東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

相川 武 院長/相川動物医療センター(落合南長崎駅・犬)の院長紹介ページ

相川 武 院長

Takeshi Aikawa

日本初の「小動物外科専門医」として
クオリティの高い獣医療を提供

日本獣医畜産大学獣医学部を卒業後、勤務医を経て渡米。獣医療先進国・アメリカで4年にわたって研鑽を積み、日本人初の小動物外科専門医に。帰国後、新宿区西落合に開業。

相川 武 院長

相川 武 院長

相川動物医療センター

新宿区/西落合/落合南長崎駅

  • ●犬
  • ●猫

外科のスペシャリストをめざしてスキルを磨き、日本初の小動物外科専門医に

相川 武 院長

私は小さなときから「生きもの」が好きで、家でもいろいろな動物を飼っていたんです。獣医師になることをめざして日本獣医畜産大学に学び、卒業後は都内の動物病院勤務を経て、専門的なトレーニングを受けるために渡米しました。獣医学の先進国でもあるアメリカで、勉強に、診療にと充実した日々を過ごし、外科のスペシャリストとなることを決意。4年にわたってスキルを磨き、先進医療を習得しました。
帰国後、自分が理想とする環境のもとで診療したいと考えて、『相川動物医療センター』を開設。日本初の小動物外科専門医として、クオリティの高い獣医療をご提供しています。

予防的な処置を行うことで、再発の心配がない椎間板ヘルニア手術

相川 武 院長

「小動物外科専門医」とは、日本獣医麻酔外科学会が認定している資格で、第一号となった私を含めて、日本には合計7名の専門医がいます。と言いましても、内1名はアメリカ在住のはずですから、日本でたった6人のみに与えられた資格ということになります。
近年、獣医療の世界も専門医化が進んでいますが、私が専門とするのは、整形・神経・腫瘍などに対応する外科。とくに、椎間板ヘルニアについては、これまでに膨大な数の症例を手がけてきました。日本人に好まれるミニチュアダックスフントやシーズーなどの小型犬は、椎間板ヘルニアを発症する割合が大きい犬種ですが、手遅れになる前に手術をすることができれば、100%に近い確率で歩けるまでに回復します。
私は、10年にわたって蓄積した治療データをもとに論文の発表などを行っていますが、椎間板ヘルニアに対する予防的な処置を行うことによって、再発の心配がない精度の高い手術を実践しています。

小動物外科専門医として、長引く症状や難症例にも対応

相川 武 院長

私が小動物外科専門医ということもあり、当院はいわゆる「町の動物病院」とは少々趣が異なるかもしれません。他院では対応できない症例や、長く治療を続けても改善が見られない症例など。ここにやって来る犬や猫は、ほとんどが他院からのご紹介で、全体の9割ほどになるでしょうか。中には、遠方からはるばる新幹線でお越しになる飼い主さんがいらっしゃったり。飛行機に乗って来院される飼い主さんがいらっしゃったり。当院に信頼を寄せてくださる方々のためにも、私は専門医という立場に責任をもって、最善の医療をご提供したいと思います。
もちろん、紹介の方を中心に診療をしていると言いましても、私たちは常にオープンな姿勢で診療をしています。インターネットなどで検索をして、当院を探し出してくださった飼い主さんをお断りするようなことは決してありませんので、お困りのことがありましたら、まずご相談いただきたいと思います。

飼い主さんの想いに寄り添い、大切な命を救うために

(相川動物医療センターのことを)もう少し早く知っていたら、もう少し早く紹介してもらっていたら…。当院を受診された飼い主さんからは、このような言葉をたくさんいただきます。助かるはずの命を救えないことは、私たちにとっても本当に残念なことです。かつては不治の病と言われたような病気も、医学の進歩によって治せる病気になっていることもありますので、飼い主さんにはぜひ積極的にアクションを起こしていただきたいですね。動物医療に関する正しい情報や、『相川動物医療センター』の存在が広く認知されていないことに、時々もどかしい思いをすることもありますけれど。
一方で、大切なペットのことを想い、一生懸命に行動なさっている飼い主さんがいらっしゃることも確かです。当院にも、全国各地からお電話が寄せられ、電話口でセカンドオピニオンを求められることもあるんですよ。それでもやはり、実際に動物たちを診て、触れてみなければ、専門医として無責任なことを申し上げるわけにいきません。確かに遠方からの受診はハードルが高いかと思うのですが、その点についてはご了承をいただければと思います。

これから受診される患者さんへ

『相川動物医療センター』は、西武池袋線「東長崎駅」、都営大江戸線「落合南長崎駅」からそれぞれ歩いて5分ほどの場所にあります。私は、数少ない小動物外科専門医として、辛い病気に苦しむ動物たちと飼い主さんに、手を差しのべたいと思っています。怖い病気であっても、早い段階で治療することができれば完治が望めますが、あまりに症状が進んでしまえば、医療の力が届かなくなってしまいます。飼い主さんにはぜひ、正しい知識をもって、動物たちの健康を守っていただきたいと思います。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

相川 武 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スポーツ全般
  • 好きな本:専門書
  • 好きな映画:オールジャンル
  • 好きな言葉・座右の銘:?
  • 好きな音楽:クラシックやジャズ、なんでも聴きます。
  • 好きな場所:自然のあるところ

グラフで見る『相川 武 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION