東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

久保田 明子 院長/アイクリニック自由が丘(自由が丘駅・眼科)の院長紹介ページ

久保田 明子 院長

AKIKO KUBOTA

患者さんの症状やライフスタイルを把握したうえで
最適な治療・メガネ・コンタクトレンズなどを処方

金沢医科大学病院、同じく石川県内にある公立病院の眼科で経験を重ねるなかで博士号を取得。日本眼科学会が認定する眼科の専門医でもあります。その後2004年に上京し、飯田橋眼科クリニックの院長を経て、2006年に『アイクリニック自由が丘』を開院しました。

久保田 明子 院長

久保田 明子 院長

アイクリニック自由が丘

目黒区/自由が丘/自由が丘駅

  • ●眼科

小さな頃から、将来は医療の道に進むのだろうと思っていたような気がします

久保田 明子 院長

私の父は耳鼻科の開業医で、親類もほとんどが医師をしていました。そんな環境で育ったものですから小さな頃から何となく、将来は医療の道に進むのだろうと思っていたような気がします。それでもやはり女の子ですから、柔軟性をいかした体操選手や歌手に憧れていた時期もありましたけれど(笑)。兄や姉と同じように医学部に進むことを決めて、金沢医科大学に学びました。数ある診療科目の中でも眼科を専門にしたのは大学5年生のときのBSL(臨床実習)がきっかけで、助教授が手がける白内障手術に立ち会う機会があったんです。白く濁っていた水晶体を取り去って眼内レンズを挿入する手術が終わると、それまで「見えづらい」と悩んでいた患者さんが「見えるようになった」と喜ばれて。そばで見ていた私もとても感激して、「自分が進むべき道は眼科医だ」と思ったんですよね(笑)。金沢医科大学病院、同じく石川県内にある公立病院の眼科で経験を重ねるなかで博士号を取得し、日本眼科学会が認定する眼科の専門医でもあります。その後2004年に上京し、飯田橋眼科クリニックの院長を経て、2006年に『アイクリニック自由が丘』を開院しました。

女性たちのキレイもサポートして行きたい

久保田 明子 院長

当院は東急東横線、大井町線「自由が丘駅」の正面口を出てすぐ、自由が丘東急ビルの9階にあります。クリニックのお隣にはコンタクトレンズショップがありますので、はじめはコンタクトレンズの処方のために来院される方が多かったですが、今ではさまざまな目のトラブルを抱えた患者さんがお越しになります。開院から10年ほどが経ち、この間に私も出産を経験して2人の子をもつ母親になりました。ベビーカーで町を歩くこと、子供を連れて病院を受診することの大変さを経験したことから、私と同じように子育て中のママたちを応援したいという気持ちがあって。待ち合いスペースの一角にお子さん専用のプレイゾーンを設け、まわりに気兼ねすることなく来院していただける環境を整えました。また、私もおしゃれが大好きな女性の一人ですから、まつげエクステ・カラーコンタクト・アイメイクなどを否定するつもりはありません。クリニックが処方するコンタクトレンズをお使いいただくこと、メイクをきちんと落としていただくことなどをアドバイスしながら、女性たちのキレイもサポートして行きたいと思っています。

徐々に奥に進んでチェックすることによって小さなサインを見落とさないように

久保田 明子 院長

大学病院に勤務していた頃からのクセと言いますか(笑)。たとえ結膜炎かな?と思われる症状であっても、まぶた・角膜・結膜・水晶体・神経…というように、徐々に奥に進んでチェックすることによって小さなサインを見落とさないようにしています。最近ではスマートフォンの普及によって、ドライアイの症状を訴える方が増えてきました。ここ数年でようやく「病気」として認識されるようになったドライアイですが、ご自分の症状を正しく理解されている方はまだまだ少ないのではないでしょうか。「目が乾く」と言って来院される方は少なく、ドライアイは様々な訴えを引き起こします。このような不都合な状態を放置すると、目の表面が傷ついたり炎症を起こしてしまい、やがては視力にも影響を及ぼしかねません。またドライアイはピントを調整をしていく目の中の筋肉の疲労とあわせて、眼精疲労の原因になっているんですよ。当院では患者さんの症状やライフスタイルを把握したうえで、その方にとって最適な治療・メガネ・コンタクトレンズなどを処方しています。土曜日・日曜日も診療を行っていますので、目のまわりに違和感を覚えたら、ぜひお早めに受診していただきたいですね。

眼科医療を通して、美容面についてもサポートできたら

私が眼科医になることを決意した白内障手術を受けた女性患者さんもそうでしたが、みなさん目がよく見えるようになると、ご自分のことに目を向けるようになるんですよね。女性であればキレイにお化粧をしたり、おしゃれを楽しむようになったり(笑)。ですから私は眼科医療を通して、美容面についてもサポートできたらと考えたんです。幸い素晴らしい先生との出会いがあって眼形成における研鑽を積み、母校への恩返しの意味を込めて2005年に金沢医科大学に「眼形成外来」を創設しました。現在も非常勤講師として月に一度診療を担当しているのですが、当院においても眼瞼下垂・逆さまつ毛をはじめとした外来手術に対応しています。まぶたや顔面のけいれんに対してはボトックス注射療法も行っています。どんな事でも目についてお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

これから受診される患者さんへ

現代社会に生きる私たちはパソコンやスマートフォンで目を酷使しがちですが、ときどき目を休めてあげたり、ブルーライトから目を守ることを心がけていただきたいですね。仕事の手を休めてスマホをいじっていては目の休息にはなりません。おすすめなのは遠くをみること。たとえば窓の外に鳥を探したり、遠くに貼ってある電車の中吊り広告を読んでみたり。意識して遠くを見たりリラックスする時間をもって、健康な目元を保っていただきたいと思います。

※上記記事は2015.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

久保田 明子 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県
  • 趣味・特技:筋トレ、サーフィン
  • 好きな本・愛読書:スラムダンク
  • 好きな映画:トイ・ストーリー3、スパイダーマン
  • 好きな言葉・座右の銘:一日一善
  • 好きな音楽・アーティスト:ビヨンセ
  • 好きな場所:海、家、実家

グラフで見る『久保田 明子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION