない限り、ここではすぐに治療を行うことはありません。
細菌検査を行っている歯科医院は、まだまだ少ないのではないでしょうか。やはり、歯周病の存在は治療の肝となります。どれだけ良い治療を手掛けたところで、歯周病のケアが充分でなければ、再びもとの状態に戻るからです。
最初の検査で歯周病菌等がどれだけいるかを確認していただき、治療がある程度進んだ段階でもう1度検査を行ない、菌がゼロになったことを確かめて頂きます。自分の目で確認して頂くことで、その後のメインテナンスへのモチベーションが維持されることにつながって行くのです。

インプラント、補綴の専門医であるということ

専門医であることをことさら誇るつもりはありませんが、一定以上のレベルにあることの証明にはなると考えています。実際に、歯周病の専門医であることを頼りにいらしてくださる方も多いですね。
歯周病やインプラントについてはみなさんご存知ですが、補綴(ほてつ)となると分かりにくいかもしれません。字も難しいですしね(笑)。補綴とは被せ物や欠損部分を何らかの方法で補う治療を指します。当クリニックでは歯科用ルーペやマイクロスコープを用いた精密治療を行っています。
多くの方が専門医という看板を頼りにいらして下さるわけですから、その信頼に恥じない診療を行って行きたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

当クリニックの最大の特徴は、丁寧さにあると思っています。クリニックでは診療時間をお一人につき、60分~90分という枠をとらせていただいています。やはりきちんとした治療を行うには、時間をとらざるを得ないのです。せっかくいらしていただいたからには、ご本人が心から納得のいく治療を手掛けていきたいと思います。

※上記記事は2016.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

湯浅 慶一郎 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・活動:マラソン(ホノルルマラソン18回連続出場)、テニス、ゴルフ、ジム/現在婚活中です(笑)
  • 好きな映画:007シリーズ
  • 好きな言葉・座右の銘:誠心誠意
  • 好きな音楽・アーティスト:マライヤキャリー
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『湯浅 慶一郎 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION