東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

石井 翔 院長/だいだいクリニック(九段下駅・脳神経外科)の院長紹介ページ

石井 翔 院長

SHO ISHII

「都心の無医村」問題にメスを入れ
皆さまの健康寿命を延ばすお手伝いを

大学卒業後、脳神経外科医として研鑽を積む。東京女子医科大学病院を中心に関連病院などで診療にあたり、数多くの手術を手がける中でスキルを磨く。豊富な経験と高い専門性をいかして、「九段下駅」そばに開業。

石井 翔 院長

石井 翔 院長

だいだいクリニック

千代田区/九段南/九段下駅

  • ●脳神経外科
  • ●心療内科
  • ●内科

脳神経外科医の知識、勇気、胆力をあなたの隣へ

石井 翔 院長

私が医師になろうと思ったのは、生きること・死ぬこととは何か、知りたいと思ったからです。中でも、私たちの人生が詰まった「脳」に興味をもったこと、初めて立ち会った手術が「脳」の手術であったことから、脳神経外科に進みました。大学卒業後は、東京女子医科大学の脳神経外科に籍を置き、その後も一貫して脳神経外科を専門に経験を重ねていきました。
私としては、少しでも多くの手術に携わりたいという思いがあり、豊富な症例数を誇る東京女子医科大学で手術を学びました。その後、多くの救急病院に勤務し、脳神経外科救急にも携わりました。救急で運ばれてくる患者さんに常にベストを尽くす一方で、重症化する前に「何かできなかったのか」と考えるようになり、それが『だいだいクリニック』を開設する大きなきっかけになりました。

現代社会に暮らす方々に、命をエンジョイして頂くために

石井 翔 院長

『だいだいクリニック』のコンセプトは、大きく3つあります。これから20年後・30年後を見据えて、脳卒中患者さんを1人でも減らすこと。毎日お仕事を頑張っていらっしゃるビジネスパーソンが、ベストパフォーマンスを発揮するお手伝いをすること。そして、体だけでなく心の問題にもアプローチして、皆さまの心身の健康を支えていくことです。
生活習慣病を放置したり、つらい頭痛を我慢したりしていると、いずれは大きな病気につながるリスクがあります。また、体が発する小さなサインを見逃してしまうと、心の病気を引き起こしかねません。大事なのは、何か症状があったら早めに医療機関を受診し、重症化する前にくい止めることです。『だいだいクリニック』は、「病気にさせないクリニック」として医療を求めている方に必要な医療をご提供し、現代社会に暮らす皆さまのニーズにしっかりとお応えしたいと考えています。

受診のハードルを下げ、「都心の無医村」問題を無くしたい

石井 翔 院長

私たちが目指す医療を実践するには、まず患者さんの立場に立って考え、環境を整備することが必要です。患者さんが何かお困りのときにいつでも受診でき、通院が負担にならない環境づくりです。私たちが都心の真ん中にクリニックを構えたのもこうした取り組みの一つであり、このエリアで私たちができる限りの医療をおこないたいと考えています。無医村というと、人口が少ない離島をイメージする方も多いと思いますが、私は「都心」もまた大きな問題を抱えていると思っています。お隣のビルが病院であっても、時間的な制約があって受診できない。いわば相対的な無医村と言える状況ではないでしょうか。
当院は、診療時間を11時~14時半/16時~20時としていますが、これは一般的な会社のお昼休み・仕事終わりの時間帯に合わせたものです。また、オンライン予約やWeb問診、電子カルテなどを導入することで、限りなく「待ち時間ゼロ」を目指しています。こうして受診のハードルを下げるとともに、病気のことや検査内容、治療にかかる費用などの情報公開を進め、患者さんがご自分の健康について理解を深めるお手伝いをしたいと思っています。

患者さんとしっかり向き合い、その方が幸せになれる選択を

私は、「よい医療はよい組織から」だと考えています。たとえ最先端の機器が揃っていたとしても、それを個々の患者さんの幸せにつなげるのは私達医療従事者という人間です。たとえば検査は結果そのものより、どう解釈するかが大切ですし、それを様々な背景のある各患者さんにどう生かして頂くか。ただ治療が終了するだけでなく、患者さんが社会の中で最高のパフォーマンスができるかどうか。そうした部分にこそ、医師の力量の差があらわれると思います。
これまで数多くの手術を執刀してきました。それなりに手術にも自信がありましたが、医者だけでも、もちろん患者さんだけでも病気に打ち勝つことはできない、共通の目標に向かって力を合わせ、病に立ち向かうことで初めて困難を乗り越えられる、というのが私の信念です。そのために私は、私を信じて頂けるまで徹底的に説明をしてきました。もちろん、このクリニックにおいてもそれは同じです。「こうしてください」ではなく、「どうしましょうか?」と問いかけながら、「私はこう思います」と意見を添えて、ご一緒に答えを見つけたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『だいだいクリニック』は、「九段下駅」から徒歩2分の場所にあります。
はじめて訪れる場所は緊張感を伴うことが少なくありませんが、それが医療機関であれば尚更でしょう。そのため、開業にあたっては患者さんの緊張をやわらげ、頭痛にお悩みの方にも優しい空間づくりを心がけました。常に時代の変化に合わせて進化を続ける医療を通して、皆さまの健康寿命を延ばすお手伝いをしたいと考えています。何かお困りのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2020年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

石井 翔 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 趣味:ピアノ
  • 好きな作家:V.E.フランクル
  • 好きな映画:ノンフィクション
  • 好きな言葉・座右の銘:「苦悩は人間の業績」「生きていること、それだけで意味がある」
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな場所:東京

グラフで見る『石井 翔 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION