美容外科のホームページ制作例10選!実際の制作の流れは?

「美容外科のホームページ制作はどのような流れで進むのか?」

「美容外科のホームページで参考になるホームページはないかな?」

このような疑問を抱えていませんか?

美容外科ではホームページが集患の鍵を握るため、効果の高いホームページを制作する必要があります。

本記事では、美容外科のホームページを制作する流れや制作例、おすすめの制作会社を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

美容外科のホームページを制作する流れは?

美容外科のホームページを制作する流れを解説します。

  • 制作会社と打ち合わせ
  • 構成・ラフ作成
  • ラフをもとに打ち合わせ
  • ホームページ制作
  • 確認・納品

1つずつ解説します。

制作会社と打ち合わせ

まずは、制作会社と打ち合わせをします。

制作会社との打ち合わせでは事前の準備が大切になります。

何も準備せずに打ち合わせに向かうと、方針を決めるのに大幅な時間を要してしまいます

そのため、最低限以下の内容についてはあらかじめ決めておくことをおすすめします。

  • 参考となるサイト(2~3サイト)
  • ホームページに入れたい情報
  • ホームページのカラー

構成・ラフ作成

打ち合わせが終わると、制作会社によって構成・ラフが作成されます。

サイトの構成やデザインの大まかなイメージを決定します。

およそ1週間ほどで終わることが多いでしょう。

ラフをもとに打ち合わせ

制作会社により、構成・ラフが作成されたらもう一度打ち合わせがあることが多いでしょう。

ラフをもとにそのままホームページ制作を進めて良いのか、もしくは修正点があるのかなどの方針を打ち合わせで決めます。

この時点で、なるべく修正がないようにしておくことが大切です。

ホームページ制作

打ち合わせの内容をもとにホームページ制作を進めます。

3ヶ月から半年程度で完成する場合が多いでしょう。

確認・納品

ホームページ制作が完了したら、確認しOKであれば納品となります。

制作をし終えた後に修正を依頼すると、場合によっては時間だけでなく追加の費用がかかる可能性があります。

そのため、2度目の打ち合わせまでの段階で、きちんと伝えておくことが大切です。

美容外科のホームページ制作例

ここでは、美容外科のホームページ制作例を10個紹介します。

それぞれのホームページに特徴があるため、ぜひ参考にしてみてください。

グランツクリニック

1個目に紹介するのは、グランツクリニック様です。

黒と白のコントラストが洗練された印象を表しています。

また、赤い薔薇を用いたり、メニュー表示を全て英語で記載したりしていることから「美」へのこだわりが感じられます。

ホームページを見てみる

SBC湘南美容クリニック

2個目に紹介するのは、SBC湘南美容クリニック様です。

写真や図を多用することで、イメージが湧きやすく、理解しやすくなっています。

多くの案内はトップページに「バナー型」で配置されており、訴求効果の高い構成になっている点にも注目です。

ホームページを見てみる

品川美容外科

3個目に紹介するのは、品川美容外科様です。

図や写真が多く使用されており、視覚的にわかりやすくなっています。

また、Q&Aがや割引情報が掲載されており、来院したくなるような仕掛けが多く設置されているのが印象的です。

ホームページを見てみる

共立美容外科

4個目に紹介するのは、共立美容外科様です。

1番見やすい場所に、ホームページを見た方限定のプレゼント情報が掲載されているのが特徴的です。

競争の激しい美容外科業界においては、いかに足を運んでもらうかが鍵になります。

そのため、来院したくなるようなきっかけを作る一例として非常に参考になるでしょう。

ホームページを見てみる

こやまクリニック形成外科・美容外科

5個目に紹介するのは、こやまクリニック形成外科・美容外科様です。

白をベースに青とオレンジのアクセントが効いていて、クリニックの外観と似た印象を受けます。

サイト構成はとてもシンプルで、すっきりしているので、とても使い勝手の良いホームページだといえます。

ホームページを見てみる

東京中央美容外科

6個目に紹介するのは、東京中央美容外科様です。

動画が多用されているのが特徴的なホームページです。

制作コストはかかりますが、写真よりも動きのある動画の方が伝えられる情報量が多いため、動画を使うことは非常に効果的だといえます。

デザイン性も非常に高く、かつとても見やすくまとまっているので、ユーザビリティの高い、すなわち使いやすいホームページになっています。

ホームページを見てみる

リッツ美容外科

7個目に紹介するのは、リッツ美容外科様です。

ホームページ内の情報がすっきりとまとめられており、とても見やすくなっています

院長先生やスタッフの方の顔写真も掲載されているので、安心して来院できる工夫がなされています。

ホームページを見てみる

エースクリニック

8個目に紹介するのは、エースクリニック様です。

トップページに院長先生をはじめとするスタッフの方の写真を表示させることで、患者さんの負担を軽減しています。

また、アクセントとして多少の装飾や英語での表記が用いられており、デザイン性へのこだわりが見て取れます。

ホームページを見てみる

聖心美容クリニック

9個目に紹介するのは、聖心美容クリニック様です。

深い青を基調としたホームページでは、落ち着いた雰囲気が表現されており、「とことん真面目に」が体現されているといっても良いでしょう。

要所で英語が使用されており、良いアクセントとなっているほか、症例写真や医院内の様子を収めた写真が多く使われているので、患者さんの不安を軽減しています。

ホームページを見てみる

名古屋美容外科

10個目に紹介するのは、名古屋美容外科様です。

一般的な美容外科のホームページに比べ、かなりシンプルになっています。

写真や動画が多用されているわけではありませんが、必要な情報がわかりやすくコンパクトにまとめられているので、非常に見やすいホームページです。

また、電話番号がホームページのURLと同じであることも注目ポイントの1つです。

ホームページを見てみる

美容外科のホームページ制作会社5選

ここでは、美容外科のホームページ制作会社を5つ紹介します。

  • Medico Consulting
  • あきばれホームページ
  • MPH
  • 株式会社アーティス
  • M-HAND

それぞれの制作会社の特徴を1つずつ解説します。

Medico Consulting

1つ目は、Medico Consultingです。

Medico Consultingでは、美容医療専門のホームページ制作プランが用意されています。

美容医療に精通したディレクターを中心として、収益を追求するためのホームページ制作が可能です。

医療業界で3,000件以上の実績を誇り、そこで得た経験や知識を惜しみなく投入し、価値の高いホームページ制作ができます。

公式サイトを見てみる

あきばれホームページ

2つ目は、あきばれホームページです。

自分で更新することで、格安でホームページを制作できるサービスです。

自分で更新する場合でも、制作する際にどの点を意識すべきかを共有してもらえるため、簡単に効果の出やすいホームページが作れます。

また、サイト作成後のサポートも充実しているので、気になったことがあればいつでも相談できる強みがあります。

公式サイトを見てみる

MPH

3つ目は、MPHです。

美容クリニック業界に特化したWeb集客コンサルティングサービスです。

美容業界に特化しているため、美容業界における事例、経験、ノウハウが多く溜まっており、多くの実績を出しています。

ホームページ制作だけでなく、他のWeb集客にも精通しているため、組み合わせて取り組むことで、大きな成果を生むことも十分考えられます。

公式サイトを見てみる

株式会社アーティス

4つ目は、株式会社アーティスです。

3,000サイト以上の実績があり、そこで得た知見やノウハウをもとに、適切なホームページ制作、運用の手助けをしてくれます。

ユーザーの「使い心地」に注力することで、利用しやすいホームページを制作します。

公式サイトを見てみる

M-HAND

5つ目は、M-HANDです。

美容専門チームが集客効果の高いホームページを制作します。

他のクリニックとの差別化や女性にも響きやすいブランドイメージの構築など、ホームページを運用する上で必要なことは全てサポートしてくれます。

公式サイトを見てみる

まとめ

今回は、美容外科のホームページ制作について解説しました。

美容外科ではホームページからの来院が多いため、ホームページを作り込むことが非常に重要です。

ぜひ今回の内容を参考にして、集患につながるホームページを制作してみてください。