東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

村崎 芙蓉子 院長/女性成人病クリニック(銀座駅・内科)の院長紹介ページ

村崎 芙蓉子 院長

FUYOKO MURASAKI

女性として楽しく年を重ねていきませんか。更年期のお悩みを同じ女性としてサポートします。

新宿三井ビルクリニックの副院長であった時に体調不良となり、女性成人病に取り組むことを決意。57歳にして、自身のクリニックを銀座に開業。その後、銀座駅すぐ傍の銀座コアビルに移転。

村崎 芙蓉子 院長

村崎 芙蓉子 院長

女性成人病クリニック

中央区/銀座/銀座駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●婦人科

「ホルモン補充療法」の効果を自分の体で実験。

村崎 芙蓉子 院長

私が女性成人病に取り組もうと思ったきっかけは、まさに自分自身にあります。51~52歳の頃でしょうか。閉経後、体調が悪くなりましてね。仕事にいくのがつらくて仕方がありませんでした。休みの日にはホッと一息つけるのですが、翌日仕事に行こうとすると体が重い。鬱のような症状もありました。もともとは循環器の医師なんです。当時、新宿三井ビルクリニックで副院長をしていたので、医師としての仕事と副院長としての仕事に追われていたんです。本当に忙しかったですね。症状はどんどん重くなりましたが、その原因は分からないままでした。そのうち、副院長としてではなく、契約勤務医として1日おきに働くという形態に変えてもらい、自分の体と向き合う時間が持てるようになったんです。あるとき、文献を読んでいると「ホルモン補充療法」という言葉に出会ったんです。よく読んでみて「これだ!」と思いました。でも、誰もやっていません。「効果を測定するためには、自分の体で試すしかない」と。決死の覚悟でしたよ。「この薬をのんだら、私の体はどうなるんだろう……」って。

「ホルモン補充療法」の治療時効果を実感。開業を決意。

村崎 芙蓉子 院長

「ホルモン補充療法」を自分自身でやった結果、その効果を確信しました。何しろ手つかずの領域ですから、文献と医師としてのこれまでの経験をたよりに、いろいろなものを作り上げていきました。女性ホルモンは体全般に関わっている、ということが分かれば分かるほど、これまで循環器の患者さんとして悩みを訴えていた方は更年期の症状で苦しんでいたんだ、と気づきました。これは放っておけない、自分の医療に取り入れたい、とクリニックに申し出ましたが、そのときはすでに副院長ではありません。医局会で取り上げてもらうことはできませんでした。それなら自分でやろうと立ち上がったのが57歳のときです。びっくりですよね。私も自分で驚いています。背中を押してくれたのは、未知の分野でありながら絶対に必要な領域だという信念と、支えてくださる皆さんでした。幸いにもマスコミで取り上げられたり、更年期の専門医でいらっしゃる小山嵩夫先生(『小山嵩夫クリニック』)が週1で診察に来て下さったりして盛り立てて下さいました。そこから22年が経ちました。あっという間でしたね。

「閉経期」をキーワードに、同じ女性としてカウンセリングを実施。

村崎 芙蓉子 院長

カウンセラーを置かずに、私自身がカウンセリングを受けています。なぜなら、患者さんがお悩みの問題は、女性として私も悩んできたことばかりだからです。結婚、出産、夫の両親の問題など、女性の悩みはいつの時代も変わりませんよね。それなら、心理学の観点から難しい専門用語を用いてアドバイスするよりも、「人生の体験から答えていこう」と。そして、医師としての視点から医学的な意見を伝えようと考えました。その上で治療法を伝え、薬を処方するというほうが、患者さんの心に寄った治療ができると思ったんです。
私が治療するうえで、閉経期というキーワードがあります。そこにこだわってカウンセリングをしていきます。ただ、ここで大きな病気を見逃してはいけません。患者さんがこれまでに受けていらした検査の結果はしっかり拝見し、何か別の病気の疑いがないかをしっかり確認しています。

更年期のお悩みを解決し、明るさを取り戻せるようにサポート。

「新しい患者さんに挑戦したい!」ということでしょうか。未知の世界、患者さん、症状との出会いが、何よりも、医師としてのやる気をかき立ててくれます。まだ出会っていない患者さんが更年期の症状でお悩みだとしたら、ぜひうちにいらしてほしいですね。私と一緒に挑戦しましょうと言いたいです。
これまでに、こんなエピソードがあります。体調が非常に悪くて、何もやる気がでないんです、という方がいらっしゃいました。その方を診察して、最適の治療法が浮かんだんです。それを患者さんにお話して「帰りに、この薬を飲んで帰ってごらん。体が軽くなるから」と薬を渡したんです。次にいらしたときに「この間、すぐに薬を飲んだんです。そしたら体が軽くなって、気分も明るくなりました。久しぶりに買い物をして帰ったんです」って言われました。提案した治療がバシッと決まったときが、何より嬉しいです。こんな風に、1人でも多くの患者さんと関わっていけたらいいなと思います。

これから受診される患者さんへ。

これから老後を迎える人は、自分の老後がどうありたいかをイメージしてみて下さい。また、今老後を過ごされている方は、自分が望んだような生活だろうかと振り返ってみて下さい。誰でも、いくつになっても、アクティブに過ごしたいですよね。もし、それができていないとしたら、その原因は女性ホルモンの影響かも知れません。自分のいいと思うことをやっていくことで、女性として楽しく年を重ねていきませんか。当院には全国から患者さんがお越しになります。1人で悩まずに、お話に来て下さい。もしお近くに気になる方がいらしたら、一緒に行ってみない?と声をかけてみてくださいね。私自身、何かにときめいたり、関心を持ったりすることで充実した年の重ね方をしたいと思っています。そんな風に、こうありたいという生き方を一緒に考えてみませんか。

※上記記事は2014年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

村崎 芙蓉子 院長 MEMO

脳血管内治療専門医 /循環器専門医 /

  • 出身地:東京都
  • 好きな音楽もしくはアーティスト:嵐

グラフで見る『村崎 芙蓉子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

女性成人病クリニック

中央区/銀座/銀座駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●婦人科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
PR WEB
予約
オンライン
診療