東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

園田 広弥 院長/世田谷そのだ皮膚科(松陰神社前駅・皮膚科)の院長紹介ページ

園田 広弥 院長

KOYA SONODA

医学的根拠に基づいた診療を第一とし、その方の生活に合わせた治療を柔軟に提供していく。

大学卒業後、東京大学医学部付属病院、がん・感染症センター都立駒込病院、国立病院機構相模原病院など、国内トップレベルの専門病院で皮膚科診療に従事。2016年、東急世田谷線「松陰神社前駅」より徒歩2分の地にクリニックを開院。

園田 広弥 院長

園田 広弥 院長

世田谷そのだ皮膚科

世田谷区/世田谷/松陰神社前駅

  • ●皮膚科
  • ●アレルギー科

皮膚の病気で苦しむ多くの人の思いに、自らの体験を重ねて

園田 広弥 院長

私にとって医師を目指すことは、皮膚科医になることと同意でした。私自身、子供の頃にアトピー性皮膚炎で悩む日々を送ったことに加え、同じ病気で苦しんでいた妹の存在がそこにあったのです。
一般に、皮膚の病気は生死に関わることはそう多くありません。しかし、その精神的・肉体的なダメージは、他の重篤な病気と比べてもなんら遜色はないのです。つらい思いをしている人が、この世にごまんといる。医師となり、皮膚科医となり、その方達を助けることが出来ればと願い、私はこの道を志すようになりました。
大学生のころから、皮膚科医としてどういう道を進めば良い経験を積めるのかということを模索するようになりました。そこで、5年生の夏に東大病院の皮膚科で見習いをしたことを皮切りに、以後、同病院やがん・感染症センター都立駒込病院、国立病院機構相模原病院といった国内トップレベルの専門病院で皮膚科の研鑽に励んできました。一般の皮膚科診療はもちろんのこと、この時期に皮膚腫瘍や感染症疾患、あるいはアレルギー疾患など、数多くの診断と治療に従事できたことが、今の私の糧となっています。
『世田谷そのだ皮膚科』は2016年に開院いたしました。開院してからまだ日が浅いにもかかわらず、この地域の多くの方が足を運んでくださっています。みなさん、地域に手近な皮膚科がなくて困っていたご様子が察せられますし、その方々の期待に応えていきたいと思っているところです。

一般皮膚科から手術、アレルギー、美容皮膚科まで幅広く

園田 広弥 院長

湿疹や水虫、アトピー性皮膚炎などの一般皮膚科から、特殊な検査が必要なアレルギー疾患、はては手術が必要とされる腫瘍疾患にいたるまで、幅広い疾患を対象としています。
実は手術をメインとする病院と、アレルギーなどの一般皮膚科への対応を主とする病院の両方を経験した医師は限られています。その意味で、私の経験してきたことが生かせるのではと考えています。また細かいところでは、私は抗菌化学療法認定医として、根拠に基づいたお薬の使用を奨励しています。抗生物質は科を問わず、意外にも適切に使えている方は少ないというのが現状です。抗生物質は今だけではなく、私たちの次の世代までつながっていく大きな問題でもありますので、微力ながら自分にできることをしていきたいと考えています。

利用しやすく、居心地の良いクリニックを目指して

園田 広弥 院長

『世田谷そのだ皮膚科』では、時間予約優先制を導入いたしました。皮膚科クリニックとしては珍しいかもしれません。しかし、患者さんにとって待ち時間の長さは何にもましてつらいことだと思うのです。誰でも、「いつ呼ばれるんだろう、いつ…」と悩まされるのはいやですものね。こちらでは予約がある方とない方とで、分かれて番号が表示されるシステムをとっており、患者さんは視覚的にあとどのくらい、ということがわかるようになっています。
またパウダールームを設けたことで、治療後にお化粧をしてお帰りいただけるようにもなっています。院内はスペースにメリハリをつけ、必要と思われる場所はゆったりした造りとしました。そのしわ寄せが来てしまい、院長室は非常に狭くなっているのですが(笑)。患者さんはもちろん、私もスタッフも、すべての人が居心地の良いクリニックを目指していきたいと考えています。

その人に寄り添っていく医師でありたい

あらゆる面で患者さんに寄り添っていくことを常に心掛けています。病気を見て人を見ないのではなく、その方の社会的背景も踏まえ、最適な治療法を提案してきたいですね。科学的根拠に忠実になるあまり、患者さんが治療を実践できないことがあれば、私たちの仕事は意味がないことになります。医学的に見て正しければ良いというわけではないのです。こちらの要望を押し通すのではなく、患者さんの想いとすり合わせ、最適な治療を一緒に選びたいものですね。
病気の捉え方も、また人それぞれ。1つの文字の違いで、患者さんの受け取り方は違ってきます。要点だけを言ってもらいたい方もいれば、すべてを詳しく知りたいという方もいる。患者さんの思うところをすべて汲んでいくわけにはいかないかもしれませんが、その姿勢は常に持っていたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

細かいお化粧の仕方まではわかりかねますが、スキンケアのアドバイスは差し上げられるかと思います。肌にとって何が良くて、何が負担になるのか。化粧品の相性を含め、皮膚の専門家だからこその意見をお伝えできるかと思います。
何か疑問の事があれば、1度足をお運びください。そうしていただければ、百の言葉を尽くすよりも私たちのことを理解していただけるものと思います。皮膚のことであれば、なんでもお任せください。

※上記記事は2016年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

園田 広弥 院長 MEMO

  • 当院の診療科:
  • :● 皮膚科 ● 腫瘍皮膚科 ● アレルギー科 ● 小児皮膚科 ● 美容皮膚科
  • 出身地:東京都
  • 趣味:スキューバダイビング、ミュージカル鑑賞
  • 好きな本・作家:藤原伊織
  • 好きな映画:ユージュアル・サスペクツ、グリーンマイル
  • 好きな言葉・座右の銘:有言実行
  • 好きなアーティスト:L'Arc〜en〜Ciel
  • 好きな場所:慶良間諸島の海

グラフで見る『園田 広弥 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION