東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

水野 泰孝 院長/グローバルヘルスケアクリニック(麹町駅・内科)の院長紹介ページ

水野 泰孝 院長

YASUTAKA MIZUNO

「トラベルメディスン」のパイオニアとして
クオリティの高い医療をご提供したい

大学卒業後、小児科を専門に研鑽を積む。大学院で熱帯医学を研究したことをきっかけに感性症内科医として実績を重ね、「トラベルメディスン」分野の先駆けに。2019年、「麴町駅」そばに開業。

水野 泰孝 院長

水野 泰孝 院長

グローバルヘルスケアクリニック

千代田区/麹町/麹町駅

  • ●内科
  • ●感染症内科
  • ●小児科
  • ●アレルギー科

小児科医から感染症専門医に、国内外で幅広く活躍

水野 泰孝 院長

父が開業医だったものですから、子供の頃から医療は身近なものでした。とは言え、私としてはずっと自宅に留まるような開業医にはなりたくなくて、海外で仕事をしたいという気持ちが大きかったんですね。海外に出るという意味で、外交官やパイロットになりたいとも思いましたが、自分の適性に照らし合わせて考え、父からのアドバイスなども参考にして、最終的に医学部進学を決めました。
大学卒業後、はじめは父と同じ小児科を選択していたのですが、研修医時代にあるドクターと出会ったことが1つの転機になりました。その先生はWHO(世界保健機関)の活動に従事なさっていて、私は先生がお話しになる海外の感染症に興味を抱いて、海外でキャリアを重ねたいと考えたんですね。そのため、大学院に進学し、熱帯医学講座に所属して熱帯感染症の研究に従事するほか、海外留学なども経験して、この分野で学位を取得しました。

「トラベルメディスン」のパイオニアとしてキャリアを重ねる

水野 泰孝 院長

クリニックの名前にもなっている「グローバルヘルス」。日本において、海外渡航者の健康管理や感染症対策がクローズアップされ始めたのは、2000年頃だったでしょうか。私自身、国立国際医療研究センターや東京医科大学に開設された「トラベルクリニック」の立ち上げに尽力し、最終的に東京医科大学病院感染症科の科長を拝命しました。
いわゆる医局のトップにまで登りつめたわけですが、多忙な業務に従事する中では理想と現実のギャップに苦しむ場面も多かったんですね。そんな時、私を勇気づけてくれたのは、外勤先の外来診療にいらした患者さんたちでした。それまでの私は、病院管理の仕事が中心でしたが、改めて「一般診療の価値」を再確認したのです。患者さんにいちばん近い場所で、自分自身のスキルを最大限に発揮することができたら。このような背景から、『グローバルヘルスケアクリニック』の開設を決めました。

感染症対策を徹底し、安心の医療を提供する

水野 泰孝 院長

ここ麴町は、私が顧問医を務めていたJICA(国際協力機構)本部があり、各国の大使館や外資系企業などが多くあります。そのため、私が培ってきた知識や経験をいかせるのではないかと期待していましたが、いざ診療をはじめてみると子供たちやご高齢の方も多くお住まいになっていることが分かりました。私が目指すプライマリ・ケアと、グローバルヘルスという専門性の高い医療と、両方の面でお役に立つことができると思います。
海外経験が豊富な患者さんを意識してアジアのホテルをイメージした院内には、患者さんのプライバシーに配慮した相談室を設けたり、感染症患者さんとの接触がないように導線を工夫するなど、感染制御部長を務めた経験をいかして、さまざまな心配りをしました。そのほか、セミナーを開催できるスペースや、治療を頑張ったお子さんに向けたガチャガチャなどもご用意しておりますので、小さなお子さんからご高齢の方まで、気軽に足を運んでいただきたいと思います。

医療の質と安全性を確保し、心からご満足いただける結果につなげたい

当院の大きな特徴は、私の専門分野である感染症内科について、大学病院と同等レベルの診療をご提供できるという点です。残念ながら入院には対応できかねますが、精密な検査や正確な診断という部分については、大学病院に引けを取らないクオリティの高い医療をご提供することができるでしょう。また、私自身も海外で生活した時期がありますし、妊娠中の妻や小さな子供を連れて渡航した経験もあります。そうした実体験に基づいたアドバイスやワクチン接種など、海外渡航者に向けた健康管理も当院の得意とするところです。
診療に対する私たちの姿勢は、「Patient First」という言葉に集約されます。どんな時でも患者さんの立場にたった医療をご提供したいと思いますし、4つの「S」を大事にしたいですね。最優先されるべき「S」は医療の質・安全(Safety)ということになりますが、クリニックレベルでありながらも専門性の高い医療(Speciality)をご提供することによって、みなさまにご満足(Satisfy)いただきたいと思います。また、多様化する現代社会に対応するため、予約システムやカード決済を導入し、スムーズ(Smooth & Smart)に受診していただける体制を整えております。

これから受診される患者さんへ

『グローバルヘルスケアクリニック』は「麴町駅」から徒歩1分、「半蔵門駅」や「市ヶ谷駅」、「四ツ谷駅」などからも歩いてお越しいただけます。
当院では、Patient Firstという理念のもと、患者さんお1人お1人に最適な医療をご提供いたします。不安なことや疑問に思っていることは何でもご質問いただきたいですし、私も患者さんのご希望に沿うように精一杯力を尽くしたいと思います。

※上記記事は2019年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

水野 泰孝 院長 MEMO

小児科専門医 /アレルギー専門医 /感染症専門医

  • 出身地:東京都
  • 好きな本:旅行雑誌、クレアトラベラー
  • 好きな映画:邦画
  • 好きな言葉・座右の銘:思い立ったらすぐ実行、有言実行
  • 好きな音楽・アーティスト:邦楽
  • 好きな場所:海、特にタヒチ、紅海、カリブ

グラフで見る『水野 泰孝 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION