東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

四谷川添産婦人科

新宿区/左門町/四谷三丁目駅

  • 産科
  • 婦人科
  • 産婦人科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩ルート
医師の声 患者の声 お知らせ WEB予約 オンライン
診療
電話 03-3351-2315
所在地 東京都新宿区左門町18
最寄駅 四谷三丁目駅 信濃町駅
駐車場 4台あり
WEB http://www.kawazoe-sanfujinka.com
休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 9:00~12:00 14:00~17:00
特徴
  • ●駐車場あり
  • ●クレジットカード対応
  • ●男性医師
力武 義之 院長 & 力武 崇之 副院長

YOSHIYUKI RIKITAKE & TAKAYUKI RIKITAKE

力武 義之 院長 & 力武 崇之 副院長

産婦人科専門医

地元で愛されて80年以上 安心して自然な出産をしてもらいたい、がモットー

◆安心してゆったりとお産ができる環境を整えています◆

『四谷川添産婦人科』は新宿区・四谷に80年の歴史を持ち、都心・山手線内で今でも入院・出産を取り扱う、数少ない産婦人科医院の1件です。思春期外来から妊娠・出産・更年期・老年まで、女性のライフステージを通じた婦人科医療、健康管理・相談に応じています。

お産で最も大切にしていることは「安全で安心なお産ができる環境」を提供することです。安全に産んでもらうことが第一と考え、分娩が予定よりも遅れているといった場合には体位を変える、子宮口を開く、陣痛促進剤を使用するなど、自然分娩で産んでもらえるようさまざまなサポートをおこないます。
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

★JR信濃町駅からの徒歩ルートはこちら

力武 義之 院長 & 力武 崇之 副院長への独自インタビュー

ベビーブームのころ、産婦人科医を目指す

【力武 義之 院長】
医学部卒業を控えた年に産婦人科の臨床実習でスイス人女性の出産を担当しました。分娩後、彼女の安堵と幸福感に満たされた美しさに感動を覚えました。折しも世の中は第2次ベビーブームでした。産婦人科医を目指す医学生は多く、私の周りにも産婦人科医の道を選ぶ友人が多くいました。
日本医科大学卒業後は同大学の婦人科学、東京医科歯科大学・東京都立府中病院の麻酔科に勤務しました。その後、日本医科大学産婦人科医局長・講師を経て、『川添産婦人科』副院長に就任。2009年に医療法人社団川添記念会の理事長と『四谷川添産婦人科』の院長に就任いたしました。

4代にわたり80年以上。山手線内で唯一「分娩」を扱う個人クリニック

【力武 義之 院長】
当院は初代院長の川添先生が1935年に創立しました。その後1989年に私が継承し、創立から数えると4代88年間にわたって診療していることになります。地域の方々に長く愛されている『川添産婦人科』の名前を継承しつつ、4代目となる息子とともに地域に暮らす全世代の女性の健康を守り続けています。産科・婦人科診療を専門に、思春期の頃から妊娠・出産を経て、更年期、老年期と、女性の生涯に寄り添った診療を行っています。また豊富な分娩経験のもと、予測しない妊娠で苦しんでいる方に向けた妊娠中期中絶手術にも安全に対応しています。
昭和・平成・令和と、この地域で90年近くお産を行っていますが、私たちがもっとも大切にしていることは「安全で安心なお産ができる環境」をご提供することです。これは私だけでなく、スタッフ全員が心がけているポリシーです。今は望んでもなかなか子どもができない方や人工授精で子どもを授かる方など、妊娠に至るまでの過程が多様化しています。そうした中でも、なるべく自然な陣痛で出産し、心も体もお元気な状態で育児に臨んでいただけるようにお手伝いしたいと考えています。規模の大きな大学病院などでは、妊婦健診のときと出産時とで担当スタッフが異なる場合も少なくありません。これに対して当院ではずっと同じ医師と看護師がサポートする体制を整えておりますので、安心して赤ちゃんを迎えていただけると思います。

続きを読む→

新宿区左門町18

四谷三丁目駅/徒歩約4分

四谷三丁目駅3番出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):5分35秒

グラフで見る『力武 義之 院長 & 力武 崇之 副院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より