東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

平塚 智裕 院長/Bcデンタルオフィス(大井町駅・歯科)の院長紹介ページ

平塚 智裕 院長

TOMOHIRO HIRATSUKA

人生をより豊かなものにするために。1人ひとりに合わせた世界基準の歯科医療を提供

昭和大学歯学部卒業。東京医科歯科大学高齢者歯科学分野専攻。ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター勤務を経て、2020年2月に『Bcデンタルオフィス』を開院(JR京浜東北線「大井町駅」より徒歩8分)。

平塚 智裕 院長

平塚 智裕 院長

Bcデンタルオフィス

品川区/大井/大井町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

歯科治療の新たなる地平を拓く

平塚 智裕 院長

歯科医師である父の影響を多分に受け、早い時期から医学の道に進むことが念頭にありました。実際、医学部、歯学部の両方を受け、最終的にどちらに進むべきか、思い悩んだこともありました。その時に決め手になったのが、父の「歯科医療は面白いよ」の一言。細かなアドバイスは必要ありませんでした。私は父のことを尊敬していますから、「彼が言うのであれば間違いない」と思い、そこからすべてが始まっていったのです。
⼤学卒業後、東京医科⻭科⼤学の⾼齢者⻭科学分野の⼩林賢⼀先⽣のもとで補綴学を学びました。先⽣は補綴学の⼤家であり、そこで教えを乞うことが最良の道と考えての決断でした。入局する前から厳しいとは聞いていましたが、実態は想像を超えていました。当時は夜中の3時、4時まで勉強とトレーニングということも少なくなく、毎朝の診療にも従事しておりました。その甲斐あって、今に続く臨床の基礎というものをしっかりと学ぶことができたと同時に、学び続けることの⼤切さを⾝に染みて理解できました。

その後は医療法人のクリニックで分院長を務めたのち、ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センターに籍を移しました。当時の私は、⽇本も含めて、世界の最先端ではどういう治療がおこなわれているか、ということに関心を持ち、留学という選択肢も考えていた時期でした。ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センターの⼩宮⼭彌太郎先⽣は、現在普及しているインプラント治療をスウェーデンより⽇本へと最初に伝えた⽅であり、本質を学ぶべく師事いたしました。

『Bcデンタルオフィス』は2020年2月に開院を迎えました。大井町は学生時代を過ごした、私にとって非常に馴染み深い街です。その縁ある土地で、新しい歯科治療の地平を拓くことに私のすべてを費やしていきたいと考えています。

世界基準の歯科治療で、根本からお口を変えていく

平塚 智裕 院長

『Bcデンタルオフィス』は、世界基準の歯科医療で一人一人の健康を考えた診療をおこなっています。日本における歯科医療は、保険診療をベースとしておこなわれてきました。皆が等しく治療を受けられるという意味で、国⺠皆保険制度は優れたものです。しかし、⽇本の保険診療は最低限の治療しか保証されておらず、限界があるのも確かです。世界の⻭科医療は⽇々進歩を遂げています。治療のやり⽅も使う材料も、根本から変化してきました。⻭は削れば削るほどなくなっていき、再⽣することはありません。これをいかに残していけるかということが問われるのであり、当院では世界のエビデンスに照らし合わせた最⼩限で最⼤の効果をもたらす治療を実施するために、必要に応じて最適な自費による治療もご提案して、崩壊にいたるサイクルを⾷い⽌め、お⼝の健康を回復させ、維持していきます。
水専用の除菌システム「ポセイドン」。ヨーロッパ基準のクラスB滅菌器によって滅菌された衛生的な治療器具の使用は、治療におけるマイナス要素をできる限り取り除き、清潔な環境での治療を常に行うために導⼊したものです。

1人ひとりに合わせた健康をサポートするカウンセリング

平塚 智裕 院長

⾍⻭や⻭周病は⽣活習慣と密接に関わっております。生活を変えないことには、何も変わっていきません。効率良く歯を磨き、効率良くカラダに良い生活をしていく。そこには、専門家である私たちが介在していく必要があります。
⾍⻭や⻭周病の原因が、環境と細菌、それに対するカラダの反応です。⼈それぞれで違うものですから、全⾝を含めた病気の有無や唾液の質、生活習慣など環境をチェックすることから始まっていきます。お身体の状態や免疫機構の働きなど、それらを⾒極めた上で、その⼈に合った予防策をご提案します。原因を見極めずに治療をすると、また悪化して繰り返しの治療によって歯を失う結果となります。当院では、全面的にサポートして患者さんとともに、再度病気にならないお⼝の健康を獲得していきますのでご安心ください。

お口を含めた日本人の健康力の向上を目指して

⽣活習慣病の一つである以上、⼩さいうちから良い習慣を⾝につけていくことが⼤切になります。当院ではお子さんとともに親御さんにもお話を伺い、より良いライフサイクルを取り込んでいただけるような取り組みをおこなっております。⻭を削ると元には戻りません。「⾍⻭になったら⻭医者さんへ」という概念を変えていただき、そもそも⾍⻭にならないように、親⼦で、家族で変わっていただくプログラムを進めてまいります。

お⼝を含めた⽇本⼈の健康⼒をあげていくことが私の宿願です。ご承知のように、歯周病などのお口の病気と、糖尿病や⾼⾎圧などの全身の病気が相互に関わっていることがわかってきております。お口の健康を維持できれば、全身の健康にも繋がります。その取り組みを、まずはこの地域から始め、教育や講演、出版物も通して引き続き広げていければと考えています。

これから受診される患者さんへ

「痛くなったら⻭医者さんへ」。多くの⽅が⻭科医療にたいして、このようなイメージをお持ちではないでしょうか。その考えを変えて、一人一人に合った最小限で最大の効果がある治療やホームケアの方法をお伝えして、お⼝の中の健康を獲得する喜びを提供いたします。お⼝からの健康を考えたい⽅、最新の⻭科医療を知りたい⽅は、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2020年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

平塚 智裕 院長 MEMO

  • 出身地:福岡県
  • 趣味:旅行
  • 好きな本・作家:「書物から、自分とは異なる様々な考えを取り入れることが好きです」/村上春樹、藤沢周平、司馬遼太郎
  • 好きな映画:『グレーテスト・ショーマン』
  • 好きな言葉:「本物を見なさい」(土門拳)
  • 好きな音楽:「ポップスからジャズ、クラシックまで幅広く」
  • 好きな場所:「日本とは違う文化に触れられるところ」

グラフで見る『平塚 智裕 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION