東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

山崎 拓也 院長/永福あにまるクリニック(永福町駅・犬)の院長紹介ページ

山崎 拓也 院長

TAKUYA YAMAZAKI

脳神経の分野をはじめ、質の高い獣医療を提供
動物たちと飼い主さんの暮らしを支えていく

日本獣医生命科学大学を卒業後、都内にある一次~二次診療施設で診療にあたる。脳神経疾患を中心に経験を重ね、「永福町駅」そばに開業。

山崎 拓也 院長

山崎 拓也 院長

永福あにまるクリニック

杉並区/永福/永福町駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●その他

動物が好きで獣医師になり、神経疾患を中心に研鑽を積む

山崎 拓也 院長

私は子どものころから動物が好きで、家では犬や猫のほかさまざまな動物を飼っていました。そうした環境のなかで育ち、いずれは動物にかかわる仕事をしたいと考えるようになったわけですが、獣医師を目指す直接のきっかけは、あるお正月の出来事だったかもしれません。どこの動物病院も閉まっているお正月、我が家の文鳥が野良猫に襲われて亡くなったことがあったんですね。誰にも診てもらえないなら「自分で治すしかない」と、そんな風に考えたことを覚えています。
獣医師として、最初はパンダやトラといった野生動物を診たいと思っていたのですが、最終的に自分の専門として選んだのは「脳神経」の分野でした。私が大学生だった当時、脳神経はまだまだ未知の分野であり、脳の機能に対する興味もあって、この分野を究めていくことになりました。今でも神経を専門にする獣医師は少ないですから、私にとっては一つの強みと言えるかもしれません。

地域密着型クリニックとして、動物たちと飼い主さんの暮らしを支える

山崎 拓也 院長

いずれは開業したいというのは獣医師になった当初から考えていたことで、そのためにも診断から治療までしっかりおこなえる知識や技術を身につけようと思いました。日本獣医生命科学大学を卒業後は、都内に複数の動物病院を展開するグループの一員となり、一般診療から高度医療まで幅広く経験しました。その後8年あまりにわたってさまざまな症例に携わり、自分のスキルに自信が持てたところで2020年4月の開業を迎えました。
『永福あにまるクリニック』では、犬・猫以外にも、うさぎやハムスターなどエキゾチックといわれる動物たちも診療しています。これからこの地域に根ざして、動物たちと飼い主さんの生活をしっかりサポートしていきたいと考えています。ウサギ、チンチラ、ハムスターなどの小動物を診てくれる所はまだまだ少ないので、その様な動物たちにも安心して通ってもらえるようにしたいです。

何でも気軽にご相談いただけるよう、リラックスした雰囲気づくりを心がける

山崎 拓也 院長

お正月に文鳥を診てもらえなかった経験をふまえて開業しましたので、このクリニックは地域のみなさまが気軽に足を運び、何でも相談していただけるような場所にしたいと思っています。ぜひ、お散歩の途中などにフラッと立ち寄って、小さなお悩みやお困りのことをお話いただきたいですね。そのための工夫として、犬と猫(エキゾチック)とで待合室や診察室を分けるなど、飼い主さんや動物たちに少しでも快適にお過ごしいただけるような環境づくりを心がけています。
当院では、動物たちにできるだけストレスをかけないよう、負担の少ない診療を心がけていて、特にデリケートな猫の場合はキャリーケースからすぐに出てもらうようなことはしません。たとえ時間はかかっても、この場の雰囲気に慣れ、落ち着いてくれたのを確認してから、動物たちのペースに合わせて診療を進めるようにしています。もちろん、緊急を要する場合には適切に対応いたしますけれど、基本的には「ムリをしない」ことをモットーにしています。

動物たちの変化をキャッチし、不安や疑問は早めに相談してほしい

かつて勤務医として診療していた動物病院には、各分野のスペシャリストが在籍していました。整形外科や心臓外科、眼科、泌尿器科などそれぞれの専門医が連携して、あらゆる症例に対応していたのです。そのなかで私は主に脳神経の病気を担当し、きちんと診断をつけてから治療することに携わってきました。当院においても動物たちのさまざまな症状に対応する一方、神経の病気については専門性の高い診療をおこないたいと思っています。
神経の病気はご家庭で判断がつかない症状が多くあり、てんかんのような大きな発作が出てはじめて医療機関を受診なさるケースが少なくありません。しかし、動物たちに見られる小さな変化、例えばずっと首を傾けている、頻繁に耳を掻くようになったという動作が、脳や脊髄疾患のサインである場合もあるんですね。飼い主さんにはぜひ、動物たちの様子に目配りをして、少しでも「おかしい」と感じることがあれば、早めにご相談いただきたいと思います。

これから受診される飼い主さんへ

『永福あにまるクリニック』は、「永福町駅」から歩いて10分ほどの場所にあります。
診療の際には飼い主さんのお話をよく聞いて、動物たちとご家族にとって一番よい治療法をご提案したいと思います。1つ1つの症例に丁寧に向き合うことで、いつの日か「あそこに行けば大丈夫」「あそこの先生やさしいよ」と、そんな風に言っていただけたら嬉しいですね。大切な家族を連れて「どの病院にかかろうか?」とお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご来院いただきたいと思います。

※上記記事は2020年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山崎 拓也 院長 MEMO

  • 出身地:千葉県
  • 趣味:スポーツ観戦
  • 好きな作家:伊坂幸太郎
  • 好きな映画:もののけ姫
  • 好きな言葉・座右の銘:誠実、真面目
  • 好きな音楽:J-POP
  • 好きな場所:山、田舎

グラフで見る『山崎 拓也 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION