東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

力武 義之 院長/四谷川添産婦人科(四谷三丁目駅・産科)の院長紹介ページ

力武 義之 院長

YOSHIYUKI RIKITAKE

地元で愛されて80年以上
安心して自然な出産をしてもらいたい、がモットー

日本医科大学卒業後、同大学産婦人科学助手を経て、東京医科歯科大学・東京都府中病院の麻酔科に勤務。日本医科大学産婦人科医局長・講師を経て、川添産婦人科副院長に就任。2009年に医療法人社団川添記念会 理事長と四谷川添産婦人科院長に就任(四谷三丁目駅より徒歩6分)。

力武 義之  院長

力武 義之 院長

四谷川添産婦人科

新宿区/左門町/四谷三丁目駅

  • ●産科
  • ●婦人科
  • ●産婦人科

ベビーブームのころ、産婦人科医を目指す

力武 義之  院長

医学部卒業学年。産婦人科臨床実習で、スイス人女性の出産を担当しました。分娩後、彼女の安堵と幸福感に満たされた美しさに感動を受けました。おりしも第2次ベビーブームでした。産婦人科医を目指す人が多く、私もまわりの友人も産婦人科医の道を選びました。当時、同期の2割ほどは産婦人科を目指しましたね。
日本医科大学卒業後は同大学婦人科学、東京医科歯科大学・東京都府中病院の麻酔科に勤務しました。その後、日本医科大学産婦人科医局長・講師を経て、川添産婦人科副院長に就任。2009年に医療法人社団川添記念会の理事長と、四谷川添産婦人科の院長に就任いたしました(四谷三丁目駅より徒歩6分)。

3代84年間診療をおこなう、山手線内唯一の分娩を扱う個人クリニック

力武 義之  院長

当クリニックは初代院長の川添先生が1935年に創立しました。1989年に私が継承したのですが、創立から数えると私で3代目、84年を迎えます。長く地域の方から愛されている「川添産婦人科」の名前は継承し、4代目の息子とともに地域の全世代の女性の健康を守り続けます。
専門は産科・婦人科診療で、思春期から出産、更年期まで女性の生涯に寄り添った診療をおこなっています。また、予期しない妊娠で苦しんでいる妊娠中期中絶手術にも多くの分娩の経験から安全に対応しています。
現在、山手線圏内にある個人クリニックで分娩まで扱う医院は当院だけになりましたが、近隣には3大学病院や国立系の大きな8大病院があり、連携して助けていただきながら診療をおこなっています。年間の分娩関係数は250件ほど、患者さんは近隣の方が多いですが、スマホで情報をみて来院される方も増えています。とはいっても診療に予約は必要なく、母子健診なども予約を取らずに来ていただけます。中には4代、5代と年代を超えて通ってくださる方もいらっしゃり、とてもありがたく感じています。

安心してゆったりとお産ができる環境

力武 義之  院長

地域で80年以上お産をおこなっていますが、最も大切にしていることは「安全で安心なお産ができる環境」を提供ですことです。これは私だけでなく、スタッフも含め全員で心がけているポリシーですね。今はなかなか子供が出来ない方や人工授精で子どもを授かる方など、妊娠するまでの環境はさまざまですが、なるべく自然な環境で出産・育児に臨んでいただくお手伝いをと考えています。
ただ、出産に際してはなるべくお母さんの負担を減らすことも重要です。大学病院に20年おりましたが、大きな病院では多くの患者さんに対応するために、健診と出産時では担当が違うことも普通にあります。しかし当院では安心してお産していただくために、医師と看護師がつきっきりで出産のサポートをおこないます。スタッフと医師が力を合わせ患者さんのお産に協力する体制を整えています。こうしたお産ができるのも、スタッフ全員が協力してくれるからこそ、だと思いますね。

食事から入院生活まで行き届いた環境

お産ではしっかりとバランスが取れた栄養を取ることも大切です。また、安静にしなけらばならない時期では食事も大きな楽しみのひとつです。ですから当院の食事は管理栄養士のもと、元ホテルや結婚式場のコックさんなど一流のスタッフに依頼し、3人の専属シェフが交替で食事からおやつまで満足いただけるメニューを提供しています。以前は私の妻が一人で食事を提供していたんですよ。
病室は全室南向き、インターネット・テレビ・ラジオ・CD/DVDを完備。外来診察終了後は玄関に施錠し、セキュリティにも十分配慮しています。ゆったりと安全なお産というポリシーを院内の設備からスタッフの対応に至るまで全てに活かしています。

これから受診される患者さんへ

当院では自然な分娩を目指していますが、これは放っておくということではありません。安全に産んでもらうことが第一と考え、分娩が予定よりも遅れているといった場合には体位を変える、子宮口を開く、陣痛促進剤を使用するなど、自然分娩で産んでもらえるようさまざまなサポートをおこないます。
お産に占める帝王切開の割合は昔は大学病院、個人クリニックともに少なかったのですが、現在では、大きな病院で50%、個人クリニックでも30%という帝王切開率になっているともいわれています。当院では昔も今も帝王切開に至る割合は変わっていません。なんとか普通に分娩経験をしてもらうように医師・スタッフ全員で寄り添い、なるべく自然なお産を安心できる環境でしていただきたいと考えています。

※上記記事は2019年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

力武 義之 院長 MEMO

産婦人科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:登山・里山歩き・ロードバイクによる林道走破
  • 好きな本・作家:志賀直哉・井上靖
  • 好きな言葉・座右の銘:無無明
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック音楽(リスト、ショパン)
  • 好きな場所・観光地:剣岳・志賀高原・軽井沢・東京都檜原村

グラフで見る『力武 義之 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION