東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

子宮外妊娠の解説

子宮外妊娠

原因
子宮の中以外の場所に着床し、妊娠してしまうもの。子宮以外の着床場所として、卵管、卵巣、腹膜などがあり、このうち、卵管の膨大部が全体の8割を占める。卵管妊娠の原因として、クラミジアなどの骨盤内感染による卵管炎後遺症があげられる。
症状
急な腹部痛や少量の出血がおこり、冷や汗、吐き気、嘔吐などをともなう。
治療
妊娠のごく初期で症状がない場合であれば、腹腔鏡などを使用して卵管を摘出する措置がとられる。妊娠週数がたった卵管や卵巣などの子宮外妊娠の場合は、その部位を開腹手術で除く処置がおこなわれる。
受診科目
産婦人科
産科

『子宮外妊娠』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

子宮外妊娠とは、本来であれば子宮内膜に着床するはずの受精卵が、何らかの原因で子宮内膜以外に着床して根をはってしまうことをいいます。正式には「異所性妊娠」と呼ばれます。

出典:子宮外妊娠とは?原因や症状、兆候は?出血や痛みはある? - こそだてハック

子宮外妊娠は、初期段階では特に症状が出ません。生理がなくなり、妊娠検査薬で陽性反応が現れるのは、正常妊娠と同じです。しかし、週数が進むと子宮以外で受精卵が成長し始めるので、不正出血や下腹部の痛みなどが現れてきます。一般的には妊娠6週目頃から症状が出始めますが、最初は出血量も少なく、それほど痛みを感じません。ただし、進行するに連れて出血量が増え、痛みもひどくなります。その後も放置していると卵管破裂などを引き起こし、出血性ショック状態による命の危険を伴うこともあります。

出典:子宮外妊娠とは?原因や症状、兆候は?出血や痛みはある? - こそだてハック

子宮外妊娠を放っておくと受精卵が成長して卵管破裂を引き起こすなどの危険もあるので、早期治療が不可欠です。妊娠検査薬で陽性反応があった場合には、早めに産婦人科を受診してください。

出典:子宮外妊娠とは?原因や症状、兆候は?出血や痛みはある? - こそだてハック

対応可能クリニック

513件中1~20件を表示

1 PAGE 1/26 26
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート