東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

葛西小児科(葛西駅・小児科)の病院情報ページ

葛西小児科

江戸川区/東葛西/葛西駅

  • 小児科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-5675-2501
所在地 東京都江戸川区東葛西6-23-17
最寄駅 葛西駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://kasai-shounika.com/
休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 9:00~12:00 16:00~18:00
乳児健診(予約制)/14:00~
予防接種(予約制)/14:30~
特徴
  • ●男性医師
  • ●女性医師
  • ●キッズスペース
  • ●小児アレルギー
  • ●低身長
  • ●甲状腺疾患
  • ●夜尿症
  • ●予防接種
久保 政勝 院長

MASAKATSU KUBO

久保 政勝 院長

小児科専門医 /感染症専門医

お母さんとのコミュニケーションを大切に。一緒に考えてより良い治療を実現

◎お母さんが話しやすい環境で、一緒に考えてより良い治療を実現します◎

『葛西小児科』は「町のお医者さん」として、乳幼児やお母さんとじっくりと向かい合うことを大切にしています。
乳幼児の診療は教科書通りにいかないことも多く、一人ひとりのお子さんにとってベストな治療をおこなうためには、お母さんからの小さな情報提供が役に立つことも珍しくありません。ご自宅で気になったことなどがありましたら、遠慮なく何でもお話しいただければと思います。

今は様々なチャンネルで情報を得ることができますが、多くの情報の中から、本当にその子にマッチする情報なのかどうかを判断し、提示してあげられるのが、医者の役割です。安心して皆さんにお帰りいただけるようにと考え、日々の診療をおこなっています。

ご自身の子供のこととなると、心配で焦ってしまうこともあるかと思いますが、何か気になることがありましたら、まずはお気軽に当院へご相談いただければと思います。

久保 政勝 院長への独自インタビュー

子ども達から元気をもらえるのが小児科の醍醐味

『葛西小児科』は、私の先輩が診療をおこなっていたクリニックです。その先輩が亡くなり、私が大学を辞して跡を継いだのが、2013年のことになります。

そもそも子供の頃の私は、体育の先生になりたいと思っていました。というのも、得意なものが体育しかなかったからですが(笑)、逆に考えると、確たる目標がなかったということかもしれません。他の兄弟は明確な目標がありましたから、私とは違う道を進んだわけですけれど、最も個性に乏しかった私が、父と同じ職業を目指すという結果となったのです。
小児科を選んだのは、その父の影響によるところが大きいでしょう。若い時分は当直も多く、24時間営業で、寝る間もないくらい忙しい日々を送っていました。とはいえ、その生活を大変に思うことは、不思議とありませんでしたね。それはやはり、日々の診療の中で子ども達から膨大なエネルギーをもらっていたからでしょう。私は院長として経営にも携わってきたから実感としてわかるのですが、子どもの泣き声が聞こえない病院というのは、それはもう活気がないものですよ。
私の個人的な思いですが、職業の中で最も素晴らしいのは、教育者だと思っています。私が大学に残ったのも、後進を育てることにやりがいを見出した部分もあったのですが、小児科自体、お子さんの成長を見守っていくという点において、非常に尊く、ありがたい職業だと思っています。

話しやすい、聞き上手な医者を目指して

小児科は、子どもの目線で見ることが大切です。ですから私が診察する時は、常に子どもと目線を同じ高さにしておこなっています。アイコンタクトというのは非常に大事なものです。とはいえ、子どもは元来人見知りなものですから、じっと見続けてはいけないのが難しいところですがね(苦笑)。
こちらから話しかけるにしても、一方的なのはよくありません。小児科はその子に合った方法は何かということを一緒に考える仕事ですから、お母さん方が話しやすい雰囲気を作るということが大切です。とにかく、聞上手であれ、ということですね。お母さんの話をしっかり聞いて、その上で、しっかり伝わるよう話すことが求められます。どれだけ大層なことを言っても、それが伝わらないことには意味がありません。相手が理解して初めて、医療は成立するものなのです。
そこのところの塩梅がわかってきたのは、実は最近のことのような気がします。私は50代以降、ずっと院長職に携わり、なおかつ、病院で拝見する病気は、どちらかといえば重篤なケースが多かったものですから、その人を診るというより、病気をいかに治すかということに比重が傾いていたからなのです。仕方のないことですけれど、当時は、お子さんやお母さんの顔をゆっくり見るという境地ではなかったのでしょうね。それがこの年になり、こうして街のクリニックで診療をするようになり、ようやく大事なことにあらためて気がついた、ということなのです。

続きを読む→

江戸川区東葛西6-23-17

葛西駅

葛西駅 博物館口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):5分40秒

グラフで見る『久保 政勝 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より