東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

月経前症候群の解説

月経前症候群

原因
排卵後の黄体ホルモンの不足、卵胞ホルモンの過剰などがいわれているが、原因はひとつではなく、複数の要因が関係しているとみられている。不快症状は月経の開始とともに消失するので、月経前症候群(PMS)とも月経前緊張症とも呼ばれる。
症状
月経の始まる数日前からイライラなど情緒が不安定となり、頭痛、乳房の張り、下腹部の不快感などがおこる。
治療
月経の開始とともに不快感はおさまるが、症状が強い場合は、抗うつ薬、抗不安薬、鎮痛剤、もしくは漢方薬や低用量ピルを用いることがある。
受診科目
婦人科

『月経前症候群』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

月経前3〜10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経が始まるとともに減ったり消えたりするものをいいます。

出典:月経前緊張症(月経前症候群)とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

症状は月経前に周期的に現れ、身体症状としてはむくみや腹部の膨満感(ぼうまんかん)、乳房の緊満感(きんまんかん)などの水分貯留症状のほか、頭痛、腹痛、腰痛などの疼痛症状、食欲不振、めまい、倦怠感(けんたいかん)などの自律神経症状、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状があります。 ただし、症状の現れ方には変化があり、月によって程度が異なることも少なくありません

出典:月経前緊張症(月経前症候群)とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

薬物療法と非薬物療法があります。 薬物療法は対症療法、ホルモン療法、向精神薬に分類されます。対症療法としては利尿薬、鎮痛薬などが用いられます。ホルモン療法としては低用量ピルを用いることがあります。向精神薬としては従来マイナートランキライザー(精神安定薬)などが用いられましたが、現在ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬。抗うつ薬の一種)が第一選択となっており、黄体期(おうたいき)だけの投与でも十分効果がみられることがあります。漢方薬が有効なこともあり、試してみる価値があります。 非薬物療法としては、症状を調査して、その成り立ちをよく理解し、食事、運動、リラクゼーションなどにより生活習慣を改善します。

出典:月経前緊張症(月経前症候群)とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

580件中1~20件を表示

楠原ウィメンズクリニック

中央区/銀座/銀座駅

●婦人科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/29 29
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート