東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

丸岡 大介 院長/亀戸内視鏡・胃腸内科クリニック(亀戸駅・内視鏡内科)の院長紹介ページ

丸岡 大介 院長

DAISUKE MARUOKA

すべての患者さんにご満足いただけるように
精度の高い検査・治療、快適な環境を提供する

山口大学医学部を卒業後、千葉大学医学部附属病院 第一内科へ。消化器内科を専門に、大学の関連病院で経験を重ねる。その後、千葉大学医学部附属病院消化器内科・内視鏡センターで内視鏡検査・治療に尽力。豊富な知識と経験をふまえ、「亀戸駅」そばに開業。
■資格・所属学会
医学博士、日本内科学会 認定内科医、日本消化器病学会 専門医・関東支部評議員、日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医・関東支部評議員、日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医、日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

丸岡 大介 院長

丸岡 大介 院長

亀戸内視鏡・胃腸内科クリニック

江東区/亀戸/亀戸駅

  • ●内視鏡内科
  • ●胃腸内科
  • ●消化器内科
  • ●内科

内視鏡検査・治療を専門に、研究や教育にも力を注ぐ

丸岡 大介 院長

私はもともと教師になりたいと考えていたのですが、それは「誰かの人生を良い方向に向かわせる」サポートをしたいと思ったからでした。やがて浪人なども経験する中で視野も広がり、医師も教師と同様により良い人生づくりのお手伝いができると気づいたんですね。医師として患者さんを治療し、その方が長きにわたってよい影響力を発揮することができれば、きっと世の中全体が良くなっていくはずだと。それならば、私は医師になって人々の健康を支える側に回ろうと考え、医学部進学を決めました。
山口大学医学部を卒業した後は、千葉大学医学部附属病院の第一内科(現在の消化器内科)に入局しました。消化器系の病気の検査や治療をする「内視鏡」の技術については、当時から日本が世界をリードしていました。私自身、手先が器用なところがありましたし、外科手術にも興味を持っていたことから、この分野を究めたいと思ったのです。関連病院で外来診療を担当するなかで知識と経験を積み重ね、大学の医局に戻った後は内視鏡検査・治療を専門にし、外来診療に加えて研究、後進の指導などにも力を注ぎました。

女性患者・男性患者の動線を分け、快適な受診環境を提供

丸岡 大介 院長

『亀戸内視鏡・胃腸内科クリニック』を開院したのは、2020年4月です。私がこれまでに培ってきた技術や経験をいかして質の高い医療をご提供するのはもちろん、来院されるすべての患者さんにご満足いただけるようにと考え、クリニックの場所選びにはとくに時間をかけました。そうしてご縁があったのが、亀戸駅から徒歩4分という恵まれた立地で、患者さんにとっても、医療側にとっても理想的な動線を確保することができました。
ビル奥のエレベーターで4階まで上がっていただきますと、男女共用の受付・待合室と扉を隔てて女性専用の受付スペースがあります。女性の患者さんがクリニックに滞在される間は、なるべく男性患者さんと顔を合わせることないように配慮しています。男女それぞれに専用のトイレを複数ご用意し、女性の方はパウダールームで身だしなみを整えられるようにするなど、少しでも快適に受診していただけるようさまざまな工夫をしました。また、診察室や説明室についても、患者さんのプライバシーに配慮した個室スタイルになっておりますので、デリケートなお悩みも安心してご相談ください。

内視鏡専門医による「苦痛のない検査」「大腸ポリープ日帰り手術」

丸岡 大介 院長

『亀戸内視鏡・胃腸内科クリニック』という名前のとおり、当院の大きな柱は内視鏡専門医による苦痛のない胃カメラ・大腸カメラ検査、「コールドスネアポリペクトミー」と呼ばれる内視鏡を使った大腸ポリープ治療、お腹の症状は何でもご相談くださいというスタンスの外来診療です。お仕事などで忙しくされている方のために、胃カメラと大腸カメラの同日施行、土曜日・日曜日の検査にも対応できることが特長です。またもしも大腸カメラでポリープが見つかった場合には、その場で切除することが可能です。
以前であれば、大腸ポリープの切除には入院加療が必要でしたが、近年は「コールドスネアポリペクトミー」をはじめとした治療の進歩により、日帰りでの手術が主流になりました。ポリープについては「取る」「取らない」の適切な判断が重要になりますが、私はこれまで数多くの症例を担当し、「コールドスネアポリペクトミー」については論文執筆や学会発表などもおこなっておりますので、安心して治療をお任せいただければと思います。

患者さんにご満足いただけるよう、きめ細やかな対応を心がける

当院では、適度に鎮静剤を使用することにより、患者さんにはうつらうつらとした状態で内視鏡検査を受けていただいています。内視鏡室につながるリカバリー室には、ロッカーを備えた6台のストレッチャーが並び、患者さんはストレッチャーに横たわったままの状態で検査を受け、意識がはっきりして安全が確認できたところでお仕度をしていただきます。その後、大きな画面で写真をご覧いただきながらご説明し、検査内容や治療箇所などを記載した内視鏡写真付きのカラー説明用紙をお渡しして、次回以降の流れなどをご説明しています。
当院では、「丁寧かつ分かりやすい説明」という部分にとくに力を入れていて、私や看護師が院内のどこかで常に患者さんとお話をしている感じです。多くの患者さんが「今までで一番楽に検査を受けられました」と喜んでくださるのは、私自身が技術を磨いてきたことはもちろん、スタッフたちの細やかなお声かけやリラックスして過ごせる環境のおかげかもしれません。胃がんも大腸がんも、初期の段階で見つけることができれば、内視鏡による低侵襲な治療が可能です。私としては、1人でも多くの方に内視鏡検査を受けていただきたいですし、そのためにも苦痛がなく精度の高い検査や治療をご提供したいと思っています。

これから受診される患者さんへ

『亀戸内視鏡・胃腸内科クリニック』は「亀戸駅」北口から徒歩4分の明治通り沿いビルの4階で診療しています。
例えば、「お腹が痛い」などの症状があったとしても、その原因が胃や大腸といった消化器にあるとは限りません。消化器系の疾患のほかに胆石や膵炎などの可能性もありますので、当院ではレントゲンやエコー(超音波)検査によって原因を探り、必要があれば内視鏡検査をご提案するようにしています。これまで数多くの症例を経験してきたとはいえ、一切の先入観を排除して、常に見落としのない診察を心がけています。すべての患者さんにご満足いただけるよう正しい診療をおこない、丁寧な説明とともに適切なお薬をお出ししたいと思います。何かお困りのこと、ご心配なことがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

※上記記事は2020年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

丸岡 大介 院長 MEMO

消化器病専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:千葉県
  • 趣味:散歩
  • 好きな本:旅行記
  • 好きな映画:ニュー・シネマ・パラダイス
  • 好きな言葉・座右の銘:威風堂々
  • 好きな場所・観光地:アイスランド

グラフで見る『丸岡 大介 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION