東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

安藤 靖恭 院長/安藤眼科クリニック(井荻駅・眼科)の院長紹介ページ

安藤 靖恭 院長

YASUTAKA ANDO

大学病院で培ったスキルをもとに
眼科検診・治療・日帰り手術まで幅広く対応

慶應義塾大学医学部を卒業後、眼科を専門に大学病院や関連病院で経験を重ねる。北里大学北里研究所病院の眼科部長を経て、練馬区下石神井に開業。

安藤 靖恭 院長

安藤 靖恭 院長

安藤眼科クリニック

練馬区/下石神井/井荻駅

  • ●眼科

眼科医療の将来性・可能性を感じ、研鑽を積む

安藤 靖恭 院長

私が医師になったのは、小・中学生のころに読んでいたマンガ「ブラック・ジャック」の影響が多少はあるのかもしれません(笑)。慶應義塾高等学校に通っていたこともあって、大学進学時には医学部を志望しました。私の中には、「医師=外科医」といったイメージがありましたし、眼科では手術によって患者さんを治してさし上げることができます。また、当時はちょうど顕微鏡を使った眼科手術がスタートしたところでしたので、眼科医療の将来性・可能性を感じたことも、眼科を専門にしたきっかけになりました。大学病院や関連病院で経験を重ね、開業まで在籍した北里大学北里研究所病院では、12年にわたって診療を続けてきました。患者さんの診療にあたる臨床、「ぶどう膜炎」という病気の研究など。これまでに培った知識や経験を地域医療に役立てることができたらと考えて、2017年に『安藤眼科クリニック』を開設しました。

あらゆる世代に安心の環境・質の高い医療を提供

安藤 靖恭 院長

この場所には以前、私の義父が診療していた外科医院がありました。義父の他界後、医院はしばらく休眠状態でしたが、外科から眼科へと診療科目を変えて私が引き継いだという形になります。この辺りは、駅から少し離れた住宅街ですからね。来院されるのは地域にお住いの方々、とくにご高齢の患者さんが中心になるでしょうか。小さなお子さんからご高齢の患者さんまで、地域のみなさまに安心してご来院いただけるよう、クリニックへのアプローチにはスロープを設けたり、院内をバリアフリーにしたり。受付から診察室、検査室への移動など、患者さんの動線を考えながら、院内のレイアウトにはずいぶん苦労しました(笑)。まだ開業間もない当院ではありますが、私は眼科専門医として、地域の皆様の身近な場所で質の高い医療をご提供していきたいと思います。

正確な診断のもと適切な治療をおこない、日帰り手術にも対応

安藤 靖恭 院長

都心に出向いて、大学病院を受診するとなると、1日がかりになってしまうこともあるでしょう。小さなお子さんを連れていたり、ご高齢の方であれば、病院を受診することが大きな負担になるものです。一方で、私はこれまで大学病院をはじめとした医療機関で診療していましたので、大学病院と同等レベルの医療をご提供できるものと思います。たとえば、緑内障や加齢黄斑変性の検査・診断であったり、白内障の日帰り手術、レーザー治療であったり。眼底三次元画像解析装置(OCT)、2種類の視野計をはじめ、眼の検査に必要とされる高品位な医療機器を備えて、正確な診断のもと適切な治療法をご提案します。このクリニックで対応できる治療はしっかりと行い、必要があればしかるべき医療機関へスムーズにご紹介いたしますのでご安心ください。当院では木曜日を手術日としていて、この日に限っては妻であり眼科医である副院長が診療を担当します。将来的には2診体制にすることも視野に入れながら、患者さんのための充実した医療環境を整えていきたいと思います。

患者さんの言葉に耳を傾け、適切な治療へつなげる

診療にあたっては患者さんのお話にしっかりと耳を傾けることを心がけ、目の状態や治療内容について、わかりやすい言葉でお伝えしたいと思います。来院されるすべての患者さんに、満足してお帰りいただけるように。「なるべくわかりやすく」ということを頭に置きながら、患者さんとのコミュニケーションを大切にしていきたいですね。とくに緑内障は、これといった自覚症状がないままに進行する病気ですから、検診などによって病気を早期に発見することがとても大切。そのため、日頃から何でもご相談いただけるような、地域に根差したクリニックであること、患者さんと私たちとの信頼関係が大事になってくるのです。目のことで気になることがあったら安藤眼科クリニックへ、地域の皆様にそう思っていただけたら嬉しいですね。

これから受診される患者さんへ

『安藤眼科クリニック』は、西武新宿線「井荻駅」から歩いて13分、JR「阿佐ヶ谷駅」や「荻窪駅」、西武池袋線「石神井公園駅」などからは、バスにご乗車いただくと便利です。お車でお越しの際には、駐車場のご用意もありますのでご利用ください。どのような病気も同じですが、目の病気についても早期発見・早期治療がとても大切です。人間ドックなどと同じように、40歳を過ぎた方にはぜひ年に一度、目の健診を受けることをおすすめしたいと思います。

※上記記事は2017年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

安藤 靖恭 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味&特技:テニス、音楽鑑賞、ドライブ
  • 好きな本:最近読んだ本の中でよかったのは渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」
  • 好きな映画:オールジャンル。映画といえばジブリなど娘たちと一緒に話題作など観ます。
  • 好きな音楽やアーティスト:オールジャンル、サザンオールスターズやユーミンなど。
  • 好きな場所:湖や山や海など自然のあるところ。
  • 好きな言葉 座右の銘:感謝

グラフで見る『安藤 靖恭 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION