東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

渡邉 一輝 院長/さくら内視鏡クリニック品川(品川駅・内科)の院長紹介ページ

渡邉 一輝 院長

KAZUTERU WATANABE

「他者のために」がモットー。内視鏡検査と消化器、肛門の検査・診断・治療をおこなうエキスパート

横浜市立大学医学部卒業後、横浜市立大学大学院消化器病態外科学科を卒業。横浜・東京にある関連病院で研鑽を積む。2018年、さくら内視鏡クリニックを開院(品川駅港南口より徒歩1分)。

渡邉 一輝 院長

渡邉 一輝 院長

さくら内視鏡クリニック品川

港区/港南/品川駅

  • ●内科
  • ●胃腸内科
  • ●内視鏡内科
  • ●消化器内科

他者のために、という考えを基本に医師の道を選択

渡邉 一輝 院長

私は中学・高校がカトリック系の学校だったので「他者のために」という教育を受けて来ました。自分の中にそうした考えが根付いていると感じていますね。高校のころからホスピス関連の本や、生命倫理に関する書物に関心を持つようになり、人の死や生命について考えるようになりました。周囲に医学関係者がいたわけではなかったのですが、自然と医療の道を選びました。
横浜市立大学医学部卒業後は、大学病院に所属。横浜や東京にある関連病院で研鑽を積みました。主に専門として学んだのは消化器です。関連病院では消化器外科担当としてさまざまな患者さんの診察をおこないました。クリニックがある品川は勤務医時代にお世話になっていたNTT東日本関東病院が近いこともあり、なじみのあるエリアです。地域の方々の胃腸に関係する病気の早期発見に貢献したいという思いから、2018年、さくら内視鏡クリニックを開院いたしました。(品川駅港南口より徒歩1分)。

消化器・肛門関連の検査・診療機器が充実

渡邉 一輝 院長

当クリニックの診療科目は内科、胃腸内科、消化器内科、内視鏡内科、肛門外科です。私の専門である消化器関連の病気を中心に、風邪や胃腸のちょっとした不調から内視鏡検査まで幅広く対応しています。品川の駅前に立地しており、ビジネス街も近いため、30歳から壮年期までの働く世代の方を中心に、健康維持のお役に立てればと考えています。また、クリニックのあるウォーターフロント側では、マンションの建設も進んでいます。近隣にお住まいの方にもいらしていただきたいですね。
検査設備は上下内視鏡とエコー検査機器、胃腸関連の検査・診察に関連する機器が充実しているのが特徴です。また、痔に対する治療に力を入れているのも特徴の一つで、手術設備はもちろん、病気が見えるようにデジタルアノスコープという機器を導入しており、患者さんに患部を確認しながら診察を受けていただけます。また、ピロリ菌の診断・治療・除去もおこなっています。

消化器疾患の診断に欠かせない内視鏡検査

渡邉 一輝 院長

当クリニックの名称にもある通り、当院では内視鏡検査に特に力を入れているのが特徴です。「胃カメラ」と言われる上部内視鏡、「大腸カメラ」と言われる下部内視鏡療法に対応しており、上部内視鏡検査は嘔吐感の少ない、鼻から機器を挿入するタイプを導入しています。
また、どうしても検査の違和感に抵抗があるという方も少なくありませんので、眠ったまま検査を受けられる鎮静剤を併用した検査もおこなっています。検査の後は体を回復するためのリカバリールームも完備していますので、ゆっくりお休みになってからお帰りいただくことができます。検査の結果は後で記録した画像を一緒に見ながら、しっかりと確認することが可能です。ご安心ください。
鎮静法を使うメリットは、患者さんご本人が苦しくないということが第一にありますが、ほかにも時間をかけてしっかりと検査できるというメリットもあります。また、痛みを感じることがあると腸が動いてしまいます。沈静をして腸が安定した状態で検査をおこなう方が、より入念な診断をすることができます。こうした理由もあり、基本的に鎮静法を併用した検査をおすすめしていますが、お仕事やご家庭の事情など患者さんお一人お一人のニーズに対応したいと思っていますので、ご希望があれば遠慮なくおっしゃってください。

注射治療から手術まで対応可能な痔の治療

当クリニックの痔の治療は、ジオン治療という注射治療と、手術による方法、どちらも可能です。ジオン治療とは、切れ痔やいぼ痔の患部に薬剤を注入して固めてしまう方法です。痛みもほとんどなく手術のように出血もなく短時間で完了することが特徴で、主に中期までの痔に多く用います。
ジオン治療では効果が薄い、再発してしまう、程度が進んだ症例には手術による治療が効果的です。手術であっても注射治療と同様に日帰りが可能です。どの方法を選ぶかは患者さんの状態により決まってきますが、適切な方法を選び、ご説明の上おこなうようにしています。持病があるなど特別な事情がある場合でも、総合病院での手術が可能ですのでご安心いただければと思います。
痔の治療は恥ずかしいと抵抗がある方も少なくないと思いますが、放っておいても良くなることはありませんし、出血、痛みなどの症状で座れない、歩きづらいなど生活の質を下げることになってしまいます。中には何年も我慢される方もいるのですが、はやく治療をすることをおすすめします。治療後は多少の痛みもありますが、翌日から仕事や普段通りの生活が可能です。初期症状としては排便時の出血のほか、健康診断の検便で血が混じることや、時にはかゆみが出ることもあります。気になる症状がある場合には早めにご相談ください。

これから受診される患者さんへ

30代・40代といった働き盛りの方は健康への心配をお持ちで、日々ストレスも多いと思います。ストレスは胃腸を壊す原因にもなり、過敏性腸症候群や胃食道逆流症などが起こりやすいので、胃腸の不調など何らかの症状を感じたらご相談ください。検査・診察をおこない適切な治療をさせていただきます。
また、30代・40代はがん疾患が増えてくる年代でもあります。男性であれば胃がんや大腸がんが最も多い病気です。家系にがんの患者が多い、普段の生活が乱れているので心配という方も少なくありません。そうした心配を解消するお手伝いができればと考えています。上下内視鏡は目安として40歳になったら一度受けていただきたいと思います。
当クリニックは品川駅港南口から徒歩1分の場所にあります。検査は土曜もおこなっており(2018年7月より)お電話でのご予約も可能です。胃腸・お腹の不調があればちょっとしたことでもかまいません、まずはお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

渡邉 一輝 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:キャンプ
  • 好きな本・作家:池井戸潤や相場英雄などの社会はミステリー
  • 好きな映画:子どもと見るアニメなど
  • 座右の銘・好きな言葉:他者のために
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ケアリイ・レイシェル
  • 好きな場所:キャンプ場

グラフで見る『渡邉 一輝 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION