東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

早産の解説

早産

原因
胎児が2人以上だったり(多胎妊娠)、羊水過多、頸管無力症(子宮口が緩んで開くもの)、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、クラミジアなどの感染症、もしくは過労や激しい運動が原因でおこると。早産で産まれた赤ちゃんのほとんどが2500g未満の低出生体重児だが、新生児医療の発達で順調に発育するケースが増えている。
症状
妊娠22週以降37週未満で分娩するもの。規則的な子宮収縮(陣痛)や少量の性器出血がおこり、その後は通常の分娩と同様に推移する。
治療
入院して安静にし、子宮収縮抑制薬や抗菌薬などの薬物療法がおこなわれる。破水していなければ、なるべく出産予定日近くまでもたせるよう努力をする。
受診科目
産婦人科
産科

対応可能クリニック

513件中1~20件を表示

1 PAGE 1/26 26
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート