東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

山田 健太郎 院長/リッツ歯科・口腔クリニック(東武練馬駅・歯科)の院長紹介ページ

山田 健太郎 院長

KENTARO YAMADA

「あらゆる世代の患者様に安心と安全性の高い歯科医療」を提供できるように

日本大学歯学部歯学科卒業。同大学付属歯科病院口腔外科に在籍。2020年3月23日に『リッツ歯科・口腔クリニック』を開院(東武東上線「東武練馬駅」より徒歩1分)。

山田 健太郎 院長

山田 健太郎 院長

リッツ歯科・口腔クリニック

板橋区/徳丸/東武練馬駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

祖父が興した医院の歴史を受け継いで

山田 健太郎 院長

祖父がこの地で『佐藤歯科医院』を開設したのは、今から60年以上前のことになります。小さかったものですから、その祖父の姿は曖昧なのですけれど、父の診療している姿は幼い頃より見て育ちました。私がこの道を目指したのは、その影響が色濃くあったのでしょう。歯の治療は、結果が目に見える治療です。すぐに結果が出て、患者さんに喜んでもらえるところが素晴らしいと思ったんですね。
大学卒業後は付属の歯科病院の口腔外科に10年近く在籍し、このほど、以前の医院を装いも新たにし、『リッツ歯科・口腔外科』として開設いたしました。医院名である「リッツ」は、実は祖母の名前に由来します。祖母はまだ健在なのですが、祖父の思い出の残るこの地に、何かを残してあげたいと思い、この運びとなりました。

あらゆる世代の、あらゆるお悩みに対応

山田 健太郎 院長

院内はバリアフリー仕様となっており、キッズスペースも完備しています。口腔外科という芯を持ちつつ、あらゆる世代の、あらゆるお悩みに対応していきたいと考えています。
治療には様々な方法があり、またニーズも多様です。例えば失われた歯に対して、インプラントもあれば、入れ歯もやブリッジといった選択肢が考えられます。そのすべての選択肢についてメリット・デメリットを余すところなくご説明し、患者さんが望む選択肢に対して、大学病院と同等の治療をここでは提供していきたいと考えています。

口腔外科の経験を生かし、お口の微妙な変化を見逃さない

山田 健太郎 院長

口腔外科と言いますと、まず抜歯が思い浮かぶのではないでしょうか。当然のことながら口腔外科という分野はそれだけではなく、例えば舌の痛みや口が乾くといったお悩み。さらには頬にデキモノができてしまった場合など、しっかりとした鑑別をして差し上げられるのが強みと考えています。
口の渇きには、年齢的な要素が関わってくることもありますが、自己免疫性の全身的な疾患が関係していることもあります。どのようなものであれ、発見が早いほうが治療の選択肢もその効果も高いことは言うまでもないことです。特に口腔がんについてはその傾向が顕著なわけですが、口腔外科に在籍していたからこそ、いち早く気づくことができると考えています。
口腔外科を選んだのは、歯科医師の領域から医療の全体像を掴みたい、という思いがありました。言ってみれば、歯科医師がどこまでできるのか、ということを知りたかったということですね。全体を知り得たからこそ、全身的な疾患を含めた判断というものをしっかりできるようになったと思っています。

治療の“見える化”をはかり、患者さんと共に考えていく

できる限りご自分の歯を残せるよう、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた治療をおこなっています。そもそも、虫歯を取り残さないようにするには、“見える”ことが大前提となります。それには、マイクロスコープを取り入れるのが最善と考えたのです。
CTもその“見える化”に役立つものと言えるでしょう。当院ではそのほか、ペンタイプの機器を用い、お口の中の写真を逐一ご覧いただくようにしています。現状を確認するだけにとどまらず、なぜ今の状態となり、今後どうしていけばいいかを一緒に考えていけるようにしたいですね。

これから受診される患者さんへ

『リッツ歯科・口腔クリニック』では、大学病院の口腔外科で研鑽を積んだ経験を生かし、歯だけではなく、お口周りのあらゆる悩みにお応えできる設備を整えています。少しでもご心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。祖父の代から60年。装いも新たに、地域に根付く歯科医院として、今後も皆様の健康に少しでも寄与していけたらと思っております。

※上記記事は2020年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山田 健太郎 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:釣り
  • よく手にとる本:歯科関連書籍
  • 好きな言葉:大志
  • 好きな場所:山

グラフで見る『山田 健太郎 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION