東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

櫻井 雄太 院長/スマイル+さくらい歯列矯正歯科 二子玉川(二子玉川駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

櫻井 雄太 院長

YUTA SAKURAI

しっかりコミュニケーションを大切に
様々な不安を解消し、楽しいと思えるような歯科医院を

東京歯科大学矯正学講座を修了後、都内2ヶ所の矯正専門歯科医院に勤務しました。その後2013年に『スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川』を開院。

櫻井 雄太 院長

櫻井 雄太 院長

スマイル+さくらい歯列矯正歯科 二子玉川

世田谷区/玉川/二子玉川駅

  • ●矯正歯科

憧れの歯科医院の先生の影響を受け、夢は歯科医師に

櫻井 雄太 院長

私の母は透析をおこなう病院の看護師として働いていました。傍目にも大変そうに見えましたが、はつらつとした姿がとても印象的で、母を通して私は医療の世界を身近に感じるようになっていったのです。また、それと並行するかのように私は通っていた歯科医院の先生に憧れを抱いていました。とても優しくかっこいい先生は、子供にとってヒーローのように見えたのでしょうね。いつしか、「大きくなったら歯医者さんになりたい」と口にするようになっていました。
矯正歯科に携わることを決めたのは、大学に進み、自らが矯正治療を受けてからということになります。治療を受けた後は以前に増して笑顔に自信が持てるようになりました。その自分が受けた感動をより多くの人に提供したいと考え、この道を志したということになります。
東京歯科大学矯正学講座を修了後、都内2ヶ所の矯正専門歯科医院に勤務しました。最初のところでは、治療の実際はもちろんですが、患者さんとの接し方や、心の部分について多くのものを得ることが出来ました。そちらの院長先生がよく仰っていたのは、矯正治療も医療であり、医療サービスなのだということ。医者だから偉いんじゃない。対等の立場で患者さんと接していく。その心は今の私の基礎となっているかと思います。2つ目の歯科医院では裏側矯正を集中的に勉強しました。裏側からの矯正は勉強して経験を積まないことには難しいものであり、そちらで数多くの症例を手掛けたことが私の糧となっています。
2013年に『スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川』を開院致しました。大人から小さいお子さんまであらゆる世代の方が住む街で、一緒に成長していければと考えています。

当院患者様よりご希望の多い裏側矯正について

櫻井 雄太 院長

ワイヤー矯正をされる患者様の9割の方が裏側矯正をご希望されています。裏側矯正のメリットとして最も大きなことが“目立たない”ということであり、これは皆さんもご周知でしょう。その他のメリットを挙げますと、表側に比べ「虫歯になりにくい」ということが言えるかと思います。歯の裏側は常に唾液が循環していて、唾液による殺菌作用等が働くことにより虫歯菌が増殖しにくいのです。それから、そもそも歯の裏側はエナメル質が表側に比べて3倍ほど厚いために細菌に強いという側面もあります。表側にブランケットを付けた場合、それをとると四角い枠が出来ていることがあるのですが、裏側であればそもそもそのような跡が付くことがないのです。
治療期間やその効果についても、表側と何ら変わることはありません。それを実感されているからこそ、幅広い支持をいただているのだと思います。

【期間短縮を可能にする光加速治療「オルソパルス」とインビザラインによる矯正治療について】
目立ちにくいマウスピース型矯正装置“インビザライン”(※1)による治療経験が豊富にあります。矯正装置は透明な素材で、装着中も見た目の違和感がなく、金属製ワイヤーを使用する治療とは異なり、装置で口腔内を傷つけるリスクもないのが大きな特徴です。
近赤外線の作用で組織を活性化して矯正の速度を上げる、「オルソパルス(※1)」を取り扱っており、使用することで矯正期間を短縮することができます。インビザライン(※1)は、マウスピース型矯正治療の中でも特に高い技術が必要となります。できるだけ短い矯正期間で、より効果的なマウスピース型矯正を受けたい方は、オルソパルスの取り扱い医院である当院にご相談ください。
※1 未承認医薬品等であるため医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない可能性があります。

【目立ちにくい裏側からの部分矯正について】
矯正中の口元の見た目が気になる方におすすめなのは、歯の裏側に装置をつけるリンガルブラケット矯正装置です。スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川では、裏側矯正に使用するのは薄型のクリッピーLと呼ばれる装置です。クリッピーLは目立ちにくく従来の装置と比較して違和感が少ない装置です。リンガルブラケットによる部分矯正であれば、従来の全体矯正と比べて費用も抑えられ、短期間での治療が可能です。

お子様の歯科矯正について

櫻井 雄太 院長

歯を抜くことなくきれいな歯並びを得るには、子供の段階からあごを広げておく必要があります。最近のお子さんはあごが小さいことが多く、お口の中を診てみると凸凹という場合がほとんどです。これを治そうとしても大人になってからでは難しく、結果、歯を抜いて矯正をおこなうということになってしまうんですね。
歯並びが整ってないことには様々な弊害があります。その弊害は放っておくと広がっていってしまう可能性があるのです。例えば前歯を舌で押してしまう癖があると、それが“出っ歯”を生じさせてしまう。そうなると口が閉じれなくなりますから、口元の筋肉が鍛えられず、口がぽかんと開いたままになってしまいます。悪いサイクルに陥らないためにも、早い段階から専門家の意見を聞いていただいたほうが良いかと思います。

不安解消の為、トータルフィー方式(治療費定額制)の採用

『スマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川』ではトータルフィー方式(治療費定額制)を採用しています。調整の度に料金がかかるとなると、「一体いくらかかるの?」と不安になりますよね。当院では「これ以上は掛かりません」というトータルの費用を最初に提示することで、患者さんに安心して治療にいらしていただくという方針をとっています。
やはり、安全であるとともに安心であることが医療の大切なところだと思うのです。特に矯正は一般歯科と違い、長い間のお付き合いをしていくことになります。しっかりとコミュニケーションをとり、治療中、治療後の様々な不安を解消するべく努める。それがベースにあった上で、1日の中で「さくらい矯正歯科に行ったのが一番楽しかった」と患者さんに思っていただけるような歯科医院を作っていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

当院では、見えない裏側矯正やストレスの少ないマウスピース矯正まで幅広い治療方法をご用意しています。
一般的な表側矯正は、歯の表側につけた矯正装置が目立つことで口もとが気になるだけでなく、歯を引っ張るワイヤーの力の強さで痛みを感じたりすることがありました。そのため当院では、できる限り痛みを抑えた治療をご提供できるよう努めています。当院での裏側矯正やマウスピース矯正の利点は、装着した装置が見えにくいということがまず挙げられます。そして、弱い力を継続的にかけることでしっかり歯を動かせる合金ワイヤーを使っているので、患者さまがあまり痛みを感じずに治療を受けられます。治療中も、患者さまの痛みの程度や、歯が計画どおりに動いているかなどを見きわめ、状況に応じてワイヤーを細かく使い分けています。痛みの軽減だけでなく、治療期間が長引かないような治療計画を立案するなど、常に患者さまのストレスの軽減を第一に考えて治療を進めてまいります。
歯並び、咬み合わせに関する無料相談、セカンドオピニオンも受け付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡いただき、お口のお悩みについてご相談いただければと思います。


※上記記事は2014年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

櫻井 雄太 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ドライブ、旅行
  • 好きな映画:プラダを着た悪魔
  • 好きな言葉:切磋琢磨
  • 好きなアーティスト:ジェイソンムラーズ
  • 好きな観光地:小笠原諸島

グラフで見る『櫻井 雄太 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION