東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

上岡 理晴 院長/かみおか歯科(下丸子駅・歯科)の院長紹介ページ

上岡 理晴 院長

KAMIOKA RIHARU

精密な義歯(入れ歯)と予防歯科を中心に
みなさまのお口の健康をサポートしていく

北海道大学歯学部を卒業後、他院で院長を経験。幅広い症例に携わり、スキルを磨く。義歯(入れ歯)や予防歯科を中心に経験を重ね、「下丸子駅」そばに開業。

上岡 理晴 院長

上岡 理晴 院長

かみおか歯科

大田区/千鳥/下丸子駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

祖母と父の存在が、歯科医師を志すきっかけに

上岡 理晴 院長

私が歯科医師になろうと思ったのには、大きく2つの理由がありました。1つは、合わない入れ歯に困っていた祖母の存在で、おばぁちゃん子だった私は、自分が歯科医師になって「良い入れ歯を作ってあげるんだ」と考えたんです。そしてもう1人、歯科医師をめざすきっかけをくれたのは父でした。中学教諭だった父は生活指導を担当していて、その活動の一環として、給食後の歯磨き習慣づくりを提案したんですね。今から40年ほど前、「予防」の概念もないような時代で周囲の反対もあったようですが、この取り組みのおかげで私の母校でもある中学は、生徒たちの健康な歯が認められて全国1位になったのです。祖母と父、2人がいたからこそ今の私があると思っていますし、私が「義歯」と「予防」について研鑽を積んできたのも、こうした理由があるからなのです。
北海道大学歯学部を卒業した後は、札幌市内の歯科医院で診療をはじめ、その後は東京と千葉の歯科医院で経験を重ねてきました。ここ大田区では15年ほど診療していた時期があり、そうしたご縁もあって「下丸子駅」そばにクリニックを構えることになりました。

地域の方々が気軽に足を運べる歯科クリニックをめざして

上岡 理晴 院長

歯科治療には、痛い・怖いというイメージがあるかと思いますけれど、本当は「定期的に通院することで健康になれる場所」、それが歯科医院なんですね。子供たちにも大人世代にも歯科医院に通う本当の意味を知ってほしいと思いますし、地域のみなさまに気軽に足を運んでいただきたいという想いから、院内は木漏れ日をイメージしてたくさんのグリーンを取り入れました。この街に溶け込むような、どこかから小鳥のさえずりが聞こえるような(笑)癒しの空間になっておりますので、ぜひお気軽にご来院いただきたいですね。
『かみおか歯科』では、虫歯や歯周病にならないための「予防」、噛み合わせまで考えた精密な「義歯」を大きな柱に、地域のみなさまのお口の健康をサポートしたいと考えています。これまでに培った知識と経験をいかしてお口まわりの症状に幅広く対応する一方、高い専門性が求められるインプラントや矯正治療については、月に一度のペースで専門医の先生にお越しいただき、1つのクリニックでトータルな診療をご提供できるようにしています。平日(月・火・木・金)は朝8時半から診療しておりますので、何か気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

予防歯科の新スタンダード、「CAMBRA」とは

上岡 理晴 院長

かつて私が診療していた歯科医院には、削って・詰めてといった虫歯治療を繰り返す方が多くいらっしゃいました。歯の内側にできた虫歯を削って・詰めたと思ったら、3ヵ月後には、歯の外側にできた虫歯の治療でお越しになる。そんな患者さんが少なくなかったんですね。もちろん私は歯科医師ですから、常にベストな治療をご提供したいと思います。でも、虫歯になるリスクを放置したままでは、同じような治療を繰り返すばかりです。大切な歯を守るためには、虫歯のリスクを把握し、コントロールしてから治療を進める必要があるんですね。
開業にあたって「CAMBRA(キャンブラ)」を導入したのは、こうした診療スタイルを実践していくためで、虫歯だからと言っていきなり治療するのではなく、まずはお口の中の状態を把握し、虫歯リスクを減らしてから治療をスタートしましょう、というのが私の考え方です。すでにアメリカではスタンダードになっている「CAMBRA」は、口腔内の細菌の活動量を測定し、さまざまなリスク要因を考慮して、その方に最適な歯磨き剤や洗口剤をご提案することができます。お口の中のコンディションを整えた上で精密な治療をし、さらに定期的なメインテナンスによって口腔内の健康をキープしていただきたいと思います。

親切・丁寧・わかりやすい診療を心がける

診療の際に心がけるのは、親切・丁寧・わかりやすく、といった所でしょうか(笑)。お口の中の状態や治療方法についてご説明する時なども難しい専門用語は使わずに、わかりやすい言葉で、患者さんにご納得いただけるまでお話をしたいと思います。患者さんに納得して治療を受けていただくというのは、相手が子供でも、大人でも、ご高齢の方でも同じこと。とくに、小さなお子さんを相手にするのは得意だと言えるかもしれません(笑)。
小さなお子さんの場合、よほどの症状がなければ、いきなり治療をするということはありません。まずは、この場所に慣れてもらうこと、診療室に入って来てもらうことから始めて、「次はここまで頑張ろう」と声をかけながら、その子その子のペースで進めていくんです。何か1つ出来たら褒めてあげたり、ご褒美をプレゼントしたり(笑)。たとえ時間はかかっても、お互いの関係づくりを大切にしたいと思っておりますので、小さなお子さんの治療にお困りのご家族がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。

これから受診される患者さんへ

『かみおか歯科』は「下丸子駅」から徒歩2分と、とてもアクセスの良い場所にあります。
今の歯科医療では、失った歯の機能を回復させる治療としてインプラントが主流になっていますけれど、インプラントに抵抗がある方、インプラントが適用とならない方もたくさんいらっしゃるでしょう。私は、入れ歯で噛めないと困っていた祖母の姿を見て歯科医師を志すようになり、これまでたくさんの症例を担当する中で入れ歯づくりのスキルを磨いてきました。精密な入れ歯づくりと予防歯科を中心に、親切・丁寧・痛くない治療を心がけておりますので、何かお困りのことや気になる症状がみられましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2018年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

上岡 理晴 院長 MEMO

  • 出身地:栃木県
  • 趣味・特技:ロックバンド(Vocal)、日本プロボクシングC級ライセンス取得、美術鑑賞(アンリ・ルソー 、マルク・シャガール、グスタフ・クリムト、日本の仏像、寺社仏閣)
  • 好きな本・愛読書 :手塚治虫の作品収集
  • 好きな映画:ライフ・イズ・ビューティフル、マッドマックスシリーズ、ニューシネマパラダイス、ジェイソン・ボーンシリーズ
  • 好きな音楽・アーティスト:マイケル・モンロー、忌野清志郎。エアロスミス、AC/DC
  • 好きな場所・観光地:自宅、札幌、京都、沖縄

グラフで見る『上岡 理晴 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION